Read Article

ハワイ現地でオプショナルツアーを申し込むつもりの人が気をつけること

ハワイ現地でオプショナルツアーを申し込むつもりの人が気をつけること

今回は、ハワイ旅行中に参加するオプショナルツアーを申し込むのが初めての人のうち、「ハワイ現地で申し込もう」と考えている人に伝えたい注意点です。

現地で申し込む人はアメリカの祝日に注意

ハワイ旅行でのオプショナルツアーですが、事前に申し込むこともできますし、ハワイについてから現地で申し込むこともできます。ただ、自分の旅行の日程に、アメリカの祝日が含まれている場合は、注意が必要になります。

アメリカの祝日とは、例えば7月4日の独立記念日(Independence Day)は、日本でも有名ですよね。

それ以外にも1年間に10日以上の種類の祝日があります。その祝日には、独立記念日のように日付が決まっているものもあれば、労働者の日(Labor day)のように「9月の第1月曜日」と日付が決まっていないものもあります。

特に日付が決まっていないタイプのものは、日本人には馴染みのない祝日もあり、ハワイに着いてから「えっ、今日祝日だったの!?」となりがちです。

アメリカの祝日に注意が必要な理由

で、ハワイ現地でオプショナルツアーを申し込むことを考えている人が、なぜアメリカの祝日に注意が必要かと言うと。

アメリカの祝日には、オプショナルツアー会社が自体が休みとなる場合があるからです。そのため、アメリカの祝日には、現地でオプショナルツアーを申し込もうにも、そもそも申し込めないことになります。

なので、自分の旅程にアメリカの祝日があることを知らずにハワイを訪れ、オプショナルツアーを現地で申し込もうとすると、「えっ、今日、祝日で休みなんですか?」ということになるわけです。

加えて。ハワイでのオプショナルツアーには、「日曜・祝日はできません」というツアーもあります。例えば、カネオヘ湾のサンドバーに行くツアーなどがそうです。

そのため、現地に着いてからアメリカの祝日に気がつくと、自分が計画していた日にオプショナルツアーに参加できず、旅程を急遽変える必要が出てきます。

ハワイ州独自の祝日もあるのでより注意

さて、ここまで単純に「アメリカの祝日」と述べてきましたが、この表現は、ちょっと正確ではありません。なぜかというと、ハワイにおいてのアメリカの祝日には、ハワイ州独自の祝日もあるからです。

例えば、6月11日のカメハメハ・デー(King Kamehameha Day)が、ハワイ州独自の祝日となります。このようなハワイ州独自の祝日は、ハワイ旅行に慣れていない人は、特に気がつきにくいです。なので、より注意が必要になります。

で、さらに厄介なことに。ハワイ州独自の祝日も含めたアメリカの祝日は、祝日が土曜日や日曜日に該当する場合は、その日付が動きます。

例えば、2016年のカメハメハ・デーは、本来は6月11日(土)が祝日に該当しますが、土曜日なので前倒しされ「6月10日(金)」が、その日付となります。また祝日の日付が、日曜日に該当した場合は、後ろにずれて翌月曜日になります。

このような事情から、日本人観光客が想定していない日付が、祝日に該当することがあります。なので、オプショナルツアーを現地ツアーで申し込むときは、より注意が必要になります。

ハワイ州の祝日の調べ方

では、その気をつけるべき、ハワイ州の祝日も含めた「アメリカの祝日の調べ方」は、次のサイトを利用すると簡単です。

ハワイカレンダー

このサイトのカレンダーでは、表示した月に置いて、アメリカの祝日があれば、それがわかるようになっています。また、下の方には、指定した年の1年間の祝日リストがあり、そちらでも祝日が確認できるようになっています。

ちなみに、このハワイカレンダーの祝日は、上で述べた「祝日の日付が土曜日だったら金曜日に前倒し、日曜日だったら翌月曜日にずらす」にも対応しています。なので、実際に祝日となる日がわかりやすいです。

ただ、このサイトの日付が、間違っている可能性も考えられますので、念のためハワイ州政府が公開している情報もチェックしたほうが良いです。英語となりますが、次のリンクから直近2年分のハワイの祝日リストが確認できます。

State Observed Holidays(英語)

で、ハワイカレンダーとハワイ州政府のカレンダーの祝日を比較してみて気がついたのは、ハワイ州政府のカレンダーには、Easterが記載されていないことです。Easterは、必ず日曜日なので、ハワイ州政府のカレンダーではあえて記載をしていないのかもしれませんね。

ちなみに、Easterは常に日曜日にあたるので、上で述べた「翌月曜日にずらず」のような祝日にはなりません。

どうしても参加したいものがある人は事前申し込みがオススメ

以上ご紹介してきた通り、ハワイ現地でオプショナルツアーを申し込む際には、アメリカの祝日に気をつける必要があります。

そして、実際にハワイに着いてから「あっ、祝日だった」と気がつくミスを防ぐ目的でも、どうしても参加したいオプショナルツアーがある人は、日本にいる間に事前に申し込みするのがオススメです。

事前に申し込んでおけば、「ツアー会社が休みでそもそも申し込めない」ということを避けられますし、祝日に企画できないものであれば、それを把握することもできるからです。

また、ツアーによっては人気で事前予約しないと満席で参加できないのものあります。なので、事前に予約するメリットがあります。

ヒデ

2008年の初ハワイ旅行をきっかけに、家族旅行、仕事のために一人で出張、短期滞在、長期滞在、など様々なシチュエーションでハワイを訪れています。その経験を共有し、これから初ハワイ旅行の人に役立てたいと考え、このサイトを立ち上げました。
ヒデよりご挨拶

Return Top