Read Article

泊まってわかったワイキキバニアンの立地の良し悪し

泊まってわかったワイキキバニアンの立地の良し悪し

今回は、ハワイ旅行を計画中の人のうち、ワイキキバニアンへの宿泊を初めて検討している人に伝えたい情報です。

具体的には、2016年10月のハワイ旅行で、実際にこの施設に宿泊してわかった立地の良し悪しをご紹介します。

ワイキキバニアンの位置

まず、今回の記事の基本として、ワイキキバニアンの位置からです。この施設は、ワイキキの南東側に位置しています。その位置は、次のリンクから、Googleマップで確認するとわかりやすいです。

Googleマップでワイキキバニアンの位置を見る

この施設は、ワイキキのメインストリートのカラカウア通りに平行するクヒオ通り沿いに立地しています。つまり、ビーチに面した宿泊施設ではありません。

また、この施設からワイキキの中心部にあるDFSのビルまでは、距離にして約1.2キロ、徒歩で行くと15〜16分くらいの距離です。

以上がワイキキバニアンの位置の基本です。

夜に中心部の喧騒が聞こえず静か

ワイキキバニアンは、ワイキキの中心部からは、ちょっと離れています。そのメリットとして、夜中の喧騒の聞こえなさがありました。

というのも、以前私がワイキキの中心部、DFS近くのホテルに宿泊した際に、夜中に喧騒で悩まされた経験があるからです。具体的には、夜中に酔っ払いが叫んでいる声や、パーティーの騒ぎ声が、窓を閉めていても聞こえて来たんですね。

ワイキキバニアンでは、そのような喧騒で悩まされない点がよかったです。

私が滞在したのは、ワイキキバニアンの南側の棟で、ダイヤモンドヘッド側に窓がある部屋でした。つまり、窓がワイキキの中心部を向いていないため、より静かな環境でした。

一方で。夜に静かということは、逆に、この宿泊施設周辺の人通りが、夜には少ないということを意味しています。つまり、夜のこの施設周辺は、治安面でちょっと不安を感じる雰囲気になります。少なくとも、女性一人で、夜にブラブラしない方が良い環境です。

中心部への距離が絶妙に遠い

すでに述べた通り、この施設から、ワイキキの中心部までは、徒歩で15〜16分の距離です。この距離が、「絶妙に遠い」と感じました。

というのも、ワイキキの中心部まで、「何か乗り物を使うには、近すぎる。一方、徒歩で歩くには、ちょっと距離がある」という距離感だったからです。

例えば、ワイキキの中心部までの移動にあたり、トロリーのバス停で待っている時間を歩けば、中心部に着けちゃう距離感です。一方、その距離を歩くと、微妙に距離があるわけです。

結局のところ、私は、ワイキキの中心部までは、徒歩での移動しかしませんでした。トロリーを待つ時間が面倒に感じたからです。

一方で、この旅行の時は、結構な頻度で、ワイキキの中心部に行く機会がありました。ので、何度も徒歩で中心部に歩くうちに、この距離の絶妙な遠さを歩くのが、面倒になりました。

無料で使えるトロリーのコースとバス停を調べておくと良い

そのため、ワイキキ中心部で、買い物や食事を度々する予定の人は、何らかの対策を考えていた方が良いです。

例えば、この施設から近い、ヒルトンワイキキビーチホテル前には、トロリーのバス停があります。そのトロリーを利用しやすくなる準備をしておくと役立ちます。

その方法として、例えば、JCBのクレジットカードを用意し、ワイキキトロリーのピンクラインに無料でいつでも乗れるようにする方法があります。ほか、ツアー利用者向けの専用トロリーやJALを航空券を個人手配した人が使えるトロリーもあります。

このように無料で使えるトロリーのコース、バス停について調べておくと良いですね。

クヒオビーチパークが近いが、オンザビーチのホテルよりは手軽さがない

最後に、この施設からのビーチの使い勝手についてです。

この施設からは、ワイキキビーチの南東の端に位置する、クヒオビーチパークが近いです。ので、クヒオビーチパークで遊ぶ限りは、徒歩数分でアクセスでき不便はしません。

一方で、ワイキキ中心部までビーチまでは、同じく「絶妙な遠さ」があります。なので、中心部で行われるアクティビティに参加する予定の人は、その点を考慮した方が良いです。

実際、私は、ワイキキバニアンから、ワイキキ中心部に近いホノルル交番裏のビーチまで、徒歩で移動しサーフィンをしました。その際には、部屋でラッシュガードとサーフパンツに着替えてから、行いました。

で、行きは良いのですが、問題は、帰りです。水着が濡れた状況で、ワイキキバニアンまでのそれなりの距離を歩くことになるからです。私は、そうするのに慣れているので気にしません。ですが、初めての人は、それが面倒に感じるはずです。

これが、ワイキキビーチの砂浜に面した、つまり、オンザービーチのホテルの場合は、このような面倒さがありません。ホテルの敷地からビーチに簡単に行けるからです。

なので、ビーチで遊ぶことを重視している人は、この施設が、「オンザビーチよりはちょっと不便」という点は、知っておいた方が良いです。

ヒデ

2008年の初ハワイ旅行をきっかけに、家族旅行、仕事のために一人で出張、短期滞在、長期滞在、など様々なシチュエーションでハワイを訪れています。その経験を共有し、これから初ハワイ旅行の人に役立てたいと考え、このサイトを立ち上げました。
ヒデよりご挨拶

Return Top