Read Article

ワイキキのマウンテンビューの部屋であると役立つグッズ

ワイキキのマウンテンビューの部屋であると役立つグッズ

今回は、ハワイ旅行でワイキキのマウンテンビューの部屋に泊まるのが初めての人に伝えたい情報です。

お伝えしたいのは、ワイキキで「マウンテンビューの部屋に泊まる人は、三脚があると役立つよ」というお話です。

夜景の写真を撮りたくなる

なぜかというと、ワイキキのマウンテンビューの部屋の窓からは、綺麗な夜景が観られるからです。そして、その夜景の写真を綺麗に撮りたくなるものなんですね。

その夜景の写真を綺麗に撮るのに、三脚が役立つというわけです。三脚にデジカメやスマホを固定すると、手振れの影響をなくすことができるからです。

また、固定することによって、ISO感度を低い設定のままで写真が撮れるようになります。結果、ノイズが少ない綺麗な夜景の写真になります。

ワイキキの夜景撮影を失敗した例

逆に言うと、夜景の写真は、三脚などを利用して、スマホやデジカメを固定しないと、なかなか綺麗に撮りにくいと言うことです。

例えば、次の写真は、手持ちのデジカメで撮影した、ワイキキのマウンテンビューの部屋の窓からの夜景です。

手振れしたワイキキの夜景

ご覧いただくとわかる通り、この写真は、夜景の光が手振れ軌跡を描いている状況です。結果、何の写真なのかよくわからないものとなっています。

このように夜景は、光が少ないため、撮影時のシャッター時間(光をデジカメのセンサーに当てる時間)が長くなります。結果として、手持ちで撮影すると、手振れを起こしやすくなります。

スマホのカメラアプリやデジカメの機能によっては、「夜景モード」のような設定がある場合があります。そのようなモードがある場合でも、三脚で固定する方が、より綺麗な夜景が撮れます。

と言うのも、そのような夜景モードは、ISO感度を高くして、手持ちでもブレないようにしているからです。ISO感度が高くなると、今度は、次の写真のように、よく見るとザラザラとしたノイズが乗った写真になります。

夜のワイキキサンセットのプール

手持ちで夜景を撮ると、このように手振れした写真、または、ノイズのある写真、もしくは、その両方の特徴がある写真になります。

小型の三脚だと感じる不満

三脚にスマホやデジカメを固定できると、この手振れやノイズが乗る問題を解決できます。結果、綺麗な夜景を撮れるようになります。

その三脚の準備にあたり、旅行用に携帯しやすく便利なのは、ゴリラポッドなどの小型の三脚です。

Amazonでゴリラポッドの三脚を見る

この三脚は、脚の部分がくねくねと針金のように曲げられます。加えて、その脚がマグネットにもなっており、金属の手すりや柱に巻きつけて固定しやすくなっています。ので、様々なところに、スマホやデジカメを固定でき、夜景を撮影するのにも役立ちます。

ただ、私は、このような小型の三脚をハワイに持ち込んで、夜景を撮影した結果、不満なこともありました。具体的には、ベランダに、自分の撮りたい角度にちょうど良い、手すりや柱がなく、「もうちょっと高い角度から撮りたいのにな」と思っても、それができず残念な思いをしました。

また、ゴリラポッドで手すりに固定した場合、何となく、「自分の固定の仕方が緩くて、手すりからカメラが落ちたらどうしよう」のような不安を感じました。また、高層階の場合は、風がそれなりに強く、「手振れはしなくても、風ぶれするんじゃないの?」と感じることもありました。

小型の三脚には、このような不安を感じることになりました。

Amazonを探して見ると、例えば、「KING 8段三脚 トライアングル アルミ ダボ式 小型 軽量 718181 」のように、軽さと高さを両立した三脚があります。ゴリラポッドと比較すると携帯性は損なわれますが、このような三脚の方が、宿泊先のベランダから夜景を撮影する自由度が高いと感じました。

いずれにせよ、ワイキキのマウンテンビューの部屋に宿泊する人は、夜景を綺麗に撮るために、三脚があると役立ちます。

ヒデ

2008年の初ハワイ旅行をきっかけに、家族旅行、仕事のために一人で出張、短期滞在、長期滞在、など様々なシチュエーションでハワイを訪れています。その経験を共有し、これから初ハワイ旅行の人に役立てたいと考え、このサイトを立ち上げました。
ヒデよりご挨拶

Return Top