Read Article

5泊7日のはじめてのハワイ旅行のスケジュールの組み方

5泊7日のはじめてのハワイ旅行のスケジュールの組み方

今回は、初めてのハワイ旅行の旅程を計画中の人に伝えたい情報です。

ハワイ旅行は、パッケージツアーの場合でも全日程が自由行動となっているツアーが多いです。つまり、個人手配する場合に限らず、旅程を自分で考える必要があります。

そこで、今回は5泊7日の日程でのオススメのスケジュールの組み方を紹介します。この組み方は、かつてはじめてハワイ旅行を計画していた自分自身に向けて、「こうアドバイスするよ」と言うスケジュールです。

オアフ島のワイキキ宿泊が前提

まず、今回の旅程の前提として、オアフ島のワイキキ宿泊を前提とします。

ハワイ旅行では、オアフ島以外にも、マウイ島、ハワイ島、カウアイ島、ラナイ島、モロカイ島など隣島が選択肢としてあります。ですが、はじめてのハワイ旅行であればオアフ島のみ訪れるのが良いです。

その理由は、5泊7日の日程でも回りきれないほど、オアフ島に見どころがあるからです。また、隣島を訪れる場合、そのために飛行機で移動する手間が発生し、旅行が慌ただしくなります。旅行の日程を2週間くらいとれるならば別ですが、5泊7日であればその移動の時間がもったいないです。

なので、はじめてのハワイ旅行は、オアフ島のみ訪れるのがオススメです。

オアフ島の宿泊先としては、主にワイキキ周辺、コオリナリゾート、タートルベイリゾートがあります。これらのうち、初ハワイの人には、ワイキキ周辺がオススメです。その理由は、ホノルル空港からのアクセスが良く、また宿泊施設の選択肢が多いからです。

またワイキキには、日本人旅行者が利用しやすい便利な交通手段が多いのもオススメする理由です。

はじめてのハワイ旅行、5泊7日のオススメのスケジュール

ではオアフ島のワイキキ宿泊を前提として、はじめてのハワイ旅行で5泊7日のオススメのスケジュールをご紹介します。次の表にそのスケジュールを示します。

日次 内容
初日 ホノルル空港着
ワイキキ散策
二日目 島一周ツアー
三日目 ハナウマ湾
ダイヤモンドヘッド登山
アラモアナ・センターで買い物
アラモアナ・ビーチ・パークで夕日
四日目 【選択】クアロア牧場ツアー
【選択】天国の海ツアー
【選択】ノースショア観光ツアー
【選択】午前: カイルア観光 午後: ワイケレ
【選択】午前: ダウンタウン、チャイナタウン観光 午後: ワイケレ
五日目 予定入れず自由行動
六日目 朝余裕があればワイキキ散策
ホノルル空港発

以上が、はじめてのハワイ旅行で5泊7日のオススメのスケジュールです。

このスケジュールは、予定を積み込めすぎず、ゆっくりオアフ島観光を楽しめるように作っています。また、自然もショッピングも楽しめるようにしました。

では、このスケジュールのポイントについて以下で解説します。

初日は無理をしない

最初のポイントとして、「初日は無理をしない」ことです。

上のスケジュールでは、到着初日の内容として「ワイキキ散策」としています。具体的には、ワイキキの繁華街のお店をぶらぶらと巡ったり、ワイキキビーチで寛いだり、元気があればワイキキから近いショッピングセンターのアラモアナ・センターまで足を伸ばしても良いでしょう。

ハワイ到着初日は、このようにあまり無理をしない過ごし方がオススメです。なぜなら到着初日は、7時間前後のフライト疲れと19時間の時差ボケから、かなり疲れた状態で迎えることになるからです。極端に言えば、徹夜明けのような体調で過ごすことになります。

そのため、ハワイ到着初日は無理をせず、ホテル周辺の範囲で過ごすのがオススメです。

到着初日に気をつけることとして、ホテルのチェックイン時間までの過ごし方があります。日本からハワイへ向かう飛行機は、ハワイの午前に到着する便が多いです。そのため、15時以降になることが多いホテルのチェックイン時間まで間があるわけですね。

その過ごし方については、旅行するメンバー次第でオススメの方法が変わって来ます。例えば、ワイキキビーチでゆっくり過ごしたり、マッサージを受けてみたり、ホノルル動物園に行ってみたり、など幾つか方法があります。詳しくは次の記事で紹介しているのでご覧ください。

ハワイ到着初日のホテルのチェックイン時間までの過ごし方

またホテルにチェックインし部屋を使えるようになってからの過ごし方として、1〜2時間仮眠を取るのもオススメです。ハワイ到着日の一般的なアドバイスとして、「眠くてもとにかく我慢して夜9時までは寝るな」のようなアドバイスがあります。このアドバイスは、ここで寝てしまうと以降の睡眠のペースが崩れてしまうからのアドバイスなのですが、正直なところ無理に我慢して寝ないでみても翌日以降の睡眠のペースがピタッとよくなることはありません。

それよりならば、疲れを取る目的で、目覚ましをかけて1〜2時間仮眠をとる方がオススメです。詳しくは次の記事で紹介しているのでご覧ください。

色々試してわかったハワイ旅行での時差ボケ対策

二日目はオアフ島一周ツアーがオススメ

次のポイントとして、二日目の過ごし方です。二日目の過ごし方としてオススメなのは、オアフ島一周ツアーです。その理由は、オアフ島一周ツアーを二日目の段階で体験しておくと、オアフ島の概観や土地勘が掴めその後の旅行に役立つからです。

オアフ島一周ツアーでは、カイルアやノースショアを含めて主要な観光スポットをざっと見て回ることができます。なので、事前に「ここは自分が好きそう」や「ここは自分に合わなそう」と言うことを把握できます。

ハワイがはじめての場合、ガイドブックなどで紹介されているオススメスポットが実際に自分にとって楽しめるかどうかはわかりませんよね?なので、事前にオアフ島一周ツアーでざっと島の観光スポットの概観を掴むわけです。事前に概観を掴んでおくと、島一周ツアーで下見して実際に良ければその場所をまた訪れても良いですし、そうではない場合は予定を変更して違うことをして過ごすこともできるようになります。

二日目にオアフ島一周ツアーをするメリットについては、次の記事で詳しく紹介しているのでご覧ください。

初ハワイにオススメしたいオアフ島での二日目の過ごし方

三日目

続いて、三日目の過ごし方です。三日目は、ワイキキ周辺のスポットを中心に自然と買い物を楽しむ日としています。

ハナウマ湾は、オアフ島の南東部にあり、ワイキキから車で25分程度の距離にある自然保護区で、絶好のシュノーケリングスポットとしても有名です。冬場はちょっと寒い場合もありますが、オアフ島で手軽に泳いでいる魚を見ながらシュノーケリングを楽しめる場所として、訪れる価値があります。

ダイアモンドヘッド登山は、ワイキキから車で10分程度の距離にあるダイヤモンドヘッドの登山を楽しむというものです。登山といってもそれほど険しい道でもなく、また高い山でもないので、体力があまりない人で楽しめる登山です。ダイヤモンドヘッドの頂上で楽しめるパノラマの絶景は一度見る価値があります。ダイヤモンドヘッド登山について詳しくは、次の記事で紹介しているのでご覧ください。

初ハワイ旅行でダイヤモンドヘッド登山をするべきか

アラモアナ・センターは、ハワイ最大のショッピングセンターで、ワイキキからは車で7、8分の距離にあります。アラモアナ・センターは、それだけでもかなりのショップが立ち並ぶ施設なのですが、加えてアメリカのデパートが併設されており、相当な規模となっています。なので、ショッピングが好きな人であれば丸一日あっても時間が足りないかもしれません。ご参考として、アラモアナ・センターに併設するデパートの使い分け方について次の記事で紹介しているのでご覧ください。

知らないと損!アラモアナ・センターに併設するデパートの使い分け方

そのアラモアナ・センターから徒歩数分のところにあるのが、アラモアナ・ビーチ・パークです。ここは砂浜があるビーチとなっているのですが、ワイキキビーチほどは混雑していません。このアラモアナ・ビーチ・パークは、ワイキキ近くで夕日を見る絶好のスポットで、「このあたりで一番夕日が綺麗な場所」という声もあります。なので、アラモアナ・センターでの買い物の後か、合間にでもぜひ一度その夕日を見るのがオススメです。詳しくは次の記事で紹介しているのでご覧ください。

ワイキキの近くで気軽に行ける夕日の美しい絶景ビーチ

四日目

続いて、四日目は好みに応じた過ごし方を選択肢から選ぶ日、としています。

自然が好きでそれを満喫したい人には、クアロア牧場ツアーや天国の海ツアーがオススメです。このようなツアーに参加する場合、終日を過ごすつもりで予定を組むのが良いです。その理由は、単純に遊び疲れてしまうからです。

このように遊び疲れてしまうツアーの後に、また別の予定を入れてしまうと疲れてしまって正直楽しめません。なので、休憩する時間も考えてこの日はツアー1本を楽しむことに主眼を置くのがオススメです。ご参考としてクアロア牧場の魅力については、次の記事で紹介しているのでご覧ください。

オアフ島での観光先にクアロア牧場をお薦めする理由

次にノースショア観光ツアーです。ノースショアは、二日目の島一周ツアーでも訪れることになります。なので、その際にノースショアを本当に気に入ったのならばまた訪れるのも良いでしょう。逆に、島一周ツアーでも、ノースショアの有名どころは見られます。ので、もう十分と思った人は違う過ごし方をしてもよいです。

買い物が好きでワイケレプレミアムアウトレットに行きたい場合。午前ワイキキの近場の観光をして、午後にワイケレプレミアムアウトレットに行くというのも良いです。上のスケジュールでは、午前にカイルアまたはダウンタウンとチャイナタウン観光をした後、ワイケレプレミアムアウトレットに行く予定としています。

五日目

さて、帰国を翌日に控えた最終日の五日目です。この日はあえて予定を入れず自由行動としておきます。その理由は、ハワイでのゆったりした時間を楽しむためです。

もともとハワイは、余暇をゆっくりと楽しめる場所です。なので、無理にノースショアだ、カイルアだ、とあれこれ予定を入れなくても、そこでゆっくり過ごす時間を楽しめます。逆に京都を物見遊山するような感覚で、あれこれと観光スポットを訪れる予定を詰め込みすぎると、ゆっくり過ごす醍醐味が失われます。

なので、五日目は、事前に特に予定を入れず自由行動とします。実際にはどこかに出かけることになるかもしれませんが、出かけなくても、ホテルの部屋でゆっくりくつろいでもいいですし、プールやビーチでまったりと過ごすのも良いでしょう。

ほか、これまで訪れた中で気に入った場所をまた訪れてもいいですし、アラモアナ・センターで見切れなかった店をまた見に行くのも良いでしょう。

また、ハワイには、アメリカの祝日や特定の曜日が休暇になる観光スポットがあります。ほか、天候の都合で予定した日に行けない場合もあります。そのような時の予備日として、予定がない日があると役立ちます。

ハワイ旅行の旅程に予備日を設けた方が良い理由

はじめてのハワイ旅行ではゆったりと予定を組む

以上、はじめてのハワイ旅行で5泊7日のオススメのスケジュールについて紹介しました。ご紹介したスケジュールは、慌ただしくなくゆっくりオアフ島観光を楽しめるように作ったものです。

予定を詰め込めばもっと見所を回ることは可能なのですが、せっかくハワイに来て時間に追われるような滞在の仕方をするのはオススメできません。上述したように、もともとハワイは物見遊山ではなく余暇を楽しむべき場所だからです。

なので、今回見られなかったスポットは、「また来た時に見ればいいや」という考えで予定を詰め込み過ぎず、ゆっくりとハワイを楽しむスケジュールを組むのがオススメです。

Return Top