Read Article

知らないと危険!ハワイ旅行にUSB充電器を持って行くときの注意点

知らないと危険!ハワイ旅行にUSB充電器を持って行くときの注意点

ハワイ旅行にスマホやデジカメのためのUSB充電器を持って行くとき、注意することがあるのをご存知ですか?この注意点を知らないとスマホやデジカメが壊れたり、最悪発火する可能性もあるので要注意です。

ハワイに日本の電化製品を持ち込む時の基本

USB充電器をハワイに持ち込む時の注意点を説明するために、はじめにハワイに電化製品を持ち込む時の基本をご紹介します。

ハワイのコンセントは、日本と同じ形式なので、日本の電化製品のプラグをそのまま刺して使えます。ただし、コンセントの形が同じでもハワイと日本は電圧が異なっている点に注意が必要です。日本の電圧が100vなのに対し、ハワイは110v/120vと高くなっています。

原則としてはダウントランスの変圧器が必要

そのため、原則としては日本の電化製品はそのまま持ち込んで使うと壊れてしまう可能性があります。したがってハワイで日本の電化製品を安全に使いたい場合は、ダウントランスの変圧器が必要になります。ダウントランスの変圧器は安い物で2,000円程度からあります。

ですが、ダウントランスの変圧器の安い物は利用できる電力のワット数が小さいので注意が必要です。たとえば、「15Wまで」、「35Wまで」、のようにです。たとえば、ヘアアイロンで150W、強い風を送れるドライヤーなどでは1200Wの電力を使いますので、35Wの変圧器は使えないわけです。

どうしても、日本からヘアアイロンやドライヤーなどの熱器具を持ち込みたい時は、海外旅行用の変圧器として、1200Wの熱器具に対応した物が必要になります。

実際、私は日本から持ち込んだドライヤーを変圧器なしで使ってみたことがあるのですが、ちょっと使う分には問題なく使えました。ただ、「壊れるんじゃないかな?燃えたりしないよな?」などが気になったので、やはり変圧器があったほうが安心です。

変圧器の種類にも注意

ただし。ハワイに変圧器を持ち込んで、それを通して利用したからこそ、機器が壊れることもあるので注意が必要です。詳しく述べますと。まず変圧器には、2つのタイプがあります。1つは、トランス式の大きく重いタイプと、もう1つは電子式の軽量なタイプです。

で、後者の電子式の軽量なタイプで、そのような問題が起こるんですね。そのため電子式の変圧器の使用上の注意を読んでみると、「ドライヤーには使えますが、電子制御式のヘアアイロンには使えません」のような注意書きがあります。同じように、「炊飯器も使えません」のような注意書きがあります。

そして旅行用には、通常は電子式の軽量なタイプを持っていくことになるんですね。なので、変圧器を使うことによって逆に壊れてしまう機器があることを知っておいてください。

ちなみに、ヘアアイロンですが、家庭向けの製品は、電子制御式のものとなります。なので、電子式の軽量な変圧器と一緒に使うと壊れるリスクがあるんですね。もしハワイでどうしてもヘアアイロンを使いたければ、ハワイの電圧に対応した、「海外対応」のヘアアイロンを用意することをオススメします。

デジカメ、スマホ、パソコンなどは変圧器が不要

一方で。デジカメ、スマホ、パソコンなどは変圧器が不要なことが多いです。

と言うのもこのような電子機器の電圧は、ユニバーサル対応がされていることがほとんどだからです。電圧がユニバーサル対応した機器は、100v〜240vの範囲で対応しているので、ハワイの110v/120vの電圧でもそのまま使うことができます。

そのためユニバーサル対応した付属の充電器やアダプターを使う限りは、日本から持ち込んだ電子機器を変圧器なしでそのまま使うことができます。

電子機器付属ではないUSB充電器には要注意!

以上を読んで、「ドライヤーは持ち込む気がないから、自分は変圧器は要らないな」と思った人は要注意です。

と言うのも。スマホやデジカメの付属の充電器やアダプターはユニバーサル対応しているのですが、付属ではないUSB充電器の場合、「日本の電圧100vのみ対応」、と言うことがあり得るからです。

コンセントから複数のUSBポートに変換するタップに注意

たとえばですが、コンセントから複数のUSBポートに変換するタップ。これはコンセントの延長コードの先が複数のUSBポートになったもので、これがあると1つのコンセントから複数のUSBケーブルを差し込む口が作れて便利です。

ハワイ旅行に「デジカメだ、スマホだ、タブレットだ」と複数の機器を持ち込む場合、それぞれの付属の充電器やアダプタを持ち込むのは面倒に感じます。このような時、1つのコンセントで複数のUSBの口を作れる変換タップを持って行きたくなります。

そして持ち込んだ変換タップの電圧が100vだけに対応していた場合、いかにユニバーサル対応の機器を使っていても故障してしまう可能性があります。なぜなら変換タップ自体が、ハワイの110v/120vの電圧に対応していないからです。またこのような延長コードのような変換タップに限らず、コンセントに差し込んでUSBポートの口を作れるものなどでも、意外に100vしか対応していないことがあり得ます。

電圧のユニバーサル対応の確認が重要

そのため、電子機器の付属ではないUSBの充電機器を利用する場合、それが100v-240vのユニバーサル対応となっているかを確認することが重要となります。

ハワイに電子機器を持ち込む時は電圧の違いに要注意!

以上、ハワイ旅行にスマホやデジカメのためのUSB充電器を持って行くときの注意点をご紹介しました。ハワイでは、日本とコンセントの形が同じでも電圧が110v/120vと日本の100vより高くなっていることに要注意です。

ドライヤーのように1200Wの高い電力を使う場合は、その電力に対応したダウントランスの変圧器があると安心です。一方で、スマホなどの電子機器の場合はユニバーサル対応していることが多いので、対応している場合は変圧器は必要ありません。

ただし、それはあくまで電子機器に付属の充電器やアダプターがユニバーサル対応と言うだけです。そのため、付属ではないUSB充電機器を持ち込む際には、その対応電圧がユニバーサル対応かどうかの確認することが重要です。

せっかくのハワイ旅行での思い出を記録するのに、スマホやデジカメは非常に重要な役割を果たす機器となります。なので、ハワイの電圧の違いに注意をして、壊さないように気をつけてくださいね。

スポンサーリンク
厳選!ハワイ旅グッズ
ハワイツール
Return Top