Read Article

なぜアラモアナ・ホテルはリピーターに人気なのか?

なぜアラモアナ・ホテルはリピーターに人気なのか?

今回は、ハワイ旅行でオアフ島に滞在する人のうち、その宿泊先を検討している人に伝えたい情報です。

私は、2018年1月にオアフ島を訪れた際に、ホノルルのアラモアナ・ホテル・バイ・マントラ(以下、アラモアナ・ホテル)を見学させてもらいました。

その際に、ホテルの方から、「当ホテルのお客様は、7割がリピーターの方です」というお話を伺いました。私が実際に見学して感じた、その理由をご紹介します。

アラモアナ・ホテルの魅力

以前、このサイトのアラモアナホテル・バイ・マントラの「ワイキキ泊」との魅力の違いの記事では、アラモアナ・ホテルの魅力について、ワイキキに宿泊する場合と比較しながらご紹介しています。

その魅力について、簡単にまとめると、次の通りでした。

  • アラモアナセンター、ウォルマート、ドンキホーテなどのアクセスが良い
  • 部屋にミニサイズの冷蔵庫や電子レンジがあり部屋食に便利
  • コインランドリーもあり住むように滞在できる
  • ワイキキビーチより静かに過ごせるアラモアナ・ビーチに徒歩で行ける
  • そのビーチでは、ランニングなどアクティビティも楽しめる
  • ワイキキのホテルと違い、リゾート料金がない分お得
  • 隣接するアラモアナセンターがTheBusのバス停のハブなので観光に便利

上の記事中にも書いているのですが、私は、これまで、アラモアナ・ホテルに宿泊した経験がありません。なので、「宿泊したらどんなもんなんだろう?」と気になっていました。その疑問を、アラモアナ・ホテルの広報担当の方にたずねて書いたのが、この記事でした。

そして、この記事を書いた後の2018年1月、私は、出張でオアフ島を訪れる機会がありました。その際に、アラモアナ・ホテルの方のご案内の元、ホテル内を見学させてもらえることになったわけです。

買い物や食事に本当に便利

このホテルを見学してまず感じたのは、その立地の便利さです。というのも、ハワイ最大のショッピングセンター、アラモアナセンターに直結しているホテルだからです。

アラモアナセンターは、ワイキキに宿泊している人でも、ハワイ旅行中、一度は訪れることが多い場所です。買い物好きの人であれば、一度ならずとも、二度、三度訪れることさえあります。そのようなショッピングセンターに、このホテルは隣接しています。

しかも、アラモアナセンターの駐車場のある階で、ホテルとは繋がっており、つまり、ほぼ同じ敷地内にあるような感じで、簡単に移動できます。

アラモアナセンターでは、ショッピングのほか、食事ができる店もたくさんあります。ので、買い物や外食できる環境が整っています。加えて、キッチン付きの部屋に宿泊した場合は、自炊できる環境もあります。その自炊用の食材も、アラモアナセンター内のスーパー(例えば、フードランド)で手に入ります。

またアラモアナセンターまで行くのさえ面倒な場合は、このホテル内も、レストランやスタバがありますし、コンビニのようなショップがあります。このように、このホテルは、買い物と食事に関して、本当に便利な立地となっています。

加えて、このホテルからは、アラモアナビーチパークというビーチが近いです。このビーチは、ワイキキビーチと比較し、観光客で混みにくい特徴があります。このホテルからは、「目の前がすぐにビーチ」という、環境ではありませんが、徒歩で行ける距離にビーチもあります。

一人旅から家族連れまで対応できる様々な部屋タイプ

このホテルには、複数の部屋タイプがあります。ホテルの公式サイトのご宿泊のページによると、次の通りです。

  • コナタワー・シティ/マウンテンビュー
  • コナタワー・パーシャル・オーシャンビュー
  • ワイキキタワー シティ/マウンテンビュー
  • ワイキキタワー パーシャル・オーシャンビュー
  • ワイキキタワー オーシャンビュー
  • ワイキキタワー 1ベッドルーム・マウンテンビュースイート
  • ワイキキタワー 1ベッドルーム・オーシャンビュースイート
  • ジュニア・スイート
  • 2ベッドルーム・デラックス・マウンテンビュー

これらのうち、私は、「コナタワー・パーシャル・オーシャンビュー」と「ワイキキタワー 1ベッドルーム・オーシャンビュースイート」の2部屋を見学させてもらいました。

私が見学した、コナタワーとワイキキタワーの部屋は、窓からの景観の違いのほか、その部屋の広さにも違いがありました。具体的には、コナタワーの部屋は、室内にどーんとベットが1つある部屋タイプで、広さは32平方メートルと、ほどほどな感じです。ので、「一人旅で、寝られりゃ十分」という人にも向いていると感じました。

一方、ワイキキタワーのオーシャンビュースイートの広さは52平方メートルと広く、複数の部屋に別れていました。リビングと寝室が別になっているイメージです。ので、こちらの部屋タイプの場合、例えば家族4人で1部屋に泊まっても、問題ないと感じました。

このように、状況に応じて、様々な部屋タイプが選べる点が、このホテルの魅力と感じました。

リピーターに人気の理由

私は、このホテルを見学している最中、ご案内いただいたホテルの方から、「当ホテルのお客様は、7割がリピーターの方です」というお話を伺いました。そして、私は、実際にこのホテルを見学したわかった以上の特徴から、「リピーターに人気というのもうなづける」と感じました。

というのも、一度、ハワイ旅行でオアフ島に滞在し、アラモアナセンターを訪れた経験がある人は、その便利さを実感していると考えるからです。つまり、「どうせアラモアナセンターに行くなら、ワイキキに泊まらず、このセンターに近い方が良い」と考える人がいるのは、自然なことだと感じました。

その宿泊できる部屋も、一人旅から家族連れまで泊まれる部屋タイプが用意されています。つまり、様々なハワイ旅行のリピーターに対応できる環境があるということですね。それに加えて、アラモアナホテルでは、ワイキキのホテルのように追加料金として、リゾートフィーが別に発生することがありません。

このような特徴が、このホテルがハワイ旅行のリピーターに人気な理由なのだと感じました。

Return Top