Read Article

パックツアーと何が違う?ハワイ旅行に個人手配で行くメリット

パックツアーと何が違う?ハワイ旅行に個人手配で行くメリット

今回は、ハワイ旅行に「個人手配で行ってみたい」と考えている人に伝えたい情報です。具体的には、ハワイに個人手配で行くメリットをご紹介します。

個人手配には自由にアレンジできる楽しさがある

私は、ハワイ旅行が「初めての海外旅行で、かつ英語も苦手」、と言う人には、パッケージツアーでハワイを訪れることをオススメします。

なぜかと言うと、その方が手配が楽で、現地で英語に苦労することが少なく、またツアー旅行者専用の交通機関やラウンジなどのサービスがあり便利だからです。

一方で。ハワイを何度か訪れ慣れてきたら、個人手配で訪れるハワイ旅行も楽しいものです。どの辺が楽しいかと言うと、旅をアレンジできる自由度が、パッケージツアーと比較して大きい点です。

空港の選択肢が自由で嬉しい

では、どのように自由度が大きいかと言いますと。まず、個人手配のハワイ旅行では、ハワイまでの往復で利用する飛行機周りの選択肢が豊富にあります。

たとえば、個人手配では利用する空港から選べます。関東近郊では、ハワイまでは成田空港と羽田空港、どちらからでも行けます。これらの空港発のハワイ便は、フライトスケジュールが異なるため、成田と羽田のどちらを利用するかで、ハワイ旅行で使える時間がかなり変わります。

それが特に顕著なのがホノルル空港からの帰りの飛行機です。例えば、羽田着の場合は、最終日も観光できるくらい時間の余裕があります。

なので、最終日までハワイを楽しみたい場合は、羽田着の飛行機で帰りたくなります。一方で、羽田発の飛行機は、成田発に比べ遅い時間に出発します。そのためハワイに到着する時間が、成田発に比べ遅めになります。

つまり、「行きを成田発、帰りを羽田着」、と言う飛行機にすると、ハワイに最も長く滞在できます。このように個人手配では、空港を自由に選べることで、ハワイ旅行の滞在期間を長くできるメリットがあります。

購入時に飛行機の座席を指定できる

次に。個人手配の場合は、ハワイまでの往復で乗る飛行機の座席を購入時に指定できる点もメリットです。

例えば、私の実体験では、JAL、ユナイテッド、デルタ、ハワイアン航空は、航空券をその航空会社のホームページから購入する際、その時点で座席を指定できました。

またもしビジネスクラスにしたければ、その時に選ぶこともできますし、「貯まったマイルを使ってビジネスクラスにアップグレード」と言うことも、個人手配では簡単にできます。

一方、パッケージツアーでは、この飛行機の座席の選択肢に自由度があまりありません。そもそも座る席を指定できませんし、指定できるのは、「お近く席」や「お隣席」と言った条件となります。

またビジネスクラスを選びたい場合は、そもそも「ビジネスクラスで行く!」のようなパッケージツアーを選ぶことになります。この場合、パックになっているホテルもグレードが高い高級ホテルとなることが多いので、その旅費はかなり高くなります。

また、ここまで座席を選べる自由度について述べていますが、そもそも乗る飛行機の航空会社を自由に選べることも、個人手配のメリットです。

そもそも旅程さえも変えられる

個人手配の別のメリットとして、そもそもの旅程さえも変えられることがあります。

たとえば、5泊7日の予定で訪れても、急に日本に帰らないとならない緊急事態が日本で起きた場合、予定を早めて帰ることも可能です。もちろん逆に、「もうちょっとハワイにいることにするっ!」と言うこともできます。

なぜこのようなことができるかと言うと、個人手配で購入した航空券で特に条件が付いていないものであれば、乗る飛行機を変更できるからです。その変更に手数料が発生する場合もありますが、少なくとも帰りに乗る飛行機の日程を、ハワイについてからでも変更できます。

一方で。パッケージツアーの場合。この場合は、帰りの飛行機の旅程を変更することができません。なので、予定通りの飛行機に乗って帰るしかないわけです。

ただ、個人手配の場合でも。FIXの格安航空券を利用した場合は、旅程を変えられないのでその点はご注意ください。一方、OPENの格安航空券であれば予定を変えられます。また、航空会社で購入する航空券でも、「変更できない」と言う条件がある場合もあります。その点にもご注意ください。

宿泊先のアレンジの仕方が自由

最後に。個人手配では、ハワイでの宿泊先のアレンジの仕方が自由にできる点がメリットです。

たとえば、旅の前半は、グレード低めのホテルに泊まって宿泊費用を抑える。そして旅の最後の2日間くらいを高級ホテルに泊まり思い出を美しく飾る、のようなアレンジの仕方ができます。ほか、コオリナリゾートのホテルに◯泊、ワイキキのホテルに◯泊、のようなアレンジの仕方も簡単にできますね。

パッケージツアーでも「複数のホテルに泊まれます」と言うプランがあります。ですが、この場合、泊まれるホテルが指定されることになります。一方、個人手配の場合は、すべての宿泊先が選択肢となり得るわけですね。またやろうと思えば、極端には毎晩別々の宿に泊まる、と言うことだって個人手配の場合はできます。

パッケージツアーの場合でも、パックになっているホテルとは別に、個人手配で別の宿を抑える、と言う裏技もできないことはありません。ですが、何と言うかもったいないですよね。また形式的にパックのホテルの方にもチェックインとチェックアウトをすることになるのでそれも面倒です。

個人手配でのハワイ旅行は飛行機と宿泊先の選択肢の自由さがポイント

以上、ハワイ旅行に個人手配で行くメリットをご紹介しました。

ハワイ旅行では、パッケージツアーであっても現地の観光プランがセットになっていないプランが多いです。なので、そのようなプランでハワイに行く場合は、ハワイ現地で個人手配と比べても自由に使える時間はそれほど大きく変わりません。

なので、ハワイ旅行において個人手配で行くメリットは、やはり「飛行機周りと宿泊先周りの選択肢の自由さ」がポイントとなりますね。

Return Top