はじめてのハワイ旅行

羽田空港の出国審査で赤ちゃんをベビーカーに乗せたままで通れるか?

羽田空港の出国審査で赤ちゃんをベビーカーに乗せたままで通れるか?

今回は、赤ちゃん連れのハワイ旅行で、羽田空港発の便を初めて利用する人に伝えたい情報です。

私は、2019年8月にした5歳児と1歳児(5ヶ月)連れのハワイ島旅行の行き便で、羽田空港を利用しました。

その時に、羽田空港国際線ターミナルの保安検査や出国審査をベビーカーに子供を乗せたまま利用できたか、その体験談をご紹介します。

利用したベビーカー

まず、この時に利用したベビーカーからご紹介すると、羽田空港の出発ロビーで借りられる無料のものを利用しました。この記事のトップの写真のものです。

この時の旅行では、ハワイアン航空を利用したのですが、出国前エリアのチェックインカウンターの近くにこの無料で借りれるベビーカーが置いてありました。

なので、カウンターで荷物を預ける前にそこからこのベビーカーを借り、そこに1歳児を乗せて行動しました。

ちなみに、この時の旅行では、自分たちのベビーカーを持ち込みませんでした。ハワイ島旅行中は、ずっとレンタカーで行動している想定だったからです。また1歳児と言っても、月齢5ヶ月で、よちよちながら歩けるようになっていました。

そのため、「羽田までは抱っこ紐で1歳児を運べれば、あとは、空港でベビーカーは借りられるし」と、自分たちのベビーカーは持ち込まない方針としました。

保安検査を乗せたまま受けられる

と言うわけでは、今回は、ベビーカーと言っても、羽田空港で無料で借りられるものを利用しているのが前提の話です。

羽田空港国際線出発ロビーのハワイアン空港のカウンターで荷物を預けたのち、私たち家族は、出国前エリアの4Fの展示スペースや5Fの展望エリアにちょっと立ち寄りました。そして、その間に、ベビーカーに乗せた1歳児が眠ってしまったんですね。

時間帯として20時台で、普段だったら自宅では寝かしつけている時間です。なので、寝てしまうのも仕方ないと感じました。ただ、この時に気になったのが、その後待ち受けている保安検査と出国審査でした。もしベビーカーから1歳児を降ろす必要があれば、そこで目が覚めてしまうかも知れないからです。

と言うわけで、「できるなら、このままベビーカーに乗せたまま抜けられないかな?」と期待しつつ、保安検査に向かってみると。入り口を抜けた先に立っていた案内係の方から、「ベビーカーの人はこちら」と保安検査を受けるゲートを指定されることになりました。

そのゲートで、1歳児をベビーカーに乗せたまま、保安検査を受けることができました。金属探知機のようなゲートもベビーカーのまま行けました。

出国審査も乗せたまま受けられる

保安検査を受けた後、続いて出国審査を受けることになります。私が利用した2019年8月当時、羽田空港の出国審査は、顔認証でスピーディに抜けられる自動化ゲートが導入されていました。

ですが、私たち家族がその出国審査のエリアに入ってみると、「こちらへどうぞ」と、そこにいた案内係の方に、有人の窓口利用するように促されました。

私たちの前で出国審査を受けていたのも家族連れだったので、もしかすると、家族連れは「まとめて出国審査を受けられるように」との配慮からの有人の窓口が案内されたのかも知れません。

そして、家族4人で、その出国審査の窓口に行ってみると、ベビーカーの上の1歳児は、乗せたままで受けることができました。出国審査では、審査官の方が、パスポートの写真と本人が一致するかを確認していたのですが、1歳児はベビーカーの上で寝たままの顔で、それを判断してもらえました。

と言うわけで、保安検査も出国審査もベビーカーで寝たままの1歳児を乗せて受けられ、とても助かりました。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE