Read Article

色々試してわかったハワイ旅行での時差ボケ対策

色々試してわかったハワイ旅行での時差ボケ対策

今回は、ハワイ旅行が初めての人に伝えたい情報です。

ハワイ旅行は時差ボケになりやすい

初めてハワイ旅行にあたって、時差ぼけがどんなもんかと気になりませんか?ハワイは19時間の時差があるため、一般的に時差ぼけになる人が多い場所と言われています。

実際のところ時差ぼけは個人差があるので、ならない人や軽い人もいれば、凄く大変になる人もいます。また若いころは乗りきれても、年を取ってから辛くなった、というケースもあります。

私自身の体験では同じハワイでの滞在でも辛かったこともあれば、楽だったこともあります。

時差ぼけの解消法としては、一般的に以下のものがあります。

  • 朝に日光を浴びる
  • 食事のリズムをつける
  • 食事を抜いてみる
  • メラトニンの含まれる食材を食べる

ですが、正直なところその効き目には個人差があります。

私はこれまでハワイでの時差ぼけ解消にこれらの方法を試しましたが、「この方法で翌日からばっちり時差ぼけが治りました!」と言う方法は、今のところ見つかっていません。

ハワイ旅行の向けの時差ぼけ対策

さて。ハワイ旅行では、上でご紹介した時差ぼけの解消法以外の時差ぼけ対策があります。それは、次ような飛行機内での過ごし方による対策です。

「行きは寝ろ、帰りは寝るな」

つまり、行きの飛行機内では可能な限り寝て過ごして、帰りの飛行機では寝ないで過ごすと良いよ、と言うのが、その時差ぼけ対策法です。

この方法は日本とハワイの時差を考えると、とても理にかなっています。と言うのも、ハワイ行きの飛行機は夜に出発し、ハワイには現地の午前それも朝に到着することが多いからです。

つまり行きの飛行機に乗っている間の時間は、日本で言うとまさに眠っている時間となります。そのため機内では寝ていることの方が自然なのです。着いたら現地の午前なので、その意味でも機内で寝て過ごすことはとても身体にとって自然なリズムと言えます。

また帰りの飛行機は日本の午後に着くことになるので、日本に着いてからの眠りやすさを考えると、寝ないで起きていた方が良いわけです。

ただ、この時差ぼけ対策は、私は使えませんでした。機内でぐっすり眠ることが苦手だからです。「行きは寝ろ」が、特に実践できません。寝られたとしても2時間〜3時間寝られれば良い方で、大抵の場合は1時間で目が覚めてしまいます。

結果、ハワイに到着した初日は、徹夜明けのような体調で過ごすことになります。

行きの飛行機で寝られない人に試してほしい方法

このように行きの飛行機で寝られなかった人に1つ試してほしい方法があります。それは、「ホテルに着いたら1時間〜2時間仮眠を取る」という方法です。

ハワイ旅行のガイド本には時差ぼけ対策として、よく「初日はどんなに眠くても午後9時まで寝ないように頑張って!」のようなアドバイスがあります。ですが、この方法では、開き直ってホテルに着くなり仮眠をとります。

この「仮眠」というのがポイントで、ここで寝るのは時差ぼけを治す目的ではなく、飛行機での疲れを癒すことの方に主眼を置いています。そのため、目覚ましをかけて寝過ぎないように調整するのです。また仮眠なので夜の眠気にも影響を与えることが少なくて済みます。逆にここで長く眠り過ぎると、夜眠れなくなるので注意が必要です。

中には「せっかくハワイに着いたのに観光しないで寝るなんてもったいない」と思う人もいるかもしれません。しかし、行きの飛行機でよく眠れず疲れた状態で観光をするよりは、ちょっと寝てすっきりした体調を整えることをオススメします。その方が、その後の観光を集中して楽しめるからです。

飛行機で寝られなかった場合、ハワイ到着初日は、飛行機での移動による疲れに加え寝不足による疲れもあります。なので、たとえ現地の午前中に着く場合でも、この仮眠を取る方法でまずは疲れを癒すのがオススメです。

飛行機で寝られない人は軽く仮眠を取る

正直なところ、この仮眠を取る方法を試しても、結局は時差ぼけが治るわけではありません。ですが、少なくとも初日にヘロヘロな状態で観光することは避けることができます。私はハワイ到着初日にレンタカーで交通事故を起こしたことがあるのですが、その一因として初日なのに眠気を押して無理に行動しすぎたことがあります。

またハワイでの時差ぼけは、初日だけの問題ではありません。初日はうまく過ごせても、2日目や3日目の変な時間に、眠くなったり、お腹がすいてきたり、など症状も出てくるタイミングも様々です。

私の実体験では、長期間滞在してもうまく調整できないときはできませんでしたし、逆にさっと順応してしまい日本に帰ってからが辛くなった経験もあります。なので、結局は現地の時間での生活に合わせて慣れていくしかないのが現実的な時差ぼけ対策と言えます。

とは言うものの。やはり初日は飛行機疲れも相まって、特に時差ボケの影響が出やすいです。なので、ハワイ行きの飛行機でよく眠れなかった人は、ホテルに着いたら軽く仮眠を取るのがオススメです。

Return Top