はじめてのハワイ旅行

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのタオルカードの使い方

2019年8月9日
ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのタオルカードの使い方

今回は、ハワイ旅行にあたりオアフ島のヒルトン・ハワイアン・ビレッジ内の宿泊施設に初めて宿泊する人に伝えたい情報です。

お伝えしたいのは、私が2019年1月にこの施設を利用した時に体験した、この施設内でビーチやプールで使う目的のタオルをもらう方法です。

タオルカードと交換になる

ハワイアン・ビレッジ内の宿泊施設に初めて泊まる人が、ビーチやプールで使うタオルを利用するにあたり、まず知っておきたいのが、タオルカードの存在です。

タオルカードは、ハワイアン・ビレッジ内の宿泊施設にチェックインの手続きをするとルームキーと一緒に渡されるものです。具体的には、次の写真が、そのタオルカードの様子です。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのタオルカードの様子、裏表に英語と日本語で使い方や注意点の解説が書いてある
ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのタオルカードの様子、裏表に英語と日本語で使い方や注意点の解説が書いてある

その日本語の解説を引用すると、次のようにあります。

ビーチ&プールタオルカード
・このカードをスーパープール、パラダイスプール、タパプールのスタンド、またはビーチスタンド、ラグーンスタンドにお持ち頂くと、カードと引き換えにビーチタオルを1枚お貸し致します。

・ご使用済みのタオルは、上記いずれかのスタンドにご返却下さい。タオルと引き換えにカードをお返し致します。カードは何回でもご利用いただけます。

・タオルカードは、ルームキーと一緒にエクスプレス・チェックアウトボックスにご返却下さい。未返却のタオルカードは1枚につき$10を請求させていただきます。

ポイントは、ハワイアン・ビレッジ内の交換場所(スタンド)で、このカードと交換でタオルを貸してもらえるという点。使い終わったタオルは返却して、またカードに戻す必要があるという点。チェックアウトする際には、チェックイン時にもらった同じカードの枚数を返却する必要があり、足りないと1枚あたり10ドルの罰金があるという点です。

タオルの交換場所(スタンド)の様子

それでは、そのタオルの交換場所がどのような様子なのかをご紹介すると。例えば、この記事のトップの写真は、ハワイアン・ビレッジ内にあるパラダイスプールのタオルの交換場所(スタンド)の様子です。

このような感じでタオルが山積みになったカウンターの奥にホテルのスタッフがおり、そのスタッフに欲しい枚数分のタオルカードを渡し、同じ枚数のタオルを受け取ることになります。

プールのスタンドはこのように建物の中に入っていることもありますが、例えば、ラグーンスタンドは、もっと屋台っぽい感じになっています。ですが、基本は同じでそこにいるスタッフにタオルカードを渡し、それと引き換えにタオルをもらうことになります。

スタンドのスタッフの対応は英語だったか?

では、英語が苦手な人のご参考に、私が2019年1月に、ハワイアン・ビレッジ内のスタンドでタオルを交換した時のスタッフの対応が、英語だったかをご紹介すると。

私が訪れた時は、利用した範囲の複数のスタンドにおいて、その対応は英語のみでした。ただ、英語のみといっても、その会話は非常に簡単で、「Hi!」と挨拶して、タオルカードを渡せば、それで済みます。

ただ場合によっては、相手がこちらのカードの枚数を数え間違えたりする可能性がないとは言えません。ので、それが心配な人は、欲しいタオルの枚数とプリーズと言えば、良いです。2枚欲しければ、「トゥー(two) タオルズ(towels) プリーズ(please)」と言った具合です。

そして、一度でもどこかのスタンドでタオルを借りる経験をしておけば、返すのは簡単です。同じ場所(実際には借りた場所でなくても返せる)にタオルを返し、返した枚数分のタオルカードを貰えば良いだけだからです。

ちなみに私の経験した範囲では、ラグーンスタンドにおいて、タオルを返却後にタオルカードを返してもらう運用が、適当な感じでした。きっちりスタッフがその枚数を数えてカードを返してくれるのではなく、スタンドから自分で勝手にカードを取る運用だったからです。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE