はじめてのハワイ旅行

ハワイの観光客の動向を分析するのに便利なツール

ハワイの観光客の動向を分析するのに便利なツール

今回は、ハワイ旅行にあたり、その旅行者の動向を調べたい人に伝えたい情報です。動向とは、例えば、「月ごとのハワイの観光客数」などをイメージしています。

今回、お伝えしたいポイントは、次の2点です。

  1. ハワイ州観光局が観光客数などの動向がわかるデータを公開している
  2. そのデータをグラフ化してわかりやすく分析できる無料ツールがある

ハワイ州観光局が公開するデータ

ハワイへの旅行者の動向を調べるのに、参考になるデータとして、ハワイ州観光局が公開しているデータがあります。具体的には、ハワイ州観光局の公式サイトのResearchのページで、そのデータが公開されています。

ハワイ州観光局のResearchのページを見る

このページには、月ごとに集計したその動向がわかるデータ、それを年単位にまとめたデータ、また、これらのデータを踏まえた上でのレポートなどが公開されています。

例えば、この記事を書いている時点では、年単位のレポートとしての最新版は2016年の値を集計したものとなっています。次のリンクからそのレポートを閲覧できます。

2016 Annual Visitor Research Report.pdf

Excelファイルでデータが公開されている

このレポートは、エリア別に前年と比較した数値の傾向を分析したもので、その概要を把握するのにとても良い情報源となります。一方で、英語で書かれているため、それが苦手な人からすると、読むのに苦労します。また、レポートは196ページの分量があるので、欲しい情報(例えば、日本人旅行者の動向)を探そうとすると、初めての人には、探すのが大変だったりもします。

そこで役立つのが、そのレポートの根拠となったデータをExcelで公開している資料です。具体的には、2016年のレポートは、次のExcel上のデータを元に作られています。

2016 Annual Visitor Research Report-Revised 5-24-18.xlsx

このExcelには、ハワイの観光客に関するデータの様々な表があります。表なので、英語が苦手な人でも、それが何を意味するかは、英文を読むよりは、わかりやすいです。つまり、英語が苦手な人の場合、このExcelのデータを見たほうがその動向を掴みやすいというわけです。

Power BIを使うと簡単にわかりやすいグラフにできる

ただ、表にある数値の羅列だと、そのデータの内容がわかりにくいこともありますよね。そこでご紹介したいのが、Power BIという、マイクロソフトが公開している分析ツールです。

このツールは、基本機能は無料で使えるものです。Excelでも同じようにグラフは作れますが、パッケージ版でもOffice 365版でも、少なからず費用が必要ですよね。Power BIは、基本機能は無料で使えます。つまり、「Excelがなくてもグラフが作れる」という特徴があります。

そして、このツールを使うと、Excelなどで定義されたそのようなデータを元に、簡単にグラフを作ることができます。例えば、次のグラフをご覧ください。

別画面でグラフを開く

このグラフは、2016 Annual Visitor Research Report-Revised 5-24-18.xlsxのデータを元に、それを次の3つのテーマで作ったものです。

  1. 2016年主要エリアからのハワイの月別訪問者数
  2. 2016年地方別ハワイの観光客数と人口
  3. 2016年日本人旅行者の島別滞在日数の平均値
2016年主要エリアからのハワイの月別訪問者数
2016年主要エリアからのハワイの月別訪問者数

例えば、「ハワイが空いている時期に行きたい」と考えてたら、その月ごとの観光客数の動向がわかると、役立ちますよね。「2016年主要エリアからのハワイの月別訪問者数」は、その目的で作りました。

こうして見ると、2016年においては、ゴールデンウィークや夏休みが突出して、多い訳ではないことが分かります。またハワイへの旅行者数を考えるとき、米国からの観光客数を意識する必要があることもわかります。どの月でも、日本人旅行者より、米国からの旅行者の方が圧倒的に多いからです。

2016年地方別ハワイの観光客数と人口
2016年地方別ハワイの観光客数と人口

「2016年地方別ハワイの観光客数と人口」は、日本の地方別の観光客数と、その地方の人口の関係を示したものです。このグラフからは、「人口が多い地方が、そのままハワイ旅行者が多い」という結果がわかります。

私は、人口あたりのハワイ旅行者数が多い地方、つまり「ハワイ旅行好きの地方がわかるかな?」と期待してこのグラフを作ったのですが、そのような特徴はないことが分かりました。

2016年日本人旅行者の島別滞在日数の平均値
2016年日本人旅行者の島別滞在日数の平均値

「2016年日本人旅行者の島別滞在日数の平均値」では、日本人旅行者が、ハワイの島別にどの程度滞在するかがわかります。このデータは、ハワイ旅行にあたり、「何泊しようか?」ということを検討するのに役立ちます。

このように、ハワイ州観光局が公開しているデータを、Power BIでグラフ化することによって、ハワイ旅行者の動向を分析でき、それがハワイ旅行を計画するにあたり役立ちます。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly