はじめてのハワイ旅行

ワイキキビーチで夕方に水泳をした感想

 2018年9月30日
ワイキキビーチで夕方に水泳をした感想

今回は、ハワイ旅行でオアフ島のワイキキに滞在する人のうち、そのビーチで水泳をしたい人に伝えたい情報です。

お伝えしたいのは、私が2018年1月にワイキキビーチの防波堤があるエリアで、夕方(16時頃)に水泳をした時の感想です。

泳いだ場所と時間帯

では、まず私が泳いだ場所から、ご紹介します。一口にワイキキビーチといっても、かなりの広さがあるからです。

その場所は、ワイキキビーチの南東側に位置する防波堤のあるエリアで、より具体的には、クヒオビーチパークの割れている防波堤がある側です。

ご参考に、次のリンクから、そのビーチの様子をGoogleストリートビューで確認できます。

Googleストリートビューで私が泳いだクヒオビーチパークの様子を見る

クヒオビーチパークには、沖側の防波堤が割れているエリアとそうではないエリアの2つがあるのですが、そのうちワイキキの中心部寄りとなる、割れている方のエリアで泳ぎました。なぜかというと、この時宿泊しているホテルから近いのが、この割れている方のビーチだったからです。

泳いだ時間帯は、16時くらいです。なぜこの時間帯を選んだかというと、「そろそろビーチの人が減り始めるかな?」という期待があったからです。

混んでいたが安全面での安心感があった

実際に訪れて見ると、その期待は外れ、それなりに人混みがありました。特に砂の上には、かなり人が寛いでいる状況となっていました。おおよそ2m間隔くらいに人が座っているくらいの混み具合です。その人混みを見て「来る時間を間違えたかな」とも思ったのですが、逆に安心感もありました。

というのも、この滞在中、同じくクヒオビーチパークで朝泳いだ際に、クラゲに刺されて酷い目にあっていたからです。詳しくは、次の記事でご紹介しています。

ワイキキビーチでの水泳中にクラゲに刺された時の体験談

この時は、ライフガードの出勤時間よりも早くビーチを訪れていたため、本来掲示されるはずの「クラゲ注意」の看板がビーチに出ていなかったんですね。加えて、その時は海に誰も入っていない状況でした。つまり、私が一番乗りで海で泳ぎ始めた結果、くらげに刺されてしまったわけです。

この経験があったので、「次に泳ぐ時は、他の人が海に入っているかどうかを確認してから泳ごう」と考えていました。その意味で、ビーチに人がいる、また海の中に入っている人がいる時間帯に訪れた方が、安心感がありました。

ビーチが混んでいても防波堤沿いは意外と泳げる

というわけで、自分以外に海に入っている人の様子を見て、安心感を感じつつ、クヒオビーチパークで水泳を始めました。その泳ぎ方としては、防波堤沿いに沿って、泳ぎました。海岸線と平行するように泳いだということですね。

なぜこのように泳いだかというと、これまで経験から、この防波堤沿いを泳ぐと、時折、野生の魚を見られることを知っていたからです。そのような魚鑑賞を期待して、防波堤に沿って泳いだわけですね。そして、この時は、その期待通りに魚鑑賞を楽しみつつの水泳となりました。

また、この時の発見としては、ビーチが混んでいて人がそれなりにいる状況でも、防波堤沿いは、泳ぎやすいことでした。というのも、この時は、それなりに混んでいる状況でも、防波堤沿いまで来る人が限られたからです。

おそらくですが、このビーチの防波堤沿いは、足が届かないほど深いところがあるのが、その理由だと感じました。怖さから防波堤沿いまで来ない人が意外といるということですね。また、普通の人は、海岸線に平行して泳ぐようなことはせず、砂浜から沖側への移動を繰り返して、海水浴を楽しんでいました。結果、防波堤沿いは、隙ができやすくなっていました。

これまで私は、ハワイのビーチの水泳にあたり、人混みを避ける目的で朝を狙って泳いでいました。今回の経験から「人が多い時間でも、水泳ができるもんだな」と発見となりました。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly