はじめてのハワイ旅行

ワイキキのリッツの車寄せの入り方がわからず戸惑った話

ワイキキのリッツの車寄せの入り方がわからず戸惑った話

今回は、ハワイ旅行で、ザ・リッツ・カールトン・ワイキキビーチ(以下、ワイキキのリッツ)に宿泊する人のうち、レンタカーでアクセスするのが初めての人に伝えたい情報です。

私は、2019年1月にこの施設に滞在しました。その際、レンタカーでアクセスしたのですが、最初、この施設の車寄せまでの入り方がわからず戸惑う体験をしました。

その体験をご紹介します。




カライモク・ストリート側からのアクセスが前提

まず、改めてこの体験をした時期をご紹介すると、2019年1月の話です。このように断りを入れるのは、私が滞在した当時の状況から、車でアクセスできる入り口が増えそうな様子だったからです。

具体的には、この施設の敷地のクヒオ通り側に、車で入れそうな道が整備されつつある状況でした。次の写真の通りです。

2019年1月当時のワイキキのリッツのクヒオ通り側に整備されつつある入り口の様子
2019年1月当時のワイキキのリッツのクヒオ通り側に整備されつつある入り口の様子

私が滞在した2019年1月当時は、すでにワイキキのリッツの2つ目のタワーであるダイヤモンドヘッド・タワーは完成しており、そこに宿泊できる状況でした。一方で、クヒオ通りからそのタワー側に入るところは、写真の通り封鎖されていて、まだ使えない状況でもありました。

つまり、私がワイキキのリッツに滞在した当時は、カライモク・ストリート側の入り口からしかアクセスできない状況にありました。

ストリートビューでは入り口の様子が確認できない

次のリンクから、ワイキキのリッツの車寄せへの入り口があるカライモク・ストリートの場所をGoogleマップで確認できます。地図の中心部分が、その入り口のあるあたりです。

Googleマップでワイキキのリッツ前のカライモク・ストリートの場所を見る

このカライモク・ストリート側から、ワイキキのリッツの車寄せに入るにあたり、私は戸惑ったわけですが、その理由の1つとして、当時、事前にGoogleストリートビューで、その入り口の様子を確認できないことがありました。

次のリンクから、Googleストリートビューで、ワイキキのリッツのカライモク・ストリート側の車寄せの入り口のあるあたりを確認できます。

Googleストリートビューでワイキキのリッツのカライモク・ストリート側の様子を見る

そのストリートビューの様子は、当時その最新の撮影年月が2011年8月となっており、そもそもリッツのビル自体がない頃の様子となっていました。ちなみに、実はこの記事を書いている現在でもその状況は変わっていません。

そのため、事前にその入り口の様子を確認して、入り方を想定することができませんでした。

事前にその様子を写真でもらっていても戸惑ったわけ

そこで私は、ワイキキのリッツのサポートデスクの人にお願いして、実際に滞在する前に、その車寄せの入り口の様子を写真で見せてもらうことにしました。次の写真です。

ワイキキのリッツのサポートからいただいた車寄せのまでの入り口の様子
ワイキキのリッツのサポートデスクからいただいた車寄せまでの入り口の様子

つまり、私はワイキキのリッツに車でアクセスするにあたり、この写真から、その車寄せの入り口の雰囲気は、わかっている状況でした。

ですが、それでも実際にこの近くまで、車で訪れてみると。「こっから入ってもいいんだよな?」と不安を感じました。というのも、リッツの方に行くためには、整備された歩道を車で跨ぐ必要があり、車で本当にここに入って良いんだろうか?と言う心理になったからです。

そのため、ちょうど、車寄せの入り口近くに立っていた、コンシェルジュっぽい服装の人に、確認してみることにしました。上の写真でも右下のバス停の屋根の下に、小さくてわかりにくいのですが、黒い服を着た人が立っている様子がわかるでしょうか。

私が訪れた当時もここに人が立っており、その人に話しかけて確認したわけです。すると、「ここから入ってください」とご案内いただき、リッツの車寄せまでアクセスできました。そして、この記事のトップの写真は、カライモク・ストリート側から入ってすぐに見える、ワイキキのリッツの車寄せの様子です。ここに車を停めて預けチェックインする流れになります。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE