Read Article

メガネでも大丈夫!メガネ愛用者のワイキキビーチの楽しみ方

メガネでも大丈夫!メガネ愛用者のワイキキビーチの楽しみ方

今回は、ハワイ旅行が初めての人のうち、「メガネを愛用しています!」という人に伝えたいお役立ち情報です。

で、イメージしているのは、普段、コンタクトレンズを全く使わず、メガネだけを利用している人ですね。

そのような人が、ビーチで遊ぶ際には、「波で失くさないように」と、メガネを外したくなりますよね。一方で、メガネを外してしまうと、何も見えなくなり困ってしまうわけです。かと言って、「今更コンタクトをしたくもない」わけですね。

このようなジレンマの中で、「メガネ愛用者向けにワイキキビーチの楽しみ方をお伝えしたい」というのがこの記事のネライです。

ワイキキ近くで陸上から魚鑑賞を楽しむ

そのようなメガネ愛用者にご紹介したい、ワイキキビーチの楽しみ方ですが、まずは、「陸上から魚鑑賞を楽しめる場所に行く」という方法があります。

ワイキキビーチですが、水中に潜ってみると、意外に魚鑑賞が楽しめる場所があるんですね。で、実は、水中に潜らずとも魚が見られる場所もあるんです。

その場所ですが、実際にはワイキキをちょっと南東側に外れたQueens Beachにあります。このQueens Beachには、桟橋のように突き出した防波堤があるんですね。具体的に、次のGoogleストリートビューからその様子を見られます。

Queens Beachの桟橋のような防波堤を見る

そして、この桟橋のような防波堤の上から、海中を見てみると、魚が泳いでいるのを見られるですね。もちろん、自然のことなので、100%見られるとは限りません。が、ここから魚を見られる確率は、かなり高いです。

このように海に入らずに済めば、メガネ愛用者でも、メガネを外さずに魚鑑賞を楽しめますね。

ただ、実際にこのQueens Beachの桟橋のような防波堤を訪れる際には、ワイキキの中心部からの距離に気をつけてください。道順は単純でも、歩くと20分程度は、かかる距離だからです。その距離を、ハワイの強い日差しを受けて歩くだけで、意外に体力が奪われます。

度付き水中メガネがあれば海中も楽しめる

以上は、メガネを外さずに楽しむ方法でしたが、「やっぱり海に入って遊びたい」という人もいますよね。

そのような人は、「度付き水中メガネ」というジャンルの水中メガネを、ハワイ旅行に向けて準備すると良いです。

この水中眼鏡は、レンズの部分に度が入っているので、ビーチでのメガネの代わりに使えるんですね。もちろん、水中眼鏡なので、水に濡れても問題ありませんし、波にさらわれる心配もありません。

そのため、メガネ愛用者でも、ハワイのビーチで、海に入って思いっきり楽しむことができます。

この度付き水中メガネですが、「メガネ愛用者が、ハワイに持って行きたいものランキング、ベスト5入りは確実」と話している、メガネ愛用者でハワイ好きの方を、私は知っています。

それくらい、この度付き水中メガネのありなしで、ハワイでのビーチの満喫度が変わってくるということですね。

シュノーケリングだって楽しめる

で。以上でご紹介した度付き水中メガネというのは、要するにプールで使う感じの水中メガネと同じ外観なんですね。そのため、シュノーケルをつけてシュノーケリングを楽しむためのゴーグルとしては、残念ながら向いていません。

一方で、メガネ愛用者の人だって、せっかくハワイに行く以上、「シュノーケリングで魚鑑賞を楽しみたい!」という人もいますよね。

ワイキキビーチですが、この記事の最初でご紹介した通り、実は、潜ると泳いでいる魚を鑑賞できる場所があるんですね。上では、Queens Beachの桟橋のような防波堤沿いをご紹介していますが、それ以外にもワイキキビーチには防波堤があるエリアがあるわけです。

つまり、そのような防波堤沿いでは、シュノーケリングが楽しめるわけですが、そこをメガネ愛用者として、「どのように楽しめるか」ということですね。

では、メガネ愛用者が、シュノーケリングを楽しむには、どのようにしたらよいかというと、「水中マスク用吸盤度付きレンズ」というジャンルの便利グッズを利用するとよいです。

このレンズですが、シュノーケリング用のゴーグルの内側に、吸盤で着脱できる度付きのレンズなんですね。これをシュノーケル用のゴーグルに着用すると、メガネを外しても海中の様子を楽しめるようになるわけです。

上でご紹介した度付き水中メガネのように、これまでにも「度付きのゴーグル」というものはあったんですね。ですが、そのようなゴーグルは、高価だったわけです。

ところが、この吸盤度付きレンズは、気軽な値段で買える価格帯なんですね。加えて、レンタルしたゴーグルでも使えるというメリットもあります。

このようにレンタルしたゴーグルでも使えると、ハワイ旅行がより楽しくなるんですね。例えば、オアフ島には、ハナウマ湾というシュノーケリングスポットして人気のビーチがあるのですが、ここではゴーグルをレンタルすることができるんですね。

そして吸盤度付きレンズのおかげで、そのレンタルしたゴーグルでも、メガネ愛用者がシュノーケリングを楽しめるというわけです。

ただ、吸盤度付きレンズですが、「子供用」などゴーグルのサイズがあまりに小さいと着用できないことがあります。なので、そのサイズ感には注意が必要です。

Return Top