はじめてのハワイ旅行

2歳児とのアラモアナセンターの過ごし方

2歳児とのアラモアナセンターの過ごし方

今回は、2歳児と初めてハワイ旅行をする人に伝えたい情報です。

お伝えしたいのは「2歳児とアラモアナセンターをこう過ごしました」という、私の実体験です。

フードコートでランチを食べる

ご存知ない方のためにご紹介すると、アラモアナセンターは、オアフ島にあるハワイ州最大のショッピングモールで、ワイキキからは車で10分もしない距離にあります。ワイキキからであれば、トロリーやTheBusなどで簡単にアクセスできます。

私が2歳児とハワイを訪れた際は、レンタカーがありましたので、実際には車で訪れました。アラモアナセンターに着いたのは、13:30くらいで、まずは、ランチをすることにしました。

アラモアナセンターでの食事にあたり、フードコートを利用することにしました。アラモアナセンターや併設するデパート内には、普通の飲食店もあるのですが、2歳児と一緒だと色々と気遣いすることが増えます。なので、気を使わずに楽なフードコートを選びました。

私が訪れた時には、アラモアナセンター内のフードコートの選択肢として、マカイマーケットと白木屋ジャパン・ビレッジ・ウォークの2つがありました。このうち、マカイマーケットで食事をすることにしました。

マカイマーケットを選んだのは、まだ日本食という気分ではなかったからです。白木屋ジャパン・ビレッジ・ウォークでは、和食に限らず、本当に日本っぽい料理が食べられる点が魅力です。ですが、この時は、フードコートを利用するにしても、「ハワイならではな感じの店を使いたい」という気分でした。

というわけで、マカイマーケット内にあるタイ料理と中華料理の店で料理を買い、フードコート内のテーブルで食べました。2歳児とフードコートのテーブルを利用する際、子供向けのハイチェアがすぐに見つかり助かりました。

というのも、子供が赤ちゃんの頃に、このフードコートを利用した際には、それが全部出払っていたようで、結局使えなかったからです。この時は、お昼ちょっと遅めの時間に訪れたのがよかったのか、ハイチェアがすぐに見つかりました。

子供向けの服を見る

マカイマーケットで食事を終え、いよいよアラモアナセンター内での買い物を始めました。主に子供服を扱っているショップを見て回りました。具体的には、次のショップです。

  • OLD NAVY
  • GAP KIDS
  • JANIE & JACK
  • GYMBOREE

私が訪れた4店舗のうち、2歳児の小さい子供向けの服の品揃えが特に充実していたのは、JANIE & JACKとGYMBOREEでした。

ご参考に、アラモアナセンターで子供服を扱っているショップは、公式サイトの次のページから、調べられます。

アラモアナセンターの公式サイトで子供服を扱っているショップの一覧を見る

また、小さい子供向けに、アロハシャツやフラの衣装など、ハワイらしい衣類を探している人は、ワタムルズを訪れると良いです。ここでは、小さい子供向けのサイズから、そのような衣類を扱っています。

Longs Drugsでおもちゃを見る

続いて、Longs Drugsでおもちゃを見ました。正確には、Longs Drugsには、お得な価格でバラマキ土産を買うために訪れました。

そして、2歳児と手を繋ぎながら店内をぶらぶらと物色していると、突然子供がビタッと立ち止まったんですね。

何かと思って、その目線の先を見ると、私の子供が好きな消防車のおもちゃがあったわけです。そして、どれか買うことにするまで、一歩も動かない様相を呈したので、根負けして買うことになりました。

その消防車は、アメリカの消防車のミニチュアで、チョロQのように走るようになっていました。10ドルもしない割には、見かけもそこそこしっかりしていました。日本では、手に入れにくいものなので、買ってよかったです。

小さい子連れでLongs Drugsを訪れるのが初めての人は、そこでおもちゃが売られていることを知っておいた方が良いです。Longs Drugsのお店によっては、結構広めにおもちゃコーナーがとってあることがあり、その前を子供と通ると、ねだられる可能性が高まります。

アラモアナセンターには、LEGOやトイザらス・エクスプレスなどのおもちゃ専門店もあります。初めからおもちゃを買う目的の場合は、このようなおもちゃ専門店を利用すると良いです。

したかったけど、時間がなくてできなかったこと

最後に、2歳児とアラモアナセンターを訪れるにあたり、したかったけど、時間がなくてできなかったことをご紹介します。

まず、書店のBarnes & Nobleで、子供向けの絵本を見ればよかったです。ここでは、日本では手に入りにくい、英語の絵本を扱っているからです。また、日本で手に入るとしても、ここで買った方がお得な場合もあります。

次に、アラモアナセンターの併設のデパートでも子供服を見たかったのですが、それができませんでした。併設するデパートのノードストロームやMacy’sなどでは、アラモアナセンター内の店舗とは別に、子供向けの衣類を扱うショップがあります。そのような店を見る時間の余裕がありませんでした。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly