はじめてのハワイ旅行

赤ちゃんと羽田からハワイに行く人向けの空港の過ごし方

赤ちゃんと羽田からハワイに行く人向けの空港の過ごし方

赤ちゃんと初めて羽田空港からハワイに行く予定の人は、「空港でうまく過ごせるかな?」と心配していませんか?今回は、そのように心配している人に向けて、赤ちゃんとの羽田空港の過ごし方のポイントをご紹介します。

貸し出し用ベビーカーを無料で利用できる

赤ちゃんとの羽田空港の過ごし方について、最初のポイントとして。貸し出し用ベビーカーを無料で利用できることがあります。そのベビーカーですが、この記事のトップの写真がそのベビーカーの様子です。

羽田空港の国際線ターミナルには、この写真のように自由に利用できるベビーカーがおいてあります。そしてこのベビーカーは、特定の航空会社の利用客専用のものではなく、羽田空港を利用する人なら誰でも使えます。またこのベビーカーは、出国審査を抜けた出発ロビーまで持ち込めます。つまり、飛行機に搭乗するギリギリ直前まで持ち込むことができるのです。

そのため、羽田空港を利用する場合は、少なくとも空港内で利用するベビーカーに関しては自分のベビーカーを利用する必要はありません。なので、自分のベビーカーを羽田空港まで持ち込んだ場合ですが、そのベビーカーをカウンターに荷物として預けてしまっても大丈夫です。その後は無料のベビーカーを利用できるからです。

ただし。このベビーカーですが、市販のベビーカーと比較するとその乗り心地がとても良いわけではありません。なので、いつものベビーカーでないと泣いてしまう赤ちゃんの場合は注意が必要ですね。

ほか、このベビーカーは、リクライニングの角度が変えられます。角度を変えるとほぼ仰向けの状態にもできるので、眠ってしまった赤ちゃんを移動する場合にも使えますよ。

出発ロビーのキッズコーナーが狭くて落ち着けない

次のポイントとして、羽田空港の国際線は、出国審査を抜けた出発ロビーにあるキッズコーナーが狭いので注意が必要です。

そのキッズコーナーが、どれくらい狭いのかと言いますと、だいたい3m四方のクッションに囲まれたエリアしかありません。なので、キッズコーナーに先客がいた場合は、かなり遠慮して利用することになり、落ち着けません。またこのキッズコーナーですが、それが「子供向けエリア」と知らずに寛いでいる大人の外国人旅行客がいることもあります。その場合は、より落ち着いて利用することができません。

また、その出発ロビーにあるキッズコーナーの場所ですが、自分が乗る飛行機の搭乗ゲートから遠くて不便をする可能性があり、それにも注意が必要です。そのキッズコーナーの場所ですが、106番と107番の搭乗ゲートの間にあります。次の羽田空港の公式サイト地図を見るとよりその場所がわかりやすいです。

羽田空港国際線旅客ターミナルマップを見る

上の地図を見るとわかるのですが、キッズコーナーのある106番と107番の搭乗ゲートは、出発ロビーの端の方にあるんですね。なので、自分の乗る飛行機が、106番と107番の搭乗ゲートと反対側の端であった場合、結構歩くことになる可能性があるわけです。そしてこの距離が、結構な長さとなるため不便なんですね。

クレジッカード会社のラウンジは赤ちゃんと過ごすのにオススメ

以上のように、羽田空港のキッズコーナーは狭く、また場合によっては自分の搭乗ゲートからとても遠い場所になる可能性があり、赤ちゃんと過ごすにあたり落ち着けません。そこで、オススメしたいのが羽田空港の出発ロビーにあるクレジットカード会社のラウンジです。

成田空港と比較し羽田空港の良いところは、出国審査後の出発ロビーで利用できるクレジットカード会社のラウンジが、新しくて広く快適なことです。食べ物が提供されない点を除いては、成田空港の航空会社ラウンジに勝るとも劣らない快適な環境となっています。

その快適なクレジットカード会社のラウンジですが、もちろん赤ちゃんと一緒でも入ることができます。赤ちゃんと過ごすにあたり特にオススメなラウンジは、SKY LOUNGE ANNEXとTIAT LOUNGE ANNEXです。これらのラウンジは、同じ建物の異なる階にあり、提携しているクレジットカードのブランドでそれぞれ利用できるかどうかが変わります。

なぜ、これらのラウンジがオススメなのかと言いますと、シンプルにラウンジの空間が広いからです。そのため、もし赤ちゃんが泣いたり、ぐずったりしても、周りに気を使う度合いが少なくて済みます。また大泣きしてしまった場合。このラウンジのちょっと奥まったところにパソコンやコピー機が配置されたビジネスセンターがあり、そこには大抵の場合人がいません。なので、そこで周りに迷惑をかけず赤ちゃんをあやすこともできるのです。

SKY LOUNGE ANNEXとTIAT LOUNGE ANNEXについて詳しくは、次の羽田空港の公式サイトのページで確認できます。

ラウンジ・有料待合室・会議室

羽田空港は赤ちゃんとのハワイ旅行でも快適に過ごせる

以上、赤ちゃんと羽田からハワイに行く予定の人に向けて、赤ちゃんとの羽田空港の過ごし方のポイントをご紹介しました。

ほか赤ちゃん連れの場合。おしめを交換する場所やミルクを溶かすためのお湯が手に入るか、などが気になると思います。ですが、それは全く心配ありません。なぜなら、羽田空港の国際線ターミナルでは、出国審査を抜ける前も後も、ベビールームがたくさんあるからです。そのベビールームで授乳することもできますし、給湯設備でミルクを作ることもできます。

と言うわけで、羽田空港は赤ちゃんとのハワイ旅行でも快適に過ごせる環境なので、特に心配する必要はありません。その際、今回ご紹介したポイントを知っておくと、より快適に過ごせますのでぜひご活用くださいね。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly