Read Article

JALでバシネット席にしつつ家族の1席分はマイルで予約する方法

JALでバシネット席にしつつ家族の1席分はマイルで予約する方法

赤ちゃんとのハワイ旅行にあたり、飛行機の席はバシネットが使える席にしたいですよね?

やはりバシネットが使えると、それ自体がありがたいですし、エコノミークラスの席でも足元が広いと言うメリットがあります。一方使えない場合は、赤ちゃんを膝の上で抱っこして我慢するか、もしくは子供料金でシートを抑えてチャイルドシートをつけて貰うかになり大変になります。なので、赤ちゃんとの飛行機にのる場合は、バシネットが使える席だと本当に助かります。

さて。そのバシネットを使える席に家族で近くにまとまって座りたい場合にオススメな方法は、パッケージツアーではなく個人手配で飛行機を予約することです。なぜかと言うと、日本からホノルル空港行きの全ての航空会社が、赤ちゃん連れの乗客向けに電話でのサポート窓口を用意しているからです。

個人手配で航空券を抑えた場合。その窓口に電話をしてバシネットを使える席を事前に予約できますし、一杯で予約できない場合も、その事実を事前に知ることができます。その場合はチャイルドシートの席を用意するなど対策が取れるわけです。ご参考に、この方法について詳しくは次の記事で紹介しているのでご覧ください。

赤ちゃんとのハワイ旅行で安心できる航空券の取り方

JALでバシネット席にしつつ家族の1席分をマイルで予約したい

前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。上述の通り、バシネットの使える席にしつつ家族で近くの席にまとまりたいときは個人手配で航空券を抑えるのがオススメです。具体的には、家族の席を航空会社のホームページで座席指定せずにまとめて購入し、航空会社のサポート窓口に「バシネットの席を予約したい」と電話をすればOKです。

一方で。次のようなケースで予約をしたいのに、そのやり方がわからなくて困っていないでしょうか?

・家族でのハワイ旅行
・その内一人分の航空券だけは、マイル交換で入手したい
・それ以外は、普通に航空券を買いたい
・その上でバシネットが使える席に家族でまとまって座りたい

補足をすると、たとえばこのようなケースです。夫婦と赤ちゃん3人でハワイ旅行に行きたい。夫はマイルがたまっているのでハワイ往復分の航空券をマイル交換で入手できる状況。一方で、家族全員分の航空券を交換するだけのマイルはたまっていない。なので、夫のみはマイルで航空券を入手し、それ以外の家族の分は普通に購入したい。という状況でバシネットを使える席を予約し、夫婦で隣り合った席に座りたい。

このようなケースでの席の予約の仕方がわからなくて困っていないでしょうか、と言うことですね。そこで今回は、このようなケースでJALを利用する場合でのその予約の方法についてご紹介します。

JALの予約で困る理由

はじめに、このようなケースでの予約になぜ困るのかについて、その理由から述べます。その理由ですが、JALのホームページでは、家族分の席をまとめて購入し、その一人分だけマイルを使って交換と言うことができないからです。つまり、JALのホームページでは、航空券を入手するにあたってマイルを使った交換と通常の購入をまとめてできないんですね。

一方で、後でバシネットの予約を申し込むことを考えると、「航空券を家族分まとめて抑えたい」、と言う状況になるわけです。つまり、まとめるとマイルが使えず、マイルを使おうとするとまとめて買えない、と言う状況になり困るわけですね。

その方法

では、どうしたら良いのかというと。シンプルにマイルを使った交換とそれ以外の通常の購入を別々に行えば大丈夫です。具体的には、上で挙げた夫婦と赤ちゃんの家族の例で考えてみましょうか。

まず、夫の分は、JALのホームページから夫のマイルを使って航空券の席を指定せずに交換をします。次に妻と赤ちゃんの分は、妻の名義で航空券を普通に購入します。このとき妻の分は、妻のお得意様番号で購入し、予約時に幼児の人数も忘れずに入力し席を指定せずに購入してください。この段階で、夫と妻それぞれが別々に航空券を手配した状況となります。

次に、JALのサポート窓口に電話をし、『マイルを使った特典航空券・アップグレード特典の予約・変更・取消・座席指定については「2」』の2に問い合わせをします。サポートのオペレーターにつながったら、「家族で3人でハワイ行きの便を取ったが、別々に購入している状況。赤ちゃんがいるのでバシネットを使える席を予約したい。」と言う趣旨を伝えます。この時に、オペレーターから夫、妻、赤ちゃんの氏名、夫のお得意様番号、妻のお得様番号を確認されるので、お得様番号の準備を忘れずにしてください。

必要な情報を伝え、オペレーター側で航空券のマイルでの交換および購入していることが確認できると、「承りました」と言うことになります。また、この時点ですぐ自分の席がわかるわけではなく、「○○時頃にお座席がわかりますので、JALのホームページからご確認ください」と言うことになります。

そして。指定された時間にJALのホームページで確認すると、バシネットが使える座席が手配されていることが確認できます。ただ、席の状況次第では、必ずしも夫婦で隣り合った席にならない可能性もあります。この場合、少なくとも赤ちゃんと一緒の妻の席はバシネットが使える席となりますが、夫の分は隣ではなくその近辺の席となります。

JALのオペレーターに電話を繋ぐ方法

以上が、JALでバシネットの席を取りつつ家族の一席分はマイルで予約する方法です。

ところで。ご紹介した方法では、JALの問い合わせ窓口に電話をする必要があるのですが、これがいつかけてもなかなか繋がらず待たされることになります。この時、問い合わせの電話番号がフリーダイヤルならば、まだ待つことも我慢できます。ですが、JALの番号はナビダイヤルとなっており有料です。そのため、オペレーターに繋がらず待たされる時間が5分を超えてくると、「オペレーターを待つ時間だけでもお金が取られるのに・・・」といらいらして切りたくなります。

そこをぐっと堪えて待ち続けるのが、待ち続けるのがオペレーターに繋ぐためのポイントです。ここで切って再度かけ直すと、また長時間待たされることになります。他の方法として、お問い合わせの受付が始まる朝8時直後を狙うのもオススメですね。

Return Top