Read Article

JALのスタッフから聞いた赤ちゃんとのハワイ旅行で役立つマメ知識

JALのスタッフから聞いた赤ちゃんとのハワイ旅行で役立つマメ知識

赤ちゃんとのハワイ旅行にあたり、JALを利用する人に伝えたい情報です。

私は、子供が10ヶ月の赤ちゃんの時JALでハワイ旅行をしました。その際、JALのスタッフから、赤ちゃんとのハワイ旅行で役立つマメ知識を聞きました。それをご紹介します。

ベビーカー、チャイルドシートは荷物としてカウントされない

では最初のマメ知識として、ベビーカー、チャイルドシートの持ち込みに関することです。

日本で使っているベビーカーや車につけるチャイルドシートを持って行きたい場合。JALではそれらの荷物は通常の荷物としてカウントされず無料で預けることができます。

逆に言うと、原則としては飛行機に無料で預けられる荷物には範囲があると言うことです。具体的には、この記事を書いている現在JALのハワイ便で無料で預けられる範囲は、エコノミークラスで2個、ビジネスクラス以上で3個までとなっています。

そしてベビーカーやチャイルドシートはその荷物の無料の範囲の数としてはカウントされないと言うことなんですね。つまり、ベビーカーやチャイルドシートを日本から持参したいときは、荷物の無料の範囲を気にする必要がないということです。

ただし、今後JALのサービス内容が変わる可能性は考えられます。なので、自分が実際にベビーカーやチャイルドシートをハワイに持参するときには、常に最新情報を確認してください。

ベビーカーやチャイルドシートは、優先して出てくる

さて、ベビーカーやチャイルドシートを持参する際。JALの場合は、手荷物受け取りで、それらが優先して先に出て来ます。

そのため、手荷物受け取り待ちの手間は、普通に預ける荷物が増えるよりは、楽です。実際、私は、ホノルル空港に到着した際、ベビーカーやチャイルドシートがまず先に出てくる様子を見ました。

で、私はその時は、ベビーカーを持ち込まなかったのですが、「だったら、持ち込んでも荷物を待つ手間は増えなかったんだな」と思うことになりました。

待ち時間が増えるのが手間で、持ち込まないことを考えていた場合は、その必要はないということです。

ビジネスクラスでもバシネットをつけられる

また、私がJALのスタッフから聞いて「へぇー、そうだったのか」ということとして、「ビジネスクラスでもバシネットをつけられること」がありました。

バシネットとは、飛行機内で規定のサイズ以下の赤ちゃんが利用できるベビーベットのようなものです。バシネットを装着するためには壁が必要なので、バシネットが使える席は限られます。

詳しく述べると、バシネットの使える席は、座席の1塊のブロックの前方の席に限られることになります。そのため、バシネットの使える席はエコノミークラスでも足が投げ出せるほど足元が広い席を利用できます。

で、私は、このバシネットをつけられるのは、エコノミークラスだけだと思い込んでいました。ですが、実はビジネスクラスの席にもバシネットがつけられたわけです。

実際、この記事のトップの写真がJALのビジネスクラスでバシネットをつけられる席の様子です。親がより快適な座り心地を求めるならば、ビジネスクラスでバシネットを使うと言う選択肢もあります。

ただ、ビジネスクラスの場合でもバシネットをつけられる席は、前方の席となります。そのため赤ちゃんが泣いたり、ぐずったりしてあやしたい場合に、ほかの乗客の迷惑となりにくい非常出口の前あたりに避難するのが少々手間になります。

またビジネスクラスでバシネットをつけられる席は、エコノミークラスに比べて少ないというデメリットもあります。そのため、赤ちゃん連れの予約が重なってしまった場合は、ビジネスクラスのバシネット席は使えない可能性が高いです。

Return Top