Read Article

ワイキキでの外食に疲れてしまった時にオススメの食事

ワイキキでの外食に疲れてしまった時にオススメの食事

今回は、初めのてハワイ旅行中にする食事の仕方を検討している人に伝えたい情報です。

ハワイは外食に疲れやすい旅行先

「もう外食するのに疲れた…。」

ハワイ旅行中にワイキキの飲食店で毎日外食をしていると、このように思うことがあります。

というのも、米国サイズの食事の量や油の多さによる胃袋の疲れや、英語で注文することやチップの額を考える気疲れから、飲食店で外食するのが面倒になってしまうのです。

そもそも、日本においても、昼食、夕食を外食し続けると疲れますよね。それが、米国サイズの食事を続けることになるため、より疲れやすくなります。

そこで、このようにワイキキでの外食に疲れてしまった時にオススメの食事についてご紹介します。

ホールフーズ・マーケット ホノルル店のサラダバー

そのような時にお勧めしたい食事の仕方として、ホールフーズ・マーケット カハラ店のサラダバーを利用する方法があります。

ホールフーズ・マーケット カハラ店は、ワイキキから車で15分の距離にあるオーガニック製品を中心としたスーパーマーケットです。ホールフーズは、カハラ・モールと言うショッピングモールの一部にあり、やや高めで品質の良い食品を扱っています。

このお店はハワイ在住者に人気があるだけではなく、この店の商品をお土産として買うための日本人観光客にとっても人気があります。

ホールフーズ独自ブランドのハチミツホールフーズ独自ブランドのハチミツ

以下は、このお店の基本情報なのですが、特にFacebookのページがオススメです。英語ですがこのお店の写真が多数見られるので、お店の雰囲気がよく分かります。

基本情報

量売りのサラダバーがナイス

では、なぜ外食に疲れた時の食事として、この店がお勧めなのかというと、重さの量売りで買うことができるサラダバーがあるからです。つまり、このサラダバーを利用した食事が、外食で疲れた時にお勧めです。

具体的には、この店のサラダバーでサラダを買い、必要があれば加えてパンなどの主食を買い、宿泊先の部屋や公園などでゆっくり食べる、と言う食事をします。

サラダバーですので、あっさりしたものを中心に選べば、疲れた胃にも優しい食事になります。また、量り売りなので、適量を自分で測ることもできます。量として1lb(ポンド=約453グラム)も買えば、大人二人の1食分にはなります。

一方、「サラダだけじゃ腹の足しにならないのでは?」と思う方でも、心配ありません。このお店のサラダバーでは、シンプルな生野菜だけではなく、豆を使ったサラダ、ターキー入りサラダ、クスクスの入ったサラダなど、ちょっとしたおかずになる料理を買えるからです。また、食べたければハムやチキンなどの肉料理もあります。

このように、その料理の内容としても、量としても、このサラダバーは、外食に疲れた時に、あっさりとしたものを気軽に食べたい時の食事として、助かります。

このサラダバーでは、様々な種類のドレッシングが用意されています。なので、自分好みのドレッシングを選び味付けすることもできます。

サラダバーの利用方法

サラダバーの利用方法は、簡単です。このサラダバーは、ホテルの朝食によくあるビュッフェ(いわゆる日本式バイキング)のように利用します。

サラダバーのそばには専用の紙でできた箱があり、その箱に食べたいサラダを詰めます。箱は大きさで種類があるので、たくさん食べたい場合は大きい箱を利用するとよいです。

会計をしたい場合は、レジにそのサラダを詰めた箱を持って行くと、スタッフが箱の重さを量ってくれます。そして量った重さに応じた金額で会計することになります。

宿泊先に持ち帰る時は、上述のように箱を利用すると良いのですが、この店の外にあるテラス席のテーブルで食事をすることもできます。その場合は、紙の皿を利用してサラダを取ることができます。皿の場合も、それをレジに持っていき、重さを測って会計します。

ワイキキからの行き方

ワイキキから、ホールフーズ・マーケット カハラ店までの行き方として、レンタカーで訪れるのが15分程度なので一番簡単です。カハラ・モールには、無料の駐車場があります。

The Busを利用する場合は、クヒオ通りのバス停から、22番か23番のバスに乗り「Kilauea Ave + Waialae Ave」のバス停で降りると行くことができます。ただし22番のバスは観光客にも人気の路線で乗員が満員の場合は、乗車できない可能性があるので気をつけてください。

ほか、ワイキキトロリーや、ツアー旅行客専用のトロリーなどでも、カハラモールは行けます。一方、徒歩で行くのはオススメしません。ワイキキの中心部から1時間以上かかるため、時間的にも体力的にももったいないです。

ので、カハラモールまでは、何らかの交通機関を利用してアクセスするのが良いです。

Return Top