Read Article

ハワイ出張の旅程を月曜着にして後悔した体験談

ハワイ出張の旅程を月曜着にして後悔した体験談

今回は、これから初めてのハワイ出張をする人のうち、その旅程を検討している人に伝えたい情報です。

そのご参考に、私がハワイ現地に月曜日に到着する旅程でハワイ出張をした時の辛かった体験をご紹介します。

月曜着の旅程にした理由

私は、2018年1月にしたハワイ出張では、ハワイ現地に月曜日に到着する旅程にしました。

なぜこの旅程にしたかというと、その週において、月曜着にすると飛行機のチケット代が一番安かったからです。

例えば、その前日の日曜着の便を選ぶと、数千円単位でチケット代が高くなる状況でした。可能な限り費用を節約するために、月曜着の便を選びました。

そして、私は、ハワイについた当日から、ハワイ現地のお客さんと打ち合わせの予定を入れていました。

到着日から仕事を入れると眠い

さて、一般的に日本からハワイに到着した初日は、時差ボケの影響でとても眠くなりやすいと言われています。というのも、日本からハワイに向かう便は、日本の夜に出発し、ハワイの午前に到着するスケジュールのものが多いからです。

その機内でうまく眠れないと、要するに徹夜明けのような体調で、ハワイ到着日を迎えることになります。これが、ハワイ到着日が眠くなりやすい理由です。つまり、ハワイ到着日から仕事の予定を入れると、そのように眠い体調で仕事をすることになる可能性があるわけですね。

私は飛行機ではうまく眠れないタイプで、実際、2018年1月のハワイ出張でも、行きの機内ではよく眠れませんでした。結果、徹夜明けのような体調で初日を迎えることになり、その上、仕事の予定が入っていたので、辛かったです。

これが旅行目的であれば、月曜に到着したとしても、「仮眠しよう」のように過ごすことができました。一方で、出張の場合、それが難しくなりました。ハワイ現地の人が仕事をしている平日の曜日に、予定を合わせる必要があったからです。

ハワイ現地で働く人に、「私の旅程に合わせて、土日でも仕事の打ち合わせをしましょう」とは、なかなか言えません。なので、自分のハワイ滞在中の平日の曜日は、現地の人と仕事の予定を入れられる貴重な日になります。

結果として、ハワイ出張中、平日は、可能な限り予定を入れたくなってしまうんですね。月曜着の旅程を立てた場合は、月曜から仕事の予定を入れたい心理になります。

到着日は仕事を入れないか、日曜着にする

ですが、ハワイの月曜に到着し、その日から仕事の予定を入れると、私の2018年1月のハワイ出張のように「眠くて辛い」状況にもなる可能性があります。

なので、今にして思うと、「到着日は仕事の予定を入れない方がよかったな」と感じています。到着日に仕事の予定があると、眠くて辛かったからです。

ただ、上述の通り、仕事目的ですと、平日は、どうしても仕事の予定を入れたくなります。現地の人と仕事の打ち合わせの予定を立てやすい貴重な機会となるからです。

なので、多少航空券のチケット代が高くなっても、「日曜着で旅程を立てる」というのも、方法だと感じました。

Return Top