Read Article

カカアコの高級コンドミニアムでできたスペシャルな体験

カカアコの高級コンドミニアムでできたスペシャルな体験

以前、「女性のハワイ旅!カイルアにairbnbで宿泊したからできた感動の体験」をご紹介しましたが、今回は、その続編になります。

前回の記事でも述べましたが、これは私が女性二人でオアフ島を旅行した時の体験談です。

当時の日程は、オアフ島5日間のうち、カイルアにairbnbで2泊、カカアコ・ワードにairbnbで1泊、ワイキキのホテルに1泊というスケジュールでした。

今回は、そのうちの、カカアコ・ワード地区にある、高級コンドミニアムに1泊したときの体験をご紹介しましょう。

このエリアだからこそできたスペシャルな体験

まず概要として、このエリアだからこそできた、スペシャルな体験を挙げてみますと…。

  • 新しくて綺麗な高級コンドミニアムだった
  • 高級ホテルのスイート並みの部屋を格安で利用できた
  • バスルームがゲスト専用のためプライベートも確保
  • ワイキキまで車で10分と好アクセス
  • 高層40階からのワイキキの夜景がプライスレス
  • 金曜日の夜だったため、ヒルトンの花火が部屋から見られた
  • ホストと仲良くなり、地元おすすめのレストランとクラブを、地元感覚で楽しめた
  • カカアコの高級コンドミニアムの住人に1日だけなれた

ざっとこんな感じになります。以上を読むだけでも、このエリアに泊まる魅力がわかりますよね。

それでは今回の体験の詳細を、詳しくご説明していきましょう。

カカアコ・ワードにあるコンドミニアムを選んだ理由

この時、カカアコ・ワードのコンドミニアムを選んだ理由ですが、宿泊費用の予算を抑えたかったからです。最終日のワイキキに予約したホテルの値段がはずんでいたので、airbnbを利用してその予算を抑えたかったんですね。

また、カイルアでは一軒家に宿泊したので、違ったタイプの住居に興味があり、コンドミニアムを選びました。また予約する時、写真で見る限りは、部屋からの眺めがよく、新しそうでとても良い印象でした。これらもこのエリアのコンドミニアムに選ぶことにした理由です。

そして、airbnbの宿泊先を決める一番大切な要素として、過去に宿泊した人によるレビューがあります。この時泊まったコンドミニアムの部屋は、全て5つ星だったんですね。なので、信頼できるホストと思いました。

レビューには、「正確さ」「コミュニケーション」「清潔さ」「ロケーション」「チェックイン」「コスパ」があります。平均的に良い体験でも、何かしらは4になっていて、総合すると4.5ぐらいになるのが普通です。

つまり、レビュー数が多いのにオール5というのは、とても良いホストの部屋ということです。また、レビュー数の多さは、人気部屋だということも判断できます。

結果として、カカアコにあるコンドミニアムの40階、airbnbレビュー5つ星の部屋を、1泊120ドルで予約しました。その当時、オアフ島のホテル代の平均は、1泊$200以上でしたので、お得なことがわかりますよね。

チェックインにおけるコミュニケーションの重要性

さて。チェックイン当日は、レンタカーで移動していたので、夕方までワイキキで遊んでいました。airbnbのウェブで提示されていたチェックイン時間は15時でしたが、移動の途中でワイキキに立ち寄りお店をのぞいてみたかったので、「18時ぐらいにホストの家に着く」と、当日に携帯電話で連絡しました。

この時、「Wi-Fi付きGPSと携帯電話のセットが利用できてよかった」と思うことになりました。なぜなら、これらがないと、ホストとコミュニケーションが取れず、ヒヤヒヤすることになったからです。

結果としてワイキキに少し長めにいて、1時間遅れの19時到着となり、ホストを待たせてしまい「申し訳ない」と感じました。この辺りのコミュニケーションが、airbnbでのチェックインのキモになりますね。

というのも、これがホテルに宿泊する場合は、チェックイン時間の遅れをそれほど意識する必要がないからです。

実際のチェックインでは戸惑うことになった

レンタカーで住所が記載された建物に行ってみると、少し混乱してしまいました。というのも、この建物に入り口が2つあったからです。

そこで大通りの入り口に立っていたバレットパーキングの係に聞いてみることにしました。その結果、「このコンドミニアムで合っている」との返事をもらったので、そこから電話をしてホストを呼ぶことになりました。

この時の教訓として、airbnbでのチェックインの時間と場所は、正確に確実に、事前に決めたほうがスムーズということを学びました。

ホテルではないので、チェックイン時にはホストにいてもらう必要がありますし、交通手段や落ち合う場所を、事前にシェアしているほうが安心です。

いよいよコンドミニアムに到着!

案内された部屋は、予想以上に素晴らしい部屋でした。というのも、40階から見えるワイキキの夜景が、部屋から続くリビングいっぱいに広がり、一気にラグジュアリーな気分になったからです。もしワイキキのホテルだったら5倍以上の値段をとってもおかしくないレベルです。

バスルームはゲスト専用で、ホストと立ち会う可能性もありません。部屋のサイズはツインベッドと2人分のスーツケースを広げるといっぱいになるぐらいの広さでしたが、リビングとキッチンが共有で使えるので、とても広く感じました。

5階には、専用プールにジャグジー、ジム、BBQ、シアタールームがあり、人がほとんどいなくてプライベート感たっぷり。ホストに聞くと、新しいコンドミニアムでまだ完成から2年しか経っていないとのことでした。

また、日の出と日の入りが見られる角に面したオーシャンビュー兼シティビューの部屋だったので、ハワイのサンセットを高層階から眺めることができたんです。

19時到着でサンセットは見逃してしまいましたが、その代わりに、毎週金曜日の19:30過ぎにヒルトン・ハワイアン・ビレッジから打ち上がる花火を、偶然にも部屋から見ることができました。事前に知っていたわけではなかったので、とても得をした気分になりました。

夜の過ごし方

お腹が空いていたので近くのおすすめレストランをホストに聞き、都合が良さそうだったのでホストもお誘いしたところ、一緒にディナーをすることになりました。

初めての土地は詳しい人にいてもらったほうが安心ですし、ローカルとコミュニケーションをとるのもairbnbの楽しさのひとつです。このあたりの仲良くなり具合は、お互いの相性やスケジュール、タイミングがあり、人によってそれぞれ違いますので、ご参考程度にしてくださいね。

その後、部屋でワインを開け気分もほろ酔いに。大人女子の旅なので、夜も自由に行動できます。ローカルに人気で安全なナイトクラブに行きたいとおすすめを聞いたところ、ホストが友人に連絡を取ってくれ、ゲスト枠で入ることができました。

移動はもちろんタクシーでしたが、10ドル程度です。めいいっぱい満喫して、また安全に帰宅することができました。

こうして、ワード・カカアコのairbnb体験は瞬く間に時間が過ぎていったのでした。

穴場スポット、カカアコのコンドミニアム

この時の体験から、「暮らすように旅する」スタイルの人にとって、ワード・カカアコのコンドミニアムは穴場のスポットとわかりました。ワイキキから車で10分、夜はタクシー移動と割り切れば、特に不自由を感じない立地も良かったです。

また、「ワイキキからほんの一足!アラモアナ&カカアコ地区で旅の魅力が増す理由」の記事でご紹介した通り、この地区は、新しいコンドミニアムが立ち並ぶ地域で、治安も良く、ハワイの最新地区になっているんですね。

この記事を読んで興味がわいたら、このエリアのコンドミニアムを宿泊先の選択肢として加えてみてはいかがでしょうか?とてもユニークでスペシャルな体験が待っていますよ。

Return Top