Read Article

トロリーとTheBusを初利用の人が知っておくべき注意点

トロリーとTheBusを初利用の人が知っておくべき注意点

今回は、ハワイ旅行中の交通手段として、トロリーやTheBusを初めて利用する人への注意点をご紹介します。

トロリーとTheBusの基本

はじめに、それぞれについて簡単にご紹介すると。まずトロリーと言うのは、オアフ島のホノルル周辺を走っている観光客向けのオープンエアのバスです。

トロリーは、大きく2つにわけることができます。1つは、ワイキキトロリーでこちらはお金を払えば誰でも乗れるものです。もう1つは、旅行会社が自社のツアー利用者に提供するトロリーで、JTBの’OLI’OLIトロリー、JALパックのレインボートロリー、H.I.S.のレアレアトロリーなどがあります。

一方TheBusは、主にハワイに暮らすローカル向けの路線バスです。トロリーのコースの範囲が、ホノルル周辺に限られるの対し、TheBusは、オアフ島全体をその範囲としています。

TheBusは運賃がトロリーに比べお得な反面、その車内の雰囲気は結構殺伐としてます。観光客向けの乗りものではないからです。

来た車両に必ず乗れるとは限らない

以上、簡単にトロリーとTheBusについてご紹介しました。で、これらの交通手段を使うときの注意点をご紹介すると。

一番注意して欲しいのが、トロリーでもTheBusでも、「バス停で待っていて、目当ての路線の車両が来たとしても、その車両に必ず乗れるとは限らない」と言うことです。

なぜかというと、その車内が混雑している場合に、乗れないことがあるからです。トロリーの場合は、ワイキキトロリーで、そのようなことが発生することが多いです。

と言うのも。上で述べた通り、ワイキキトロリーはお金を払えば誰でも乗れる交通手段なので、混むときは本当に混むんですね。ワイキキトロリーには、いくつか路線があるのですが、その中でもワイキキ周辺を周遊するピンクラインは、特に混むことが多いです。

なぜ混むのかですが、他の路線に比べ、ピンクラインは利用料が安いからです。また、ピンクラインは、特定のクレジットカードの利用者や、特定のホテルの宿泊者が、その特典で無料で利用できます。これも混む理由の1つです。

なので、ピンクラインのバス停に行列ができている場合。来た車両が混んでいると、すぐに自分は乗れず、見送る場合があります。

ワイキキトロリーには、このようなことがあるので、パッケージツアーでハワイを訪れた人は、積極的にツアー専用のトロリーを利用したほうがよいです。ワイキキトロリーと比較して、ツアー専用のトロリーは空いていることが多いからです。

ちなみに、厳密に言うとH.I.S.のレアレアトロリーは、お金を払うことで、H.I.S.のツアー客以外も利用できます。なので、ワイキキトロリーと同様混む可能性は考えられます。ですが、ワイキキトロリーほどは混みにくいです。と言うのも、レアレアトロリーは、ワイキキトロリーほど知名度がないからです。

TheBusはバス停を素通りすることさえある

次にTheBusの場合です。こちらも混雑している場合は、バス停で目当ての路線のバスが来ても、その車両に乗れないことがあります。特に、オアフ島の人気観光スポットの近くを通る路線は、混雑することが多く、乗れない可能性が高くなります。

TheBusは、車内が本当に混んでいる場合は、本来その路線のバスが停まるべきバス停に停まらず、素通りすることさえあります。

このとき、この事実を知らないと、「えっ!?あの路線のバスに乗りたかったのに、どうして停まらなかったんだろう?」と思うことになります。そして、待つべきバス停を「間違えているのかな?」と不安になります。

なので、「TheBusは混んでいるとバス停を素通りする」と言うことを事前に知っておいたほうがよいです。

またこのような事情があるので、TheBusは、時刻表通りに行動できない前提で余裕を持って利用するべきです。

たとえば、イオラニ宮殿内の見学ツアーやホノルル美術館のシャングリラツアーは、現地まではなんらかの交通手段での移動が必要になります。ワイキキから送迎があるツアーではないからです。

そしてこのツアーに参加するため、現地までTheBusを使う際には、時間に余裕を持って行動したほうがよいです。ツアーのスタート時間に間に合うように移動する必要があるからです。もし不安な場合は、お金がかかってもタクシーで移動したほうが安心できます。

送迎のみのオプショナルツアーを活用する

TheBusのほかの注意点として。TheBusのバス停は、そのバス停から最寄りの観光スポットまで歩くことが多いです。

そのように最寄りのバス停から結構な距離を歩くことになる観光スポットは、ダイヤモンドヘッド、ハナウマ湾、マカプウ岬、マノア渓谷…などなど、本当にたくさんあります。

つまり、TheBusで移動する場合、目当ての観光スポットを楽しむ前に、それなりの距離を歩くことになり体力を使います。

このように、TheBusには、混んでいる場合は乗れない、最寄りの目当ての観光スポットまでは結構歩く、と言う特徴があります。なので、「ここぞ」と言う観光スポットへの移動には、送迎のみのオプショナルツアーを活用するほうがオススメです。

なぜなら、送迎のみのオプショナルツアーは、目当ての観光スポットの駐車場まで送ってくれるからです。TheBusのように、最寄りのバス停から歩くことにはならないわけです。

また、その参加費用も、ワイキキ周辺の観光スポットであればそれほど高くはなりません。人数と場所にもよりますが2〜4人くらいであれば、タクシーで移動するよりも、送迎のみのオプショナルツアーのほうがお得な観光スポットもあります。たとえば、ダイヤモンドヘッドなどが、そうです。

TheBusでの移動を中心に考えていた場合は、このような感じで、適材適所で送迎のみのオプショナルツアーを活用すると、ハワイ旅行がより快適になりますよ。

ヒデ

2008年の初ハワイ旅行をきっかけに、家族旅行、仕事のために一人で出張、短期滞在、長期滞在、など様々なシチュエーションでハワイを訪れています。その経験を共有し、これから初ハワイ旅行の人に役立てたいと考え、このサイトを立ち上げました。
ヒデよりご挨拶

Return Top