はじめてのハワイ旅行

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの駐車場を初めて利用する人が戸惑うポイント

2019年7月22日
ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの駐車場を初めて利用する人が戸惑うポイント

今回は、ハワイ旅行でオアフ島のヒルトン・ハワイアン・ビレッジ内の宿泊施設に泊まる人のうち、レンタカーでアクセスするのが初めての人に伝えたい情報です。

お伝えしたいのは、ハワイアン・ビレッジの駐車場を初めて利用する人が戸惑うであろうポイントです。

私は、これまでこの施設の駐車場を何度か利用しており、直近では2019年1月に利用しました。その時の体験、および、これまでの経験から感じた戸惑うポイントをご紹介します。

駐車場の入り口が2箇所ある

ハワイアン・ビレッジの駐車場が初めての人にまずお伝えしたいのが、ハワイアン・ビレッジの敷地内における駐車場の立地です。というのも、ハワイアン・ビレッジの敷地がとても広いため、その立地の把握が重要だからです。

Googleマップで、その立地をご紹介すると、次のリンクから、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの駐車場の位置がわかります。

Googleマップでヒルトン・ハワイアン・ビレッジの駐車場の検索結果を見る

ただし。この記事を書いている現在、上の地図で「ヒルトングランドヴァケーション 駐車場」というピンが指している場所は、デュークス・ラグーン・ドライブ側の入り口のあたりに過ぎません。実際には、このピンが差している建物全体が広大な駐車場となっています。

そして、戸惑うこととしてご紹介したいのが、この駐車場の入り口が、このデュークス・ラグーン・ドライブの反対側にもあることです。つまり、駐車場の出入り口が2つあるということですね。

次のリンクから、ハワイアン・ビレッジの公式サイトのリゾート・アクティビティのページにある、インサイド・ガイドという宿泊者向けの資料が確認できます。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ: インサイド・ガイド・ニュースレター(PDF)

この記事を書いている現在、この資料の最後となる12ページ目に、ハワイアン・ビレッジのわかりやすい館内図があります。その地図の左下にミッドパシフィック・ コンファレンス・センターという建物のエリアがありますが、こちらがハワイアン・ビレッジの駐車場となる建物です。

そして、この建物に駐車場入口が2つあることが、地図上でも確認できます。この2つの入り口は、アラモアナ通り側から行くか、カリア通り側から行くかで、アクセスのしやすさが変わり、慣れていれば、使い分けるのも良いです。ただ、慣れるまでは、どちらか1つに固定して使う方が戸惑わずに済みます。

宿泊者はルームキーのカードで駐車場のゲートを開ける

次に戸惑うポイントとしてご紹介したいのは、実際にハワイアン・ビレッジの駐車場の入り口までアクセスできたとして、その駐車場への入り方です。

この施設の駐車場の入り口には、宿泊者向けに部屋のルームキーのカードをピッと当てる機械が設置されています。次の写真のものです。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ駐車場のルームキーを当てる機械
ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ駐車場のルームキーを当てる機械

つまり、宿泊者がこの駐車場を利用したい場合は、チェックインの手続き終え、ルームキーを持っていることが前提となっています。さらに、フロントでそのルームキーを貰う際に、「駐車場を使いたい」ということを伝えて、カードキーに対して駐車場を使えるように処理をしてもらう必要があります。

そのため、例えば、ホノルル空港で車を借りて、そのままハワイアン・ビレッジに向かう場合は、まずは、自分が宿泊する棟の最寄りの車寄せなどに車を停めて、チェックイン手続きをする必要があります。まず宿泊者として駐車場を使えるルームキーを手に入れる必要があるからです。

ちなみに、私は、以前ハワイアン・ビレッジ内に事務所を構えるレンタカー会社で、日帰りでレンタカーを借りたことがあります。この場合も、ハワイアン・ビレッジの駐車場内にあるレンタカー会社の車を利用することになったのですが、ルームキーの処理を意識する必要はありませんでした。

というのも、レンタカー会社の駐車カードのようなもので、ハワイアン・ビレッジの駐車場に出入りできたからです。この場合、宿泊者以外もレンタカーを使う可能性があるので、当然と言えば当然なのですが、ポイントは、「ハワイアン・ビレッジの宿泊者の場合は、駐車場の出入りのために、フロントでそれができるように処理してもったルームキーが必要になる」ということです。

バレーパーキング専用の駐車場所と駐車する位置

最後に戸惑うポイントとして、実際にハワイアン・ビレッジの駐車場に入れた後の車を駐車する位置があります。

まず注意した方が良いのは、この駐車場の低層階のエリアには、バレーパーキング専用の駐車エリアがあり、そこには駐車できないことです。バレー専用の駐車エリアには、その旨を示す注意書きが書いてあるのですが、それが何を意味するのか知らない人からすると、間違って停めてしまう可能性があります。

次に、駐車しても問題ないところが見つかったとしても、「空いている」と、すぐに飛び着いて駐車をしない方が良いです。というのも、ハワイアン・ビレッジの駐車場はとても広く、その駐車場所次第では、自分が宿泊している建物まで、かなり歩く羽目になるからです。

そのため、理想を言いますと、自分が宿泊している棟の最寄りの駐車場所に停められると良いです。それには駐車場内において、自分のいる位置と宿泊している棟の方向を把握する必要があり、慣れるまではちょっと難しいです。

また、この記事の最初でご紹介した通り、駐車場の入り口が2つあり、そのどちらから入ったかで、その位置関係が真逆になります。ということからも、慣れるまでは、1つの出入り口を使うようにして、その位置関係を把握しやすくしておく方が良いです。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE