はじめてのハワイ旅行

インターナショナルマーケットプレイスの駐車場が日本人旅行者にも利用しやすいと感じた理由

インターナショナルマーケットプレイスの駐車場が日本人旅行者にも利用しやすいと感じた理由

今回は、ハワイ旅行で、オアフ島のワイキキ内で一時的に利用する駐車場を探している人に伝えたい情報です。

私は、2019年1月にオアフ島に滞在していたのですが、そのときにワイキキのインターナショナルマーケットプレイスの駐車場を、ワイキキの中心部でランチをするために利用しました。

その結果、「日本人旅行者にとっても利用しやすい駐車場だな」と感じました。その理由をご紹介します。

駐車場の入り口がわかりやすく、入りやすい

そう感じた理由がいくつかあるのですが、1つ目の理由として、インターナショナルマーケットプレイスの駐車場の入り口のわかりやすさがありました。

次のリンクから、Googleマップでこの駐車場の入り口の場所を確認できます。

Googleマップでインターナショナルマーケットプレイス駐車場の場所を見る

見ると、ワイキキのクヒオ通り沿いにその入り口があることがわかります。またWalina Stとの交差点になっていることもわかるはずです。

そして、この記事のトップの写真が、2019年1月に撮影したその交差点の様子です。この交差点からこの駐車場には、クヒオ通りから右折する形でも入れますし、Walina Stから直進する形でも入れ、とても利用しやすかったです。

ちなみに、この記事を書いている現在では、Googleストリートビューのこの辺りの最新の撮影年が2011年と古く、リニューアル前の古いインターナショナルマーケットプレイスの頃の様子しかわかりません。

現在は、この記事のトップの写真のように駐車場の入り口がわかりやすく整備され、とても入りやすくなっています。

駐車場内が広く停めやすい

この入り口から車で入っていくと、ゲートにある機械で駐車券を受け取り、その先は自走式の立体駐車場となり、上階に向かう上り坂を進むことになります。

そして、登って行くとまずバレーパーキングのエリアがあり、そこからさらに進み坂道を登り切ると、自分で駐車するセルフパーキングのフロアになります。

次の写真が、そのセルフパーキングのフロアの様子なのですが、ワイキキの中心部内の駐車場としては、とても広い印象を私は持ちました。

インターナショナルマーケットプレイスのセルフパーキングのフロアの様子
インターナショナルマーケットプレイスのセルフパーキングのフロアの様子

また、1台駐める駐車ロットも、私がそのときレンタルしていた4ドアのセダンに対しては、十分な広さがありました。輪留めこそないものの、駐車はしやすいと感じました。

私が利用した時は、インターナショナルマーケットプレイスの下階につながるエレベーターホール近辺こそ、車がたくさん駐車していました。一方で、その付近を避けると、ガラガラの状態でした。なので、その空いている場所を選べば、駐車時に他の車にぶつけてしまうことも避けられました。

クレジットカードで支払いができなかった以外は支払いがわかりやすい

また、この駐車場を利用するにあたり、その支払いの料金システムも分かりやすかったです。

というのも、日本でもよくある、入庫時にゲートで駐車券を受け取り、支払い時はエレベーターホールにある料金精算機に駐車券を入れ料金を計算し、その額を支払うシステムとなっていたからです。

ただ、私がその料金を支払おうとした時は、クレジットカードでの支払いができませんでした。Amex、Visa、Masterの3枚のカードを試しましたがどれもダメでした。おそらく、日本で発行したクレジットカードは認識されず、使えないのかもしれません。

というわけで、現金で支払うことになりましたが、少なくとも、この料金システムの利用の流れとしては、日本人旅行者にも分かりやすいものでよかったです。

ちなみに、その駐車料金については、インターナショナルマーケットプレイス公式サイトのご案内のページに記載があります。

またこの駐車場自体の立地も、ワイキキの中心部でランチをする目的で便利でした。私は、この駐車場に車を停めた後、ワイキキの中心部にある客先のオフィスを訪れた後、ロイヤルハワイアンセンターにランチに行く予定でした。その目的でこの駐車場の場所はとても便利でした。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE