Read Article

ハワイ出張の向けの現地SIMを「こう選びました」と言う話

ハワイ出張の向けの現地SIMを「こう選びました」と言う話

今回は、ハワイ旅行に向けて、日本から持ち込んだSIMフリースマホ向けに現地で使えるSIMを探している人に伝えたい情報です。

私は、2018年1月にハワイ出張を予定しています。そのハワイ出張に向けて、現地SIMを「このように準備しました」ということをご紹介します。

選択肢がたくさんある

ハワイで使える現地SIMの選択肢は、本当にたくさんあります。アメリカの大手キャリアが提供するプリペイドサービスのほか、そのMVNOのサービスもたくさんあるからです。

それらのうち、私がハワイ旅行に向けて、最近よく使う現地SIM業者のは、次の2つです。

なぜこの2つをよく使うかというと、日本でSIM本体そのものを手に入れやすいからです。

例えば、h2o WirelessのSIMであれば、 KDDI x H2O日本のAmazonisoon.orgなどで購入できます。

また、ZIP SIMであれば、ZIP SIMの公式サイト日本のAmazonなどで購入できます。このように、この2業者のSIMは、現在、日本でそのSIM本体を手に入れやすいという特徴があります。

isoon.orgでh2oのSIMを買うことにした理由

そして、私は、次のハワイ出張に向けて利用する現地SIMの準備方法として、isoon.orgでh2oのSIMを買うことにしました。

なぜかというと、この業者では、ハワイ出張の出発予定の2、3日前に、アクティベーション作業を業者側で行ってくれるからです。結果、ハワイ現地で使う808始まりの電話番号を事前に知ることができます。

これが出張目的のハワイ旅行では、ありがたいと感じています。というのも、ハワイに行く前に、連絡を取る予定のハワイの現地の方々に、自分の携帯番号を伝えられるからです。特に、到着日から予定が入っている場合は、先方に「何かあったら、この番号にご連絡ください」と伝えられ助かります。

「事前に発行されるハワイのローカル番号を知りたい」という目的だけであれば、KDDI x H2Oを利用した場合も可能です。ただ、こちらの場合は、自分でそのアクティベーションを行う必要があります。

その作業はとても難しいわけではありませんが、isoon.orgの場合は、業者任せにできる点で気楽です。また、私は、これまで何度かハワイ旅行向けに、isoon.orgでh2oのSIMを買い、SIMフリーのiPhoneで無事ハワイで使える経験をしています。これも、isoon.orgを選んだ理由です。

安さだけならZIP SIMだったが選ばなかった理由

私は、このようにh2o wirelessのSIMをisoon.orgで買ったわけですが、その費用は次の通りでした。

SIM+$30データ今だけ4GBセット 並行輸入品: 4,770円(送料込・税込)

これは、私が購入した時点でisoon.orgのサイトで選択できた通話・データプランがセットになったSIMのうち、一番価格が安いものです。

一方で、日本のAmazonでZIP SIMを探してみると、SMS+データ通信500MB、7日間のプランのものが、2,040円となっています。もちろんh2oのSIMはデータ通信の容量が4GBとかなり多く、その期間も30日あることを考慮する必要があります。ですが、ZIP SIMの場合は、通話とデータがセットのプランでも、最安のものは、2000円台で手に入ります。

つまり、安さだけで選ぶならZIP SIMがよかったのですが、今回は、避けました。というのも、私のこれまでの経験では、ZIP SIMが、ホノルル空港についてすぐに使えなかったことがあるからです。

私は、次の出張では、空港に到着してすぐハワイ現地に人に電話をしたいと考えています。なので、今回は、確実なh2o wirelessのSIMを選びました。一方、休暇目的の旅行でそのような事情がなければ、安さでZIP SIMを選ぶのも、ありですね。

Return Top