Read Article

ワイキキビーチの砂の減り具合がわかりやすかった場所

ワイキキビーチの砂の減り具合がわかりやすかった場所

今回は、ハワイ旅行にあたり、ハワイの環境問題が気になる人に伝えたい情報です。昨今、ハワイにおいて、ビーチの砂が侵食されることが問題になっています。

そこで、私が、2018年1月にハワイを訪れた際にワイキキビーチにおいて、砂の減り具合がわかりやすかった場所をご紹介します。

ビーチの浸食が問題となっている

この記事を書いている現在、ハワイのビーチにおいて砂の減少が問題となっています。その事実は、ハワイの地元新聞Star-Advertiserのウェブサイトで、「erosion(浸食)」と言うキーワード検索してみるとわかります。

Star-Advertiserでerosionで検索した記事一覧を見る

この記事を書いている現在では、例えば次のような記事が見つかります。

そして、クヒオビーチの記事の中では、その浸食が起きている原因の1つとして、「気候変動」が挙げられています。

中心部のビーチの砂は減っていない印象を受けた

私は、2018年1月にハワイを訪れたのですが、その際に、この問題について、「実際に砂が減っている様子を見てみたい」と考えていました。そこで、その滞在中に、ワイキキビーチを訪れてその減り具合を確かめてみました。

ところ、まず訪れたワイキキビーチの中心部のエリアは、少なくとも私が訪れたときは、それほど砂が減っている様子がわかりませんでした。具体的には、ホノルルの交番の裏のあたりのビーチです。

Googleストリートビューで、ワイキキビーチの砂の減りが確認できなかったあたりを見る

なので、最初は「ワイキキビーチはそんなに影響がないのかな〜」と思っていました。

一方で、上のストリートビューでその様子を見ると、このビーチは沖の方に防波堤があることがわかりますよね。その防波堤で砂の浸食の影響が少ない可能性も考えられました。

そこで、ビーチ沿いに南東に向かって歩いてみました。

砂の減り具合がわかりやすかった場所

そのようにワイキキビーチの中心部から、南東側に進んで行くと、途中、上で2017年12月に「砂のマットレスで対策をした」と言うクヒオビーチに差し掛かりました。その様子を見てみると、その対策が功をそうしたのか、クヒオビーチでも、それほど砂が減っていると言う印象は持ちませんでした。

一方で。そのまま先にあるクイーンズビーチまで歩いてみると。「あっ、これは凄い」と思えるほど、砂が減っている場所が確認できました。その場所の2014年2月当時の砂があるころの様子を、次のストリートビューで確認できます。

Googleストリートビューで砂がある2014年当時のクイーンズビーチを見る

そして、上のストリートビューとおおよそ同じ位置から撮った2018年1月時点の写真が次のものです。

2018年1月のクイーンズビーチの様子
2018年1月のクイーンズビーチの様子、砂浜だったところがむき出しの岩礁になっている

写真を見ると、2014年当時砂浜だったところがなくなり、海底の岩礁がむき出しになっていることがわかります。この場所では、2014年2月から2018年1月までの、たった4年の時間でこれだけ浸食していることがわかります。ので、10年も経てば全く砂浜がなくなりそうな感じがしました。

写真からは伝わりにくいかも知れませんが、私が現地のこの様子を初めて見たときは、むき出しの傷口を見るような感じで、「はっ」とさせられるものがありました。

ヒデ

2008年の初ハワイ旅行をきっかけに、家族旅行、仕事のために一人で出張、短期滞在、長期滞在、など様々なシチュエーションでハワイを訪れています。その経験を共有し、これから初ハワイ旅行の人に役立てたいと考え、このサイトを立ち上げました。
ヒデよりご挨拶

Return Top