Read Article

ハワイ到着日にワイキキでランチをした店の感想

ハワイ到着日にワイキキでランチをした店の感想

今回は、ハワイ旅行にあたり、到着日にするランチの仕方を検討している人に伝えたい情報です。

そのご参考に、私が2018年1月にしたハワイ出張で、ハワイ到着日にしたランチをした店と、そこで食べた感想をご紹介します。

到着日にランチをした店

では、早速その店からご紹介すると、ワイキキのロイヤルハワイアンセンターの3Fにある北京という中華料理のレストランで食べました。

この店は、これまでのハワイ出張の中で、何度か利用したことがあります。私が、よくお世話になっているハワイのお客さんとワイキキでランチをする際、特に目当てのお店が思いつかない時に、「じゃあ、北京、行きますか?」という感じで行くのが、この店でした。

2018年1月のハワイ出張の時も、そのように「北京で食べますか」という感じで食べることになりました。ただ、ハワイ到着日にこの店でランチをしたのは、これが初めての経験だったと思います。

この出張で訪れた時にも改めて感じましたが、この店のランチは、ワイキキで働く日系企業の駐在員に、良く利用されています。というのも、そうやって私がランチをしていると、その後にお客さんの知人のハワイで働く日系企業の方々が、この店を続々と訪れていたからです。

なので、この店では、日本人の好みに会う料理に期待できるとも言えますね。ハワイに移住した日本人や、駐在中の日本人にも、よく利用されている店だからです。

食べた料理と接客具合

この店では、ランチの時間に訪れるとランチ専用のメニューがあります。この出張時には、そのランチメニューにあった、ガーリックチャーハンを注文しました。次の写真のものです。

ロイヤルハワイアンセンターの中華レストラン北京のガーリックチャーハン
北京のガーリックチャーハン、日本だったら2人前分のボリューム

この料理の注文にあたり、接客してくれたスタッフは、日本語が全く通じない人でした。ちなみに、これまで私が何度かこの店を利用した中でも、日本語ができるスタッフに対応してもらったことは一度もありません。

この店には、日本語のメニューもあり、現地の日本人だけでなく、日本人観光客も良く利用している店だと思われます。そのような店でも、日本語ができるスタッフがいるとは限らないわけですね。そのため注文時には、英語で料理の名前を伝える必要がありました。ただ、このように日本語は通じませんが、そのスタッフの接客態度は、お昼時ということを考えると丁寧な印象を持ちました。

上の写真からはボリューム感が掴みにくいと思いますが、このチャーハンは、日本で食べるなら2人前くらいのボリュームでした。

私は、飛行機の機内で寝るのが苦手なので、日本の夜に出発するハワイ旅行の到着日の体調は、ほぼ徹夜明けのような状態となります。その体調で、このボリュームのチャーハンを食べることになり、目の前に料理がおかれたときは、結構焦りました。

結局、徹夜明けのせいでお腹の空き具合が妙な感じなっていたのか、ついつい全てのチャーハンを食べ切ってしまいました。今にして思うと、無理に全部を食べず、半分だけ食べて、残りを包んでもらって持ち帰ればよかったですね。

ハワイ到着日に北京を利用する魅力

以上のようにボリューム面で考えると、到着初日にこの店でランチをするのは、ちょっと辛いと感じました。一方で、到着初日にこの店を利用する魅力もあるとも感じました。

例えば、この店の立地の良さです。すでに述べた通り、この店は、ワイキキのロイヤルハワイアンセンター内にあります。

Googleマップで北京の場所を見る

上のリンク先の地図でその場所を見るとわかるとおり、その場所は、ワイキキの中心地にあります。なので、ワイキキに宿泊している人にとって、便利に利用できる立地です。到着日ですので、ホテルにチェックイン前の状況でも、その後ホテルに移動するのに便利な立地です。

他の魅力としては、この店は、店内の席数が広く、予約なしで訪れても入れる可能性が高いことがあります。この記事のトップの写真は、北京の店内の様子です。広々としている感じがわかりますよね。

これまで、私は、この店にランチで訪れるにあたり、すべて予約せずに訪れていますが、一度も待たされたことがありません。到着日は「飛行機が遅れる」などして時間がズレることがあるため、ランチの店を予約するのは中々難しいです。そのような中で、予約せずにすぐ入れる可能性が高い店は、ありがたい存在と言えます。

また、日本語対応のスタッフはいませんが、ランチの場合は、ランチメニューがありそこから選ぶのであれば、注文は簡単です。この点も、到着日の疲れた体調で注文にあれこれ悩まず済むという点で魅力と言えます。

というわけで、到着日に北京でランチをするのも意外に悪くないなと感じました。

Return Top