はじめてのハワイ旅行

ワイキキからポリネシアン・カルチャー・センターまでの送迎バスが実際に走ったルート

 2018年12月10日
ワイキキからポリネシアン・カルチャー・センターまでの送迎バスが実際に走ったルート

今回は、ハワイ旅行でオアフ島のワイキキに滞在する人のうち、ポリネシアン・カルチャー・センター(以下PCC)までレンタカーで初めて訪れる人に伝えたい情報です。

そのご参考に、私が2018年1月にPCCのワイキキからの送迎バスを利用した際、そのバスが実際に走ったルートをご紹介します。




ワイキキからPCCまで実際に走ったルート

では、早速、オアフ島の南東部にあるワイキキから、北側にあるPCCまで、その送迎バスが実際に走ったルートを、Googleマップでご紹介すると次の通りです。

Googleマップでワイキキのハイアットリージェンシー ワイキキビーチからPCCまでのルートを見る

このルートを簡単にご紹介します。まず、スタート地点は、ワイキキにあるホテル、ハイアットリージェンシー ワイキキビーチです。このホテルは、カラカウア通りとコア通りに挟まれたブロックに立地しており、PCCの送迎バスのバス停は、コア通り側にあります。私は、そのバス停からPCCの送迎バスに乗りましたので、スタート地点をこのホテルとしました。

このホテルをスタートし、ワイキキ南東側にあるカパフル通りを北上し、そのままワイアラエ通りを経由して、フリーウェイのH-1に乗っています。H-1を20Aの出口で降り、リケリケハイウェイを北上、そのままカヘキリハイウェイ、カメハメハハイウェイを経由して、PCCまで向かうルートとなっています。

Googleマップのアプリがマニアックなルートを案内することがある

上でご紹介したGoogleマップのルートは、ハイアットリージェンシー ワイキキビーチとPCC間において、実際に走った中継地点を登録して検索しています。私が実際に走ったルートを忠実に再現させるためです。

では、今回なぜ、PCCの送迎バスが実際に走ったルートをご紹介したかったかと言うと、ハワイ現地で、スマホのGoogleマップのアプリでそのルート検索すると、たまに、「普通はこの道は走らないよな」と言うルートが案内されることがあるからです。

私の実体験としては、ワイキキからノースショアのハレイワ方面に向かうルートをGoogleマップのアプリで検索した際に、H-1に乗るのが面倒な入り口を案内された経験があります。詳しくは、次の記事でご紹介しています。

オアフ島でGoogleマップがナビしたH-1への面倒な入り方

こう案内された理由が、渋滞を避けるためなのか、最短ルートだったからなのかはわかりません。ですが、「ワイキキスタートであれば、普通だったら、多少遠回りでも、素直にこっちの入り口からの方が乗りやすいよね」と言う入り口を使わず、ややこしく回り道が必要な乗り方をするH-1の入り口を使うルートを案内されました。

なので、実際にバスが走ったスタンダードなルートを念の為ご紹介したいと考えました。

帰りはUberを利用したが同じルートを戻った

また、この時、PCCからワイキキまでの帰りは、PCCの送迎バスではなく、Uberを利用して帰りました。そのUberの車が走ったルートは、上でご紹介したルートをそのままPCCをスタート地点にして逆に走るルートとなりました。

正確には、ワイキキ近くでH-1を降りる出口が、行きの時とは違ったように思うのですが、大枠では行きと同じルートを戻るように走っていました。なので、ワイキキとPCC間を移動するにあたり、一番スタンダードなルートが、今回ご紹介したルートなのだとわかります。

ハワイ現地でスマホをカーナビ代わりに利用し、PCCまで移動するつもりの人は、念の為、このスタンダードなルートを事前に把握しておくと役立ちます。現地で検索した際に変なルートを案内されていないかを比較できるようになるからです。

関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly