Read Article

たったこれだけで全然違う!ハワイ行きの飛行機内を快適に過ごす方法

たったこれだけで全然違う!ハワイ行きの飛行機内を快適に過ごす方法

はじめてハワイ行きの飛行機に乗るにあたって、その機内で過ごす時間を少しでも快適に過ごしたいと思いませんか?

日本からハワイまでのフライト時間は7時間前後かかり、沖縄やグアムと比べると倍以上の時間がかかります。なので機内で一眠りし目が覚めて「そろそろハワイかな」と期待しながら時間を見た結果。「あと3時間あるのか・・・」と思うことになるのも少なくありません。

そして、この7時間前後のフライトを疲れずに快適に過ごせるかが重要です。なぜなら、ハワイ行きの飛行機は現地の午前に着くことが多いからです。つまり午後は観光する時間が取れるので、その時間を楽しむ体力を残すためにも行きの飛行機で疲れないことが重要となります。

そこで今回は、ハワイ行きの飛行機内を快適に過ごす方法をご紹介します。

ハワイ行きの飛行機内を快適に過ごす方法

ハワイ行きの飛行機内を快適に過ごす方法ですが、とてもシンプルです。どのような方法かと言うと、

『日本の空港でハワイ現地でする服装に着替える』

と言う方法です。つまり日本の空港でハワイでする服装に着替えてから飛行機に搭乗し、その格好で機内を過ごすと言うわけです。

たとえば、男性であれば半袖のシャツとハーフパンツ、ビーチサンダルのような格好に着替えてしまうわけです。女性の場合も基本は同じですが、念のため1枚羽織るものを用意した方よいです。機内が肌寒い可能性があるからです。またそれでも寒かった場合は機内でブランケットを借りられます。ただし、ブランケットが無料ではない航空会社もあるので、その点はご注意ください。

なぜ快適なのか

では、なぜ行きの飛行機に搭乗する時からハワイ現地の格好をすると快適なのか、ですが私の実体験を元にその理由を説明しましょう。

開放的な服装でリラックスできる

最初の理由ですが、半袖、ハーフパンツ、ビーチサンダルのような服装に着替えておくと、手足に開放感がありリラックスできるので狭い機内で過ごすのが楽だからです。特にエコノミークラスの席は前の席との間隔が非常に狭いので、開放感がある格好をしているかどうかで全然快適さが違います。

またこのように開放感がある格好をしていると、エコノミークラス症候群(旅行者血栓症)の予防にもなります。エコノミークラス症候群は、下半身がずっと同じ姿勢で固定されることで起こりますが、それを予防しやすいのです。なぜなら、ハーフパンツで足下をビーチサンダルにしておくと、あぐらをかいたり、体育座りをしたりなど、お隣に迷惑のかからない範囲で足を自由自在に動かせるからです。

そして、これがハーフパンツにビーチサンダルではなくジーンズやパンツに靴を履いていたらどうでしょうか。足を動かせる範囲がぐっと狭くなりとても窮屈な思いをすることになります。

現地に到着してからが楽

次の理由として、ハワイ現地でする服装に着替えて置くと、当然ですがハワイに到着してからが非常に楽だから、ということがあります。つまり、その格好のまま着替えることもなくハワイの観光を始められ楽なんですね。そして、これがハワイに到着してから着替える、となるといささか手間になります。

なぜ手間になるのかと言うと。まずハワイに着いてから着替えるチャンスとしては、次の2つがあります。

・ホノルル国際空港で荷物を受け取り空港のトイレで着替える
・ワイキキに移動してからホテルの部屋で着替える

ですが、そのどちらの方法も不便なんですね。どのように不便かと言うと。

まず1つ目のホノルル空港のトイレで着替える場合から述べると。ホノルル空港のトイレは、決して不潔と言うほどではないのですが、残念ながら日本の空港のトイレほどは綺麗な場所ではありません。このような衛生面での清潔感は主観によるので、人によってはホノルル空港のトイレでも「全然問題なし!」と言う人もいるでしょう。

ですが、どうせ着替えるならより綺麗な日本のトイレで行う方がオススメです。また、ホノルル空港のトイレのうち、それも手荷物を受け取るBaggage Claim近くのトイレは人気が少ない場合もあります。そのため、そこで着替えると安全面での心配もあります。

そして、2つ目のワイキキに移動してからホテルの部屋で着替える場合。この場合ですが、ハワイに現地に到着してワイキキに移動するまで時間が快適に過ごせないのが不便です。ホノルル空港からワイキキまでは車で25分程度の距離なのですが、実際には飛行機が到着してから入国審査をして、荷物を受け取るまでの時間があります。混んでいる時は、意外とこの時間が長くなるため、日本から長袖を着たままの格好でいると暑くて大変です。

日本の空港で着替えておくと、このような不便さを感じることがなくそのまま観光ができるので快適です。

日本の空港でハワイ現地でする服装に着替えると快適

以上を読んで「日本でハワイの格好をするのは何だか恥ずかしいな〜」と思うかも知れませんが大丈夫です。ハワイ行きの便には、この方法を実践している人がまず間違いなく乗っており、浮くようなことはありません。また空港で寒い思いをするのでは?と思うかもしれませんが、私の体感では冬の成田空港や羽田空港でも大丈夫でした。少なくとも空港の建物の中は暖房が効いているので半袖短パンで過ごせる温度になっています。

私もはじめてハワイ行きの飛行機に乗る時は着替えず、そのままの格好で搭乗しました。そして、周りにアロハシャツ、短パン、ビーチサンダルに着替えている乗客がいるのを見て、「何だか気が早い人がいるな」と言う目で見ていました。ですが、今はそれが気が早いのではなく、飛行機内と現地に着いてからを快適に過ごせるから、そうしているということがよく分かります。

また真冬でコートなどがある場合は、空港のコート預りサービスを使うと便利です。7日間預けてもそれほど高くないのですし、コートを預けると、空港でハワイ現地の格好に着替えるのがより簡単になります。

最後に、『ハワイ行きの飛行機で機内食を食べないことで得られる3つのメリット』の記事では、今回の記事加えてハワイ行きの飛行機をより快適すごす方法をご紹介しています。合わせてご覧ください。

スポンサーリンク
厳選!ハワイ旅グッズ
ハワイツール
Return Top