はじめてのハワイ旅行

ホノルルからの帰りにハワイアン航空利用で感じたJALとの違い

ホノルルからの帰りにハワイアン航空利用で感じたJALとの違い
注意: 2018年12月19日から、ホノルル空港において、ハワイアン空港の日本への直行便のチェックイン場所が変更されています。この記事は、その変更前の時の話なのでご注意ください。

今回は、ハワイ旅行でオアフ島を訪れる人のうち、初めてハワイアン航空を利用する人に伝えたい情報です。そのような人の中でも、普段、JALを利用している人をイメージしています。

私は、2018年1月に、ハワイアン航空のHA 855便にて、ホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ空港)から羽田空港まで帰りました。その時に感じた、JALでホノルルから帰る時との違いをご紹介します。

チェックインカウンターの場所

ホノルル空港にて、ハワイアン航空で日本に帰るにあたり、まず感じた違いは、そのチェックインカウンターの位置です。ハワイアン航空のカウンターは、JAL、ANAなどのカウンターから、かなり離れた場所にありました。

その場所について、次のリンクから、Googleマップで確認できます。

Googleマップでホノルル空港のハワイアン航空のチェックインカウンターの場所を見る

一方、JALのチェックインカウンターの場所は、次のリンクから確認できます。

Googleマップでホノルル空港のJALのチェックインカウンターの場所を見る

上の地図を見て比較するとわかりますが、ハワイアン航空のチェックインカウンターは、ホノルル空港の北西側の建物にあります。一方、JALのチェックインカウンターは中央にあり、この2点間は、距離にして500m程度は、離れています。この違いは極端には、全然別の建物といっても良いくらい違う場所となっているので、注意が必要です。

荷物を預けるのとチェックインを同時にできる

次に。これは、ホノルル空港を訪れた時間帯や時期などの混雑具合で変わってくる可能性があることですが、ハワイアン航空のチェックインカウンターは、「JALのように荷物を預けるための行列ができにくい」と感じました。

と言うのも。JALの場合は、チェックインする前に、荷物を預ける専用のカウンターがあり、そこに行列ができることがあるからです。タイミングによってはこの行列がかなり長くなり、二重三重に折り返していることがあります。そして、荷物を預けた後、その奥にあるJALのカウンターでチェックインすることになります。つまり、まず荷物を預ける行為と、チェックインをする行為が分かれています。

一方、ハワイアン航空のチェックインカウンターは、荷物を預けるのとチェックインを同時に行えます。日本の空港から出発する時の手続きと同じようにそれができると言うことです。なので、この手続きに関しては、むしろハワイアン航空のカウンターでするのが、自然な感じに行えます。

ハワイアン航空のカウンター近くの保安検査待ちの様子
ハワイアン航空のカウンター近くの保安検査待ちの様子、JAL利用での混雑時と比較すると本当に短い

チェックインを済ませたら、次は、空港のロビーに入るための保安検査を受けることになります。私が2018年1月に利用した時は、この保安検査の行列具合も「短いな」と感じました。ホノルル空港には、この保安検査をできる場所が複数あり、JALの場合は、JALのチェックインカウンター近くの検査場所でするのが普通です。ですが、JALの利用者が多い時間は、この保安検査にも長い行列ができることがあります。

ハワイアン航空の場合、上で述べたとおり、そのチェックインカウンターの場所が、JALで使う中央の場所から離れており、保安検査の場所も別に用意されています。なので、JALやANAなどで日本に帰る人の影響を受ける度合いが少ないのだと思われます。結果、保安検査にできる行列も短くなるのだと感じました。

搭乗ゲートも中央から離れた場所になる

最後に、保安検査を抜けて先で搭乗待ちをする搭乗ゲートの場所も、ハワイアン航空は、JALとは異なりました。私が、ハワイアン航空でホノルルから羽田に帰る便の搭乗ゲートは、29番となりました。このゲートは、ホノルル空港の南西側に立地しており、JALやANAなどでよく使うゲートの場所からは、かなり離れています。

次のリンクから、Googleマップで、29番ゲートの場所を確認できます。

Googleマップでホノルル空港の29番ゲートの場所を見る

確認すると、JALのチェックインカウンターを抜けた先にある、ホノルル空港の中央のエリアからかなり離れた場所にあることがわかります。そのため、この中央のエリアにある施設(例えば、フードコートやショップなど)を利用する想定の人は、注意が必要です。29番ゲートからそこまで歩けなくもないのですが、往復を考えると面倒になってしまう距離感だからです。

私は、エコノミークラスを利用する場合、よく中央のエリアにあるIASSハワイラウンジを利用します。持っているクレジットカードで無料で利用できるからです。ですが、この搭乗ゲート29番から日本に帰る時は、このラウンジを利用する気になりませんでした。そこまで往復するのが面倒に感じたからです。

と言うわけで、ホノルル空港から日本に帰国するにあたり、ハワイアン航空とJALを比較すると、「全く別の空港を利用している」と感じるくらいにその環境が異なりました。ので、普段JALを利用していて、初ハワイアン航空の人は、その違いを想定しておいた方が良いです。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE