はじめてのハワイ旅行

パスポートの署名が日本語の場合アメリカの税関申告書の署名は日本語で書くのか?

2019年4月18日
パスポートの署名が日本語の場合アメリカの税関申告書の署名は日本語で書くのか?

今回は、ハワイ旅行が、初めてのアメリカへの旅行となる人に伝えたい情報です。

ハワイ旅行では、日本からのハワイ行きの飛行機の機内において、アメリカの税関申告書が、家族に1枚の単位で、配布されます。

このアメリカの税関申告書がどのような書類なのかについて、具体的には、次のJALのページで確認できます。

JAL: 海外 各国出入国書類の書き方:アメリカ(ハワイ含む)

日本語で書いて良いのか悩む場合がある

このアメリカの税関申告書には、署名を書く欄があります。そして、ハワイ旅行において、パスポートの署名を日本語で書いている人は、アメリカの税関申告書の署名欄について「日本語で書いていいの?」と悩む場合があります。

というのも、利用する航空会社によっては、ハワイ行きの機内でCAがアメリカの税関申告書を配布するときに、「全部、英語で書いてください」というアドバイスをすることがあるからです。

私の実体験では、ハワイアン航空で羽田からホノルルまで移動したときや、デルタ航空で成田からホノルルまで移動した時の機内で、CAがそのように「英語で書いてください」と案内しているのを見たことがあります。

アメリカの税関申告書の署名欄には、パスポートと同じ署名を書く必要がある

一方で、上でご紹介したJALの税関申告書の書き方の例には、次のようにあります。

21: 署名 
※パスポートと同じ署名を忘れずにご記入ください。

そのため、自分のパスポートの署名を日本語で書いている人は、「パスポートと同じにするなら、アメリカの税関申告書の署名も日本語で書く必要があるな」と思いつつも、CAからは「全部、英語で書いてください」とアドバイスを受けることになります。

結果、この署名欄に対して、「英語と日本語、どっちで書けばいいのか?」と悩むことになるわけです。

パスポートの署名が日本語の人は、日本語で書いて問題ない

私自身、パスポートの署名欄は、日本語で、つまり漢字で書いています。

これまでのハワイ旅行から、その実体験をご紹介すると、パスポートの署名を日本語で書いている場合は、アメリカの税関申告書の署名も、パスポートと同じ「日本語で書く」で問題なかったです。

つまり、JALのページの書き方の例にある通り、「パスポートの署名と同じ署名をする」というのが、ポイントということですね。仮に、パスポートの署名を英語で書いていれば、税関申告書の署名も英語で書くことになるわけです。

というわけで。ハワイ行きの機内で、アメリカの税関申告書に対し、CAから「全部、英語で書いてください」とアドバイスを受けたとしても、「パスポートと同じ署名を書く」というのが原則です。パスポートの署名を日本語で書いている場合は、税関申告書の署名も日本語で書くことになります。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE