はじめてのハワイ旅行

2018年1月に帰りのホノルル空港で確認したカートの利用料

2018年12月13日
2018年1月に帰りのホノルル空港で確認したカートの利用料

今回は、ハワイ旅行で、オアフ島のホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ空港)から日本に帰るのが初めての人に伝えたい情報です。

お伝えしたいのは、私が2018年1月に確認した、帰りのホノルル空港でのカートの利用料です。

帰りのホノルル空港ではカートは有料となる

ホノルル空港から初めて日本に帰国する人が知っておいたほうが良いのが、帰りのホノルル空港ではカートは有料となると言うことです。カートとは、この記事のトップの写真にある台車のことで、複数のスーツケースなどがあるときに使うと便利なものです。

帰りのホノルル空港を利用するときは、航空会社のチェックインカウンターの近くのほか、保安検査を抜けた出発ロビーなどに、このようにカートが配置されているのを見かけるはずです。そして、このカートは、無料では利用できず、利用料を支払って借りる必要があります。

日本の空港では、このようなカートは、無料で利用できます。また、ホノルル空港でも、日本からハワイに到着した時の到着ロビーでは、カートが無料で使えます。なので、ホノルル空港から帰国するときになって初めて、「帰りは、有料なのか」と気づくことになります。

私はホノルル空港にてこのカートは何度か利用したことがあります。例えば、帰りの荷物が、私、妻のスーツケース2つ、ボストンバッグ、日本から持ち込んだチャイルドシートのように、一度の運ぶ荷物量が多い時に、利用することになりました。スーツケースを個別に引きずりながら、これらの荷物を運ぶのが大変だったからです。

2018年1月に確認したカートの利用料

2018年1月に確認したホノルル空港のカートの利用料は1台5ドル
2018年1月に確認したホノルル空港のカートの利用料は1台5ドル

と言うわけで、帰りのホノルル空港でカートを利用する場合は、それが有料となるのですが、2018年1月に確認した時のその利用料は、1台5ドルでした。「2018年1月に確認」と断りを入れるのは、その価格が今後変更されないとも限らないからです。

事実、2011年頃のこのカートの利用料は、4ドルとなっていました。それが、2018年1月時点では値上がりし、5ドルとなっている状況です。と言うわけで、自分がホノルル空港を訪れる時点で、「カートの利用料が変わっているかもしれない」と言うことは、想定しておいたほうが良いです。

現金の場合は1ドル札か5ドル札のみ

また、その支払いについては、現金またはクレジットカードで行えます。ご参考に、次の写真は、カートの利用料を支払うところの様子です。

ホノルル空港のカートの利用料を支払うところの様子
ホノルル空港のカートの利用料を支払うところの様子、現金とカードが使える

この写真を見ると、現金の場合は、1ドル札か5ドル札しか対応していないこともわかります。ので、現金で支払いたい人は、その準備をしておいたほうが良いです。そして、現金・カードどちらを使うにせよ、まずはこの機械で利用料を支払い、その後、このカートを引っ張って利用する形になります。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE