はじめてのハワイ旅行

ハワイ行きのスーツケースの荷造りする時に想定しておくこと

2019年3月29日
ハワイ行きのスーツケースの荷造りする時に想定しておくこと

今回は、初めてのハワイ旅行に向けて、スーツケースへの荷造りを検討している人に伝えたい情報です。

お伝えしたいのは、ハワイ旅行では、「行きの空港で荷物を詰め替えたり、取り出したくなることを想定しておくといいよ」というお話です。

行きの空港で荷物を詰め替えたくなる例

なぜかというと。例えば、行きの日本の空港では、ハワイでは着ないであろう衣類をスーツケースにしまって預けたくなることがあります。

そのケースとして、一番わかりやすいのは、冬場にハワイに行く時にそれまでに着ていたコートや冬向けの衣類です。そのような衣類を脱いで、スーツケースの中に詰めて預けたくなるということですね。

そのような衣類は、行きの日本の空港に着いてしまえば、もはや寒くなく、着ている必要がない上、ハワイでも使わないからです。一方で、それを預けずにいると、空港やハワイ行きの機内で邪魔になります。

日本の空港では、旅行中に不要なコートを預けられるサービスもあります。ですが、有料(例えば、成田のJAL ABCで1〜4日間1着1030円)ですので、それを節約したくなる人もいるはずです。また、コートに限らず、長袖の衣類が不要に感じる人もいるはずです。そのような衣類であれば、スーツケースに詰めたほうが早いですし、機内に持ち込む荷物も少なくできます。

というわけで、ハワイ旅行のスーツケースの荷造りをする時に、そうやって脱いだものをしまうスペースを確保しておくと、そこに行きの空港で荷物を入れるのに役立ちます。

機内・現地で過ごす服を取り出したくなる例

別の例として、ハワイ旅行では利用する空港において、機内・現地で過ごす服をスーツケースから取り出したくなることも、よくあります。

例えば、機内でストレッチ性のある動きやすい服を着ていると、7時間程度のハワイまでのフライトが過ごしやすくなります。ストレッチ性のある服だと、狭い機内でも、姿勢を変えやすく快適に過ごせるからです。そのような目的の衣類をスーツケース内に準備していた場合、行きの空港に着いた後に、取り出したくなります。

また、ハワイ旅行では、行きの空港で現地で過ごす服装に着替えてしまう方法もあります。例えば、男性であれば、半袖・ハーフパンツのような日本の夏で過ごす服装になるということですね。

冬場のハワイ旅行でこれをやると、流石に行きの空港、機内などで、少々目立つので勇気が入りますが、こうしておくとハワイに到着してからが楽です。到着したハワイの空港で、着替える手間がなくなるからです。

ここまで極端に着替えないにしても、ハワイ旅行では、日本の空港を出る段階で、ハワイ到着後に過ごしやすい服装を意識した準備をしたくなるものです。結果、そのための衣類を行きの空港でスーツケースから取り出したくなります。

荷物の詰め替え、取り出しを想定しておく

また、行きの日本の空港でこそ着替えなくても、ハワイの空港に到着した後は、なるべく早くハワイ向けの服装に着替えたくなるものです。そのほうがハワイの気候に合わせて過ごしやすいからです。なので、ハワイに到着した後、その空港ですぐにスーツケースから荷物を取り出したくなるわけですね。

つまり、ハワイ旅行では、日本の空港でするにせよ、ハワイに着いてからするにせよ、スーツケースから現地で過ごす衣類を取り出したくなりがちな旅行先です。

というわけで、ハワイ旅行の行きで使うスーツケースの荷造りをするときは、このように空港で荷物を入れ替えたくなる可能性を想定しておくと良いです。そのためのスペースを確保しておき、また、取り出したくなるであろう衣類を、取り出しやすい配置にしておくと役立ちます。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE