Read Article

羽田国際線のカード系ラウンジを初利用の人が知っておくとよいこと

羽田国際線のカード系ラウンジを初利用の人が知っておくとよいこと

今回は、羽田空港からハワイ旅行に行く人のうち、クレジットカード会社のラウンジを初めて利用する人にお伝えしたいお役立ち情報です。

成田空港と比較した場合の、羽田空港の良さの1つとして、「クレジットカード会社のラウンジが、出国後エリアにある」ということがあります。

今現在、成田空港のクレジットカード系ラウンジは、どのターミナルでも、出国前のエリアにしかありません。一方、羽田空港では、出国審査後にクレジットカード系のラウンジがあるわけです。

なので。クレジットカード系のラウンジにおいて、出国審査にかかる時間を気にしながらの利用となる成田空港よりも、羽田空港のラウンジは、よりゆったりした気分で利用することができます。

そのため、羽田空港からハワイに行く人には、ぜひ出国後エリアにあるクレジットカード系のラウンジを活用していただきたいのですが、その際に知っておくとよいことがあります。

クレジットカード会社のラウンジは複数あり広さが違う

そのよいことですが、羽田空港の「クレジットカード会社のラウンジは複数あり広さが違う」ということです。

より詳しく述べますと。この記事を書いている現在では、羽田空港国際線の出国後エリアのクレジットカード会社ラウンジとして、次のものがあります。

  1. SKY LOUNGE (出国後エリア 4階 ラウンジ(中央))
  2. TIAT LOUNGE (出国後エリア 4階 ラウンジ(中央))
  3. SKY LOUNGE ANNEX (出国後エリア 4階 ラウンジ(北))
  4. TIAT LOUNGE ANNEX (出国後エリア 5階 ラウンジ(北))

これらのラウンジですが、出国後エリアの中央にあるラウンジと、北側にありANNEXと名前が付いているラウンジの2つに、分類できます。

で、結論から述べると、羽田空港の出国後エリアにあるクレジットカード会社ラウンジは、北側にあるANNEXのラウンジの方が広くて快適なんですね。

北側のラウンジは、場合によっては、自分が搭乗する便のゲートから遠いかもしれません。ですが、その遠さを考えても、訪れる価値があるほど、北側のラウンジの方が、中央のラウンジより広くて快適です。

事実、その広さの違いは、羽田空港の公式サイトを見ても確認できます。まず、中央にあるラウンジですが、次のページからその地図を見ることができます。

羽田空港の公式サイトで中央にあるラウンジの地図を見る

見ると、中央にあるラウンジは、JALやANAのラウンジが大きく取られていて、クレジットカード会社ラウンジとなる、SKY LOUNGEやTIAT LOUNGEのスペースは、ちょっとしかないことがわかりますよね。

一方、北側のラウンジの広さについては、次の全体地図を見ると良いです。

羽田空港の公式サイトで全体地図を見る

この全体地図において、左側に位置するのが、北側のラウンジです。そしてこの全体地図で、中央のラウンジと比較すると、北側のラウンジが広いことがわかるはずです。

もっとも、北側のラウンジのエリアにおいても、実際には航空会社のラウンジのスペースが広めに取られています。ですが、それを考えても、北側のクレジットカード会社ラウンジの広さは、中央のものと比較すると、広くて快適です。

というわけで、羽田空港の出国後エリアにあるクレジットカード会社ラウンジに、広さを求める人には、北側のラウンジをオススメしたいのです。

中央のラウンジが混雑で入れなかった実体験

私は、ハワイ旅行で羽田空港の出国後エリアにあるクレジットカード会社ラウンジを実際に利用した経験があります。

その際ですが、その時の乗る便の搭乗ゲートから、最寄りとなる中央のラウンジに、まずは向かいました。そして、ラウンジを利用しようと窓口のスタッフに話しかけて見ると。

「今、混み合っていて、ご家族でまとまって座ることが難しいです」というご案内を、そのスタッフからいただくことになりました。

で、「え〜、そうなんですか〜」と困った私の様子から同情してくれたのかはわかりませんが、そのスタッフから、新たに「実は、北側にもクレジットカード会社のラウンジがあり、そちらは広いので、おそらく大丈夫ですよ」と、ご案内をいただきました。

その案内を信じて、実際に北側のラウンジに移動して見たわけですが・・・、移動して正解でした。私が訪れた時点では、ほとんど利用客がいない、広々とした快適なラウンジだったからです。

ちょうどこの記事のトップの写真が、そのラウンジの様子の一部なのですが、こんな感じで、私が訪れた時点では、ガラガラの貸切状態で利用できたんですね。

ただ、そのように貸切状態だったのは、私がこのラウンジを訪れた時間が、ちょっと早めだったからだということもわかりました。その後、ハワイ行きの便の出発時刻が近づくにつれて、上の写真のシートが満席になるほど混雑したからです。

このことから、ちょっと遅めに訪れた場合は、中央のラウンジは全く利用できないほど満席になる可能性にも気がつきました。

というわけで。羽田空港の出国後エリアにある、クレジットカード会社ラウンジを初めて利用する人には、ラウンジが複数あり、広さが異なる点を知っておいて欲しいです。

そして、訪れる時間によっては、混雑して利用できなくなる可能性があることを、知っておいて欲しかったんですね。

関連コンテンツ・広告

スポンサーリンク

Return Top