Read Article

ハワイで水着を現地調達したい男性が気をつけること

ハワイで水着を現地調達したい男性が気をつけること

今回は、ハワイ旅行中に使う水着を日本から持ち込まず、「ハワイで現地調達するつもりです」という男性にお伝えしたい注意点です。

「水着は現地調達がオススメ」は、女性向けのアドバイス

ハワイは、よく「ハワイでは、水着を扱うショップが多いから、現地調達もオススメ!」と紹介される場所です。これは事実ではあるのですが、日本人旅行者にとっては、どちらかというと女性向けのアドバイスと言えます。

なぜかというと。ハワイでは男性向けの水着を扱うサーフショップもたくさんあるのですが、そこで扱っている男性向け水着のサイズ感が、大きすぎて合わないことがあるからです。

例えば、ハワイで売っている男性向けの水着は、丈はちょうどよくてもウエスト周りが緩かったり、ウエストが合っていても全体的にダボついて見えるデザインであったり、することがあります。

もちろん、着る人の体格によっては、ハワイで売っている男性向けのサイズ感が「ぴったり」という人もいるはずです。ですが、そうではない可能性を知っておいた方が良いです。

なので、合うサイズがない場合を考えると、現地調達するつもりでも、日本から念のためサイズの合った水着を用意していた方が良いです。

ワイキキで買ったサーフパンツのウエストがSサイズでも緩い実体験

これからご紹介するのは、私が、ハワイでサーフパンツを買った時の失敗談です。

以前仕事でハワイを訪れた際に、「仕事だし」と考えて、水着を持って行かなかったことがありました。ところが、その仕事で訪れたハワイ滞在中に、急遽、「明日、サーフィンしてみる?」と、ハワイ現地の人に誘われることになりました。

ちなみに、これが私のサーフィン初体験となったわけですが、そのためにハワイ現地で水着を用意する必要があったわけです。

幸い、私が仕事をしていたのは、ワイキキのど真ん中のビルでしたので、サーフショップを探すのには困りませんでした。ワイキキのメイン通りとなるカラカウア通り沿いには、複数のサーフショップがあるからです。

で、そのようなカラカウア通り沿いのサーフショップの1つに、サーフィン用に使う水着として、サーフパンツを買いに行きました。

その店で扱っているサーフパンツのうち、デザインが気に入ったものがあったので、それを試着することにしました。とりあえず、Mサイズを試してみたのですが、妙にウエスト周りが緩い結果となりました。

そこで、Sサイズを試したわけですが、それでも、まだウエスト周りが緩いわけです。で、それより、ウエスト周りが小さいものがないのか聞いてみたところ、それがなかったんですね。

ちなみに、その店で扱っているサーフパンツには、「S、M、L」でのサイズ表記のものと、「28、29、30」のようなインチでのサイズ表記のものがあり、私が選んだデザインは、「S、M、L」表記のものでした。つまり、そのデザインには、Sより小さいサイズはありませんでした。

結局、「ちょっと緩いけど・・・」と思いつつも、それを買うことにしました。他のサーフショップを探せば、また違った選択肢はあったのですが、もう探すのが面倒になってしまいました。

この時に買った、ちょっとウエスト周りが緩いサーフパンツは、着たのは、結局その1回切りとなりました。決して着れないわけではないのですが、微妙にウエストが合わない感が、やっぱり気に入りませんでした。

冬場のハワイ旅行では現地で水着を買いたくなる

ご紹介した通り、私は仕事で訪れ、「急に水着が必要になる」という状況になりました。が、私のように仕事でハワイを訪れる人は、そんなにいませんよね。

ただ、旅行でハワイを訪れる場合でも、冬場に行く場合は、ハワイ現地で水着を買いたくなることがあります。

というのも、冬の日本では、スポーツ店で水着を扱っている数が少ないからです。また、スポーツ店で水着を扱っていたとしても競泳用だったり、プールでのトレーニング用だったりしますよね。

なので、冬場は、ハワイ旅行に向けて、レジャー向きの水着を買いたくても、なかなか気に入ったのが見つかりにくいわけです。

一方、ハワイのショップでは、通年で水着が扱われています。ハワイは、日本の真冬であっても、ビーチで水着で過ごせる気温だからです。なので、冬に訪れたとしても、ハワイのショップで扱っている、水着の選択肢は豊富にあるわけです。

その事実を知ると、「ならハワイで買おうかな・・・」と思ってしまうのですが、男性向けの水着は、人によっては、サイズ感があったのが見つからない可能性があるわけです。

現地調達はゆっくり選ぶ時間がないこともある

で、私の失敗談でご紹介した通り、私は「サイズが微妙に合わないな」と感じつつも、最初に入ったサーフショップで、そのサーフパンツを買ってしまいました。

その理由は、「他の店を探すのが面倒だったから」というものでした。そして、そのような心境になった背景には、「現地調達のため、ゆっくり選んでいる時間がなかった」ということがあります。

これがハワイに長期間滞在するなら別なのですが、その時は仕事で短期間の滞在でした。そのため「今日買った水着を明日のサーフィンで使う」という状況で、ゆっくり選ぶ時間がありませんでした。

ハワイで水着を現地購入する場合は、このようにちょっと焦った心理になることもあります。ので、現地調達を考えている人は、その点も考慮しておいてください。

Return Top