Read Article

いいことだらけ!ハワイのビーチでラッシュガードを着るメリット

いいことだらけ!ハワイのビーチでラッシュガードを着るメリット

今回は、初めてのハワイ旅行で、「ビーチで思いっきり遊びたい」と考えている人に伝えたい情報です。

具体的には、サーファー以外でもラッシュガードを着るメリットをご紹介します。簡単には、ビーチで遊ぶ時には、ラッシュガードを着ていると「良いことがたくさんあるよ」と言うのがお伝えしたいことです。

ラッシュガードとは

はじめに。そもそも「ラッシュガードって?」と言う方も多いでしょうから、簡単にご紹介します。ラッシュガードとは、ざっくりいうと水着の素材でできたTシャツのようなものです。

もっとも水着の素材でできているので、伸縮性があります。なので、実際に着ると体にぴったりフィットする感じの着心地となります。

で、袖に関しては、半袖と長袖のものがあります。ほか袖のないタンクトップのものもあります。動きやすさを重視するなら半袖やタンクトップの方がオススメです。一方、日焼けを防止したい目的では、長袖の方がオススメですね。

ラッシュガードは、主にハワイのサーフショップで扱っており、手軽な値段で手に入ります。なので、自分へのお土産として、ハワイ現地で購入するのも1つの方法ですね。

このラッシュガードは、主にサーファーが着るものです。なぜサーファーがこれを着るのかというと、大きくは怪我防止と防寒が目的です。またサーフィンでは、サーフボード上に寝てクロールのような動きで進むパドリングという動作をよくします。

で、サーフボードの上には、立った時に足が滑らないようにする目的のワックスが塗ってあるため、直接肌が触れると、そのパドリングの動きで皮がすりむけることがあるんですね。この時にラッシュガードを着ていると、そのすりむけを防ぐことができます。

日焼け防止になる

と言うわけで、ラッシュガードは、元々はサーファーが着るためのものです。ですが、「サーファー以外でも、海で遊ぶ時にはラッシュガードを着ると良いことがあるよ」と言うのが、これからお伝えしたいことです。

例えば、ラッシュガードは、日焼け防止に役立ちます。ハワイの日差しは、強いので、油断しているとすぐに日焼けをしてしまいます。特にビーチで遊んでいる時はそれが顕著で、「はっ」と気がつくと焼きすぎることになります。

なので。日焼けが気になる人は、日焼け止めを塗ってビーチで遊ぶことになります。ですが、海に入ったり出たりするごとに、それを塗りなおすのが、だんだん面倒になってくるんですね。で、結局焼きすぎてしまうわけです。

このような時に、ラッシュガードを着ていると便利です。少なくともラッシュガードを着ている範囲は、日焼けしにくくなるからです。

ところで、沖縄のビーチでは、沖縄生まれの女性と観光客を1発で見分けられるそうです。なぜかというと、沖縄生まれの女性は、ビーチでは日焼けをしたくないので、ラッシュガードを着ている人がほとんどなんだそうです。

このことからも、ラッシュガードが日焼け防止に役立つことがわかりますよね。

怪我防止になる

次に。ラッシュガードは、本来の目的である怪我防止にも役立ちます。特にワイキキビーチで遊ぶ時には、思わぬ怪我をするリスクがあります。

たとえば、ワイキキビーチは、もともと岩礁の海岸に砂を運んで作った人工の砂浜です。なので、ちょっと沖の方に入ると海底が岩礁になっています。

たとえば波に巻き込まれて、そのような岩礁にぶつかってしまった時、ラッシュガードを着ていると、素肌をぶつけるよりは怪我をする確率をだいぶ減らせます。

ほか、ワイキキビーチ沿いの海では、本当に様々なことをしている人がいます。サーフィンをしている人もいれば、カヌーで遊んでいる人など、様々です。つまり、かなり近くを、硬いものが凄い速さで通り抜けたりするんですね。

それに万が一ぶつかった場合のことを考えても、ラッシュガードを着ていた方が怪我が小さくてすむメリットがあります。

体型を隠せる

次に。体型が自慢の人は関係ないとして、自分の体型が気になる人の場合。ラッシュガードを着ていると、ある程度その体型を隠せるメリットがあります。

その理由は、上で述べた通り、ラッシュガードは、伸縮性のある素材でできているからです。なので実際に着てみると、ちょっと体が締まって見えます。色が黒のラッシュガードを着ると、より締まって見えます。

ただし、体型を隠す目的で、ラッシュガードを選ぶ場合には、そのサイズには気をつけた方がよいです。なぜかというと、あまりにフィットしすぎるサイズを選ぶと、今度は逆にお腹周りのお肉がはみ出してしまうからです。

こうなってしまうと、体型を隠すどころか、むしろむっちり感が強調されてしまうので、その点にご注意ください。

手頃な価格で気軽に買えるので、自分用のお土産にもオススメ

ハワイのビーチでサーファー以外でもラッシュガードを着ると、以上のようなメリットがあります。

ほか、ハワイにおいてラッシュガードが防寒対策に役立つことがあります。ハワイでも冬場で風が強いと、ビーチで肌寒く感じることがあるんですね。そのような時に、このラッシュガードを着ていると幾分かはましです。

ラッシュガードは、ハワイのサーフショップで、手頃な価格で気軽に買うことが可能です。特にワイキキには、サーフショップがたくさんあるので、本当に手に入れやすいんですね。

なので。ハワイ旅行の記念に、自分用のお土産にもラッシュガードはオススメです。買ったラッシュガードは、次回ハワイに来る時に使うもよし、日本の夏に海水浴で着るもよし、あって困るものではありません。ぜひお試しください。

ヒデ

2008年の初ハワイ旅行をきっかけに、家族旅行、仕事のために一人で出張、短期滞在、長期滞在、など様々なシチュエーションでハワイを訪れています。その経験を共有し、これから初ハワイ旅行の人に役立てたいと考え、このサイトを立ち上げました。
ヒデよりご挨拶

Return Top