Read Article

ハワイで一番安く、バラマキ用のお土産を買う方法

ハワイで一番安く、バラマキ用のお土産を買う方法

今回は、ハワイのオアフ島で、個装されたバラマキ用のお土産を一番安く買いたい人に向けて、そのノウハウをお伝えします。

はじめに、今回イメージしているバラマキ用のお土産ですが、個装されたものを考えています。例えば、1箱で買ったチョコレートの場合、その箱から1つずつチョコを配るのではなく、1単位を丸々配るイメージですね。

なので、買う個数が多ければ多いほど、安く抑えたくなるわけです。かつ、ハワイに行った感も出したい。これらの条件をすべて揃えて、かつアクセスもしやすい場所でお得に買う方法を、自信をもってご紹介します。

ちなみに今回のノウハウですが、オアフ島のアラモアナ・ショッピングセンターの案内スタッフに「ここで、バラマキお土産を買うなら、こうするといいよ」と教わった方法です。つまり、ハワイで働くローカルがおすすめする方法なんですね。

商品は、Hawaiian Host(ハワイアン・ホースト)の2個入りパッケージ

では、本題に入ります。まず、バラマキお土産として買う商品は、定番中の定番、「Hawaiian Host(ハワイアン・ホースト)の2個入りパッケージのチョコレート」です。この記事のトップの写真がまさにその商品を撮影したものです。

写真を見ると、すぐにハワイのお土産だとわかりますね。この商品のお土産としてよく見るのは、茶色い箱の中に6個入り、12個入り、24個入りなど、マカデミアナッツ入りのチョコレートが何個かまとめて入っているものではないでしょうか?

ですが、今回おすすめするのは、最小単位の2個入りパッケージ。なぜおすすめかというと、なんといっても、オアフ島で一番安い、バラマキお土産用の個装タイプだからです。

こちらの商品、定番のCLASSIC ORIGINAL(クラシック・オリジナル)以外にも味にバラエティがあり、ALOHA MACS MILK(アロハ・マック・ミルク)、MACNUT CLUNCH(マクナット・クランチ)、MAUI CARAMACS(マウイ・カラマック)、TOFFEEMACS(トフィーマック)と、数種類があります。

ちなみに、それらがバラエティ・パックになって、この2つチョコ入りの個装がパッケージになって売られてもいます。ですが、バラ売りからひとつひとつ購入したほうが、断然お買い得なんですね。その方が、細かく個数を調整できるメリットもあります。

お値段は、なんと69セント!

今回おすすめしている、Hawaiian Hostの2個入りパッケージの気になるお値段ですが、ひとつのパッケージでなんと69セントです!

私は、このパッケージの値段を定期的にチェックしていますが、これより高くなったのを見たことがありません。そして、この値段よりも安く、個装になっていてバラマキ用に最適な商品をまだ見たことがありません。

逆に、他にもっと安くてお土産にもなる商品があったら教えて欲しいくらいです。つまり、「オアフ島で一番安い個装のバラマキお土産=Hawaiian Hostの2個入りパッケージのバラ買い」ということですね。

場所は、アラモアナ・ショッピングセンター内のLONGS DRUGS(ロングス・ドラッグス)

さて。Hawaiian Hostの2個入りパッケージのバラ買いをお得に買うためには、買うお店を選ぶ必要があります。そのお店ですが、アラモアナ・ショッピングセンターのロングス・ドラッグスです。

このお店ですが、アラモアナ・ショッピングセンターのEWA WINGエリアにあります。入り口が少し分かりにくいのですが、中央のエスカレーターからNORDSTROAMに向かう途中、ヴィクトリア・シークレットを過ぎたぐらいと覚えておくと良いでしょう。(注:アラモアナ・ショッピングセンターの店舗数拡大に伴い、NORDSTROAMの場所が2016年から移転していますのでご注意ください)

このお店は、ドラッグ・ストアーなのですが、ショッピングセンター内という場所柄、お土産用のチョコレートやクッキー、コーヒー、マカデミアナッツなどが、多数売られています。

また、今回ご紹介したHawaiian Hostのチョコレート以外にも、HAWAIIと文字の入ったミントや、ハワイ風のエコバッグ、ハワイのレトロ感漂うポストカードなど、1ドルから2ドル程度のプチプライスなお土産をいろいろゲットすることができて、楽しいですよ。

加えて、ホテルの部屋で食べるためのヨーグルトやパン、スナック、お水、アルコール類なども調達できますので、お土産を購入する目的以外にも、いろいろと使えます。なので、ドラッグ・ストアーというよりも、スーパーよりの店と言えますね。

ちなみに、ワイキキ市内に点在するコンビニ、ABCストアーはアクセスの良さが利点ですが、割引商品はほぼないと思っていいでしょう。加えて、ABCストアーは観光客プライスなので、ローカルが利用することはあまりありません。

なので、お土産の他にも安く手にいれたい食材などがある場合には、ロングス・ドラッグスで済ませるのがおすすめです。

ロングス・ドラッグスでよりお得にショッピングをする方法

実際にアラモアナ・ショッピングセンターのロングス・ドラッグスで買うときですが、よりお得にショッピングする方法がありますので、ご紹介します。

まず、この店のレジに行くと、店員に「Do you have Extra Care Card?(エクストラ・ケア・カードはありますか?)」と聞かれます。これは、会員専用の赤いカードのことで、対象商品がカードを提示するだけで、いくらか安くなるものです。

登録方法は、用紙に名前と電話番号を入力するだけ!日本の電話番号でも大丈夫なんです。レジでささっと記入して、すぐにその場で使えます。

もし、カードのことを聞かれなかったら、「Can I register Extra Care Card?(エクストラ・ケア・カードを登録できますか?)」と言えばOKです。

次回ハワイに来たときにまた使えますし、例え忘れてしまったとしても、電話番号を伝えれば割引にしてくれますよ。

extracare

ドン・キホーテも安いが、ロングス・ドラッグスをおすすめする理由

実は、ハワイのドン・キホーテでも同じようなラインアップのバラマキお土産を安くゲットすることができます。具体的にはハワイ産のコスメや、お土産用チョコレート、マカデミアナッツなどです。

ですが、私はロングス・ドラッグスをおすすめしたいんですね。

なぜかといういうと、最安値のバラマキ土産であるHawaiian Hostの2個入り個装チョコレートは、アラモアナ・ショッピングセンターのロングス・ドラッグスにはほぼ確実に置いてあるからです。加えて、ロングス・ドラッグスのほうが安いか同じ値段のことが多い商品なんですね。

またアラモアナ・センター内にあるので、その他のショッピングのついでに立ち寄れるメリットもあります。一方ドン・キホーテの場所は、アラモアナ・センターから徒歩10分程度で、決して遠くはありません。ですが、アラモアナ・センターを訪れる人にとっては、ロングス・ドラッグスで済ませてしまう方が、より簡単なんですね。

ただ、時間があるようでしたら、ドン・キホーテに立ち寄ってみるのも面白いですね。商品によってはドン・キホーテのほうが安いこともあるからです。

このノウハウを知ったきっかけ

今回ご紹介しているノウハウですが、詰まるところ、「バラマキお土産は、アラモアナ・ショッピングセンターのロングス・ドラッグスでHawaiian Hostの2個入りパッケージのバラ買いせよ」ということです。

このノウハウですが、実は、私がハワイに在住していた時に発見した方法ではなく、旅行者として初めてアラモアナに行った時に知ったノウハウなんですね。

アラモアナ・センターにある案内係の人に、「バラマキ用の小さいお土産で、クッキーか何か探しているのですが、おすすめはありますか?」と聞いたところ、「あなた達、そんな高いところじゃなくて、もっと安いのがあるわよ!」といって、ロングス・ドラッグスを紹介してくれたのです。

ロングス・ドラッグスの場所は、同じセンター内と言っても、入り口が少し分かりにくかったのですが、商品群をみて大興奮しました。だって、とにかく安いんです!笑。そして、「ありきたりなお土産になってしまいそうだけど、全然ハワイのお土産として、遜色ない!ちょっとしたお土産にはピッタリ!」と感じたんですね。

というわけで、家族や友人がハワイに訪ねてくるたびに、ここの69セントのバラマキお土産を紹介すると、みんな喜んで大量に購入していくのでした。

スポンサーリンク

Return Top