Read Article

ハワイのお店での会計時に連絡先を聞かれる理由

ハワイのお店での会計時に連絡先を聞かれる理由

今回は、初めてのハワイ旅行で買い物をするときに、知っておくと良いことをご紹介します。

ハワイではお店によって会計時に連絡先を聞かれる

お伝えしたいのは、「ハワイでは、買い物するお店によっては、会計時に連絡先を聞かれることがあるよ」ということです。

その事実を知らないと、レジで「えっ、なんでメールアドレスや携帯の電話番号を聞かれるんだ?」と驚くことになります。

なので、連絡先を聞かれる事実と、聞かれる理由を知っておくと安心できます。

会計時に連絡先を聞かれる理由

ハワイにはレジでの会計時に、自分の連絡先を聞かれる店があります。例えば、私の実体験では、次の店での会計時に、お店のスタッフから、メールアドレス、携帯電話の番号、氏名などを聞かれることになりました。

  • Longs Drugs(ドラッグストア): 携帯番号、メールアドレス、氏名
  • Foodland(スーパー): 携帯番号
  • Carter’sとOshKosh B’gosh(子供服): メールアドレス

なぜこれらの店で、会計時に、このような情報を聞いてくるのかというと。割引してもらうための条件として、これらの情報をお店側に伝えることが必要だから、と言うのがざっくりとした理由になります。

もうちょっと正確に言いますと、まずドラッグストアのLongs Drugsの場合は、買い物時の割引特典を受けるために、この店の無料会員になる必要があります。無料会員になると、赤い小さな会員カードを貰えます。

で、初めてこの店を利用する場合は、そのカードを持っていませんよね。正確には、初めての場合でも、店内の端末でそのカードを作ることもできますが、カードなしでレジに並ぶこともできます。

そして、Longs Drugsのレジで、会員カードなしで会計をすると、「会員カードある?ないなら作る?」という流れになります。作る場合は、会員登録に必要となる、電話番号、メールアドレス、氏名を伝えることになります。

一方、スーパーのFoodlandや子供服のCarter’sとOshKosh B’goshでは、Longs Drugsの会員登録ほど大げさなものではありません。後日、キャンペーンや商品紹介などの情報を送るために、メールアドレスや携帯番号を尋ねて来ます。

実際、メールアドレスを登録することになる、Carter’sとOshKosh B’goshなどの店は、後日、結構な頻度でそのような営業メールが届くようになります。ただ、それが必要ない場合は、それを解除することもできますよ。

いずれにせよ。「割引の条件と引き換えに、個人情報を集め、そして今後の自社商品の宣伝に利用する」というのが、ハワイのお店のレジで個人情報を尋ねてくる目的です。

そして、このような方針の店で、その背景を知らずに買い物ををすると、会計時に「えっ、メールアドレス?なんで教える必要があるんだ?」とびっくりすることになります。

英会話が苦手な人が準備しておくと良いこと

このような背景から、ハワイの一部のお店では、会計時に、割引のために個人情報を伝えることなります。その際には、英会話が苦手な人は、中々、口頭でそれらの情報を伝えることができません。

例えば、電話番号1つ取っても、急に、英語の数字でそれを言うことになると、緊張してわからなくなったりするもんなんですね。

で、数字でさえそうなるので、アルファベットで伝えるメールアドレスや氏名は、より難しくなります。また緊張していなくても、日本人発音だと、中々、こちらの意図するアルファベットが伝わりません。

なので。英会話が苦手な人は、必要な項目を紙に書いておく、スマホにメモしておく、などした方が、楽に伝えられます。それを見せるだけで、済むからです。

ちなみに。もうちょっと応用的な方法で、レジのスタッフに、「自分が入力します」と伝え、レジの端末を使わせてもらう方法もあります。ですが、この場合、そうしたい旨を英語で伝える必要があり、英会話が苦手な人にはハードルが高い方法となります。

個人情報を伝えたくない人は、ハワイのローカルの携帯番号を持つと役立つ

さて。このように尋ねられる個人情報ですが、中には、あまり伝えたくない人もいますよね。そのような人は、なんらかの方法で、ハワイのローカルの携帯番号を持つと良いです。

なぜかというと、レジで個人情報を尋ねられたときに、日本の電話番号ではなく、そのハワイの番号を伝えることができるからです。

ハワイのローカルの携帯番号を持つ簡単な方法としては。例えば、日本からSIMフリーのスマホを持ち込んで、ハワイ現地のプリペイドSIMを利用する方法があります。

現地のプリペイドSIMの通話付きのプランを利用すると、普通は、808始まりのハワイのローカルの電話番号が付加されます。で、ハワイのお店での会計時に、個人情報を尋ねられた場合には、その番号を伝えるというわけです。

ただし。レジで不意に「あなたの携帯番号はなんですか?」と聞かれると、その808始まりの番号をスラスラ答えるのは難しいです。ハワイに来て初めて使い始める番号だからです。

なので、お使いのスマホで自分の携帯番号を表示する操作をすぐにできるようにしておいた方が良いですね。すると、口頭で伝えるのが難しくても、その画面を見せれば済みます。

ヒデ

2008年の初ハワイ旅行をきっかけに、家族旅行、仕事のために一人で出張、短期滞在、長期滞在、など様々なシチュエーションでハワイを訪れています。その経験を共有し、これから初ハワイ旅行の人に役立てたいと考え、このサイトを立ち上げました。
ヒデよりご挨拶

Return Top