Read Article

東京で駅近のハワイのお菓子が買える店

東京で駅近のハワイのお菓子が買える店

今回は、東京近郊にお住いの方のうち、初めてのハワイ旅行を終え日本に帰国した人に伝えたい情報です。

お伝えしたいのは、「東京都内で、ハワイのお菓子をここで買えました」というお話です。「しまった!あの人分のハワイ土産を買い忘れた!!」という時に使える店をご紹介します。

東京都内には、ハワイのお菓子を扱うショップがたくさんありますが、駅からのアクセスが不便な店もあります。今回ご紹介するお店は、駅近で簡単に行ける店です。また、2017年8月時点に、ハワイのお菓子を実際に買えることを確認しています。

アメ横の芳屋

今回、日本でハワイのお菓子を買える店として、3つご紹介します。まず、ご紹介したいのが、上野のアメヤ横丁にある芳屋です。

アメ横公式サイトで芳屋のページを見る

この店は、輸入食品を扱っている店で、私が訪れた時は、ハワイのお菓子を複数扱っていました。具体的には、マウナロアのマカデミアナッツやハワイアンホーストのチョコレートです。

マウナロアのマカデミアナッツは、缶のタイプから、テトラパックの小さいものまでありました。これら商品は、ラベルが英語のままだったので、ハワイで買ったものと区別がつかない点がナイスでした。

芳屋ではハワイアンホーストのレアなお菓子も売っている

私が芳屋を訪れ「凄いな」と思ったのは、1箱だけでしたが、ハワイアンホーストのアイランドトリオ36袋セットが売られていたことです。この商品は、大きめのバケツのような形をした容器に、小分けしやすいパッケージのチョコが、36袋入っています。見かけのサイズが、かなり大きい商品です。

Amazonでハワイアンホーストのアイランドトリオ36袋セットを見る

私は、東京近郊のハワイ系のショップで、この36袋セットの実物を売っているのを見たことがありません。なので、芳屋で売られているのを見て驚きました。

また芳屋では、ハワイアンホーストの小分けのパッケージのチョコは、1袋単位でも売られていました。ただ、一部の商品は、裏面が日本語になっており、ハワイで買ったフリができないものもありました。

アメ横が初めての人が芳屋に行こうとすると、その場所がわかりにくいです。芳屋は、次のGoogleストリービューのような感じの、線路のガード下の並びにあります。上野からアクセスする場合は、左手、御徒町からの場合は、右手にあります。

Googleストリートビューでアメ横のガード下の雰囲気を見る

PLAZAの上野マルイ店と銀座店

ほか、PLAZA(昔のソニープラザ)の店舗でも、ハワイのお菓子を扱っていることがあります。私が訪れた限りでは、PLAZAの上野マルイ店と銀座店で、マウナロアのマカデミアナッツなどの商品を扱っているのを見ました。

さて、PLAZAのオンラインショップで、ハワイと検索すると、お菓子以外にも、ハワイのTシャツやビーチサンダルを扱っていることがわかります。ですが、私が、上記2店舗を訪れた時には、そのようなお菓子以外のハワイ土産は、扱っていませんでした。

PLAZAは、東京都内にかなりの数の店舗があります。そして、扱っている商品が店舗ごとに異なる可能性があります。実際、私が同じ日に上野店と銀座店を訪れた時には、共通の商品もあれば、その店にだけしかない商品もある印象でした。

なので、「買い忘れたハワイ土産を手に入れる」目的で、PLAZAを訪れる場合は、事前に、そのお店で何を扱っているか確認してから訪れた方が、無駄がないです。また、ハワイで買ったふりをしたい場合は、そのラベルが英語のままかどうかも確認しておくと良いです。

ドンキホーテで売っていることもある

ほか、私が東京に暮らしている中で、「おっ、日本のお店でも、ハワイのお菓子が売っているんだな」と、思った店として、ドンキホーテがあります。

やはりドンキホーテは、ハワイに出店しているため、ハワイのお菓子を扱うことがあるんですね。

私が、実際にハワイのお菓子を売っているのを見たことがあるのは、白金台駅近くにある、プラチナ ドン・キホーテ白金台店です。

この店のお菓子のコーナーに、マウナロアのマカデミアナッツなどのハワイのお菓子が置いてありました。ただ、この店でハワイのお菓子を常時扱っているのかは、わかりません。

Return Top