Read Article

オアフ島のカハラモールに行く理由

オアフ島のカハラモールに行く理由

今回は、ハワイ旅行の経験者のうち、オアフ島のカハラモールに行ったことがない人に伝えたい情報です。

お伝えしたいのは、私が「なぜカハラモールに行くのか?」と言う、その理由です。

カハラモールは無料でアクセスしにくい

ワイキキ近辺の代表的なショッピングセンターとして、アラモアナセンターがあります。こちらは、ハワイ旅行の経験された方であれば、基本訪れている人の方が多い場所です。

ワイキキトロリーのピンクラインなど、日本人旅行者が無料で使える交通機関でアクセスしやすいからです。

一方、カハラモールは、訪れたことがない方も意外といるはずです。こちらは、アラモアナセンターほどは、無料で行ける交通機関の数が限られるからです。

もちろんカハラモールまでも、一部のパッケージツアーの利用者向けの無料トロリーはあります。ですが、そのトロリーは全ての人が使えるわけでありません。つまり、カハラモールは、アラモアナセンターと比較すると、無料でアクセスしにくい場所です。

また、その販売エリアの規模としても、カハラモールは、アラモアナセンターと比較すると、小さいです。なので、特別な理由がない限り、アラモアナセンターを訪れたくなるのが自然です。

Whole Foodsのサラダバーに行きたい

そこで、私の場合、「それでもカハラモールに行く理由はなんなのか」と言う話をご紹介しますと。その理由として、カハラモール内にあるオーガニックスーパーの「Whole Foodsに行きたい」と言う理由が大きいです。

この記事を書いている現在では、オアフ島において、Whole Foodsは、カハラモールか、カイルアにしかありません。そして、ワイキキから近いのは、カハラモールのWhole Foodsです。

Whole Foodsで何を買うのかというと、このスーパーの館内にあるサラダバーの料理を、持ち帰りで買います。この店のサラダバーは、サラダと言いつつ、肉料理などのおかずもあります。

またサラダバーですので、お好みで料理を選べます。油っぽいものを食べ過ぎて胃が疲れた場合は、あっさりした料理を中心に選ぶことだってできます。量として15ドル分くらい買えば、私の食べる量では、2回分の食事になります。ので、食費の節約にもなります。

この「Whole Foodsのサラダバーで持ち帰り料理を買いたい」というのが、私がカハラモールを訪れる最大の理由です。

ほどほどの規模感がちょうど良い

また、上では、「カハラモールは、アラモアナセンターと比較すると規模が小さい」と述べました。ですが、その小さい規模感が逆に、「ちょうど良い」というのも、カハラモールを訪れる理由です。

逆にアラモアナセンターが大き過ぎるとも言えますね。そのため、「特別に何か買いたいものがあるわけではないけど、ぶらっと訪れてみよう」と考えた時、アラモアナセンターは、広過ぎて大変です。一方、カハラモールは、ほどほどの広さですので、その点で気楽に訪れられます。

また、アラモアナセンターとカハラモールの両方に、同じ系列の店がある場合もあります。例えばLong’s DrugsやApple Storeなどです。

これらの店は、規模の小さいカハラモールの方が、簡単に利用できます。館内を歩く距離が短く済むからです。このように、どちらにもあるお店を利用する場合、カハラモールの方が楽に利用できます。

これもカハラモールを利用する理由ですね。

駐車場が平置きで駐めやすい

また、車でアクセスする場合、「駐車場が平置きで駐めやすい」というのも、カハラモールを利用する理由です。

アラモアナセンターの駐車場は、使う入り口で駐められる場所が変わったり、混んでいて駐車場所を探すことになったり、駐車スペースが狭い場所があったり、と慣れていないと駐車で苦労します。

一方、カハラモールは、1F、2F、どちらに駐めるにせよ、平置きで簡単です。その点で、ハワイの運転に慣れていない人でも、駐め易いというメリットがあります。

このような理由から、私は、カハラモールを訪れます。

Return Top