Read Article

ハワイ旅行で機内アメニティのスリッパを貰うと役立つ具体例

ハワイ旅行で機内アメニティのスリッパを貰うと役立つ具体例

今回は、ハワイ旅行が初めての人のうち、利用する航空会社のアメニティに簡易スリッパがある人にお伝えしたいお役立ち情報です。

で、初ハワイ旅行の人は、「機内アメニティにスリッパがあるかどうかなんてわからない」という方も多いですよね。

私の知る限りでは、ハワイ便において、JALや大韓航空の場合はエコノミークラスでも、アメニティーとして簡易スリッパが貰えました。また、デルタ航空の場合は、コンフォート+という、ちょっと良いエコノミークラスを選んだ場合は、簡易スリッパが貰えました。

このような感じで、ハワイ便に実際乗ってみると、アメニティとして簡易スリッパが貰えることがあります。貰えるかどうか事前に知りたい場合は、利用する航空会社ホームページで確認する、もしくは、問い合わせるのが良いですね。

簡易スリッパは貰っておくべき

さて、その簡易スリッパですが、飛行機内で使い捨てにすることもできます。一方、貰ってしまうこともできます。

つまり、初めてだと、簡易スリッパを貰うべきかどうか、「どうしよう?」と悩むことになるんですね。貰って旅行中役立つのか、邪魔になるのかわからないからです。

私は、日本からの行きのハワイ到着となる便では、そのスリッパを貰っておくことをオススメします。なぜかというと、ハワイ旅行中にその簡易スリッパが役立つことがあるからです。

そして、「簡易スリッパが具体的にどのように役立つか?」というのが、今回お伝えしたいことです。

ホテルの室内履きとして

ハワイ旅行では、その滞在先として、ホテルに宿泊するのが基本となります。で、その室内での内履きとして、機内アメニティで貰った簡易スリッパが役立ちます。

というのも、ハワイのホテルでは、そのアメニティとして、室内にスリッパがあるとは限らないからです。そのため、機内で貰ったスリッパがあると、その目的で役立ちます。

で、中には、「スリッパなんか要らん、ホテルの部屋では裸足で歩く」という考えの人もいるかもしれません。ですが、ハワイのホテルにおいてはそれは避けた方が良いんですね。というのも、ハワイは基本、土足文化のため、ホテルの部屋のカーペットが汚れていることがあるからです。

例えば、一見綺麗そうに見えるカーペットでも、裸足で歩いてみると「足の裏が真っ黒に」となる部屋が、ハワイのホテルにはあります。一方で、滞在中、ホテルの室内でずっと靴で過ごすとすると、普段それをしない日本人にとっては窮屈なわけです。

また、ハワイ旅行中は、ビーチグッズとして、ビーチサンダルを持参している人も多いでしょうから、それを室内履きにする手もあります。ただ、ビーチサンダルは、あまり長く履き続けると、人によっては、鼻緒や足の甲などの接する部分がビーチサンダル擦れになることがあります。

特に、普段裸足でそのようなサンダルを履き慣れていない人は、そうなる可能性が高まります。そして、ハワイ旅行中ビーチサンダル擦れになるほど、悲しいことはないんですね。ビーチに行き海に入るたびに「痛っ」という思いをすることになるからです。

機内アメニティの簡易スリッパは、本当にペラペラの軽い素材でできています。そのため、そのようなサンダル擦れになることがありません。その点で、ビーチサンダルを室内履きにするより快適です。

またビーチサンダルは、一度ビーチで使い海に入ってしまうと、乾くまでは室内履きにできない、と言う点で不便です。簡易スリッパは、室内履き専用に使えるため、その点でも便利です。

コンドミニアムでの室内履きにも役立つが「土足禁止」の部屋では無くてもOK

またハワイ旅行では、ホテルのほか、コンドミニアムを利用することもできます。コンドミニアムとは、日本で言うところのマンションのことで、その部屋には、フルキッチンがあったり、またリビングとベットルームが分かれていたりします。

そのように、ホテルと異なり生活ができる設備が整った部屋を旅行者でも利用することができるわけです。

そして、そのようなコンドミニアムの部屋の中には、「土足禁止」と言う部屋もあります。特に日本人オーナーが旅行者に貸し出している部屋などは、そのような条件となっていることがあります。

ちなみに、実際には、アメリカ人オーナーの部屋でも、ハワイでは「土足禁止」の場合もあります。

このような「土足禁止」の部屋は、日本人にとっては、とても快適に過ごせる空間となります。室内の足元の環境が、日本の生活と変わらないからです。例えば、裸足で過ごしたければそうすることもできます。

つまり、「土足禁止」のコンドミニアムに宿泊する場合は、ホテルのように室内履きとして簡易スリッパの出番はなくなります。

それでも、ベランダ専用スリッパとして役立つ

一方で、それでも簡易スリッパが役立つことがあります。具体的には、ラナイと呼ばれる部屋のベランダで利用する履物として、簡易スリッパが役立つわけです。

ハワイのコンドミニアムの部屋には、大抵の場合、ラナイと呼ばれるベランダが、用意されています。広めのラナイがある部屋では、そこで食事をできるように簡単なテーブルと椅子が置かれている場合もあります。

ベランダは、そのように快適な空間となっているため、意外と過ごす時間が長くなります。その時に、そのベランダ用の履物として、機内アメニティのスリッパが役立つと言うわけです。

というのも、ベランダの床は、むき出しのコンクリートとなっているため、裸足で過ごすとあまり快適ではないからです。そこで、機内アメニティの簡易スリッパをベランダ専用の履物にするわけです。

一方、ベランダ向けの履物として、ビーチサンダルを利用する方法もあります。ですが、ビーチサンダルは、「いざビーチに行く」と言う時には、いちいちベランダから取り出す必要が出て面倒です。

機内アメニティの簡易スリッパの場合は、「ベランダ専用」と放置しておけるので、その手間がなく便利です。

ちなみに、ラナイと呼ばれるベランダは、コンドミニアムに限らず、ホテルにもある場合があります。なので、ホテルのベランダで使う履物としても、簡易スリッパは役立ちますよ。

スポンサーリンク

Return Top