はじめてのハワイ旅行

ハワイアン航空の搭乗券にあるゾーン(ZONE)の意味は何か?

ハワイアン航空の搭乗券にあるゾーン(ZONE)の意味は何か?

今回は、ハワイ旅行にあたり、初めてハワイアン航空を利用する人に伝えたい情報です。お伝えしたいのは、ハワイアン航空の搭乗券に印字される「ゾーン(ZONE)」とは何か?と言うことです。

私は、このゾーンについて、「搭乗ゲートの番号?にしては、それはそれでGateと印字されているし…」と疑問を感じて、戸惑いました。

機内に登場するときの呼び出される順番

私は2018年1月にしたハワイ出張で、羽田発のハワイアン航空を利用しました。

その際、搭乗券には、「ZONE 2」と印字されていたのですが、その意味がわからず戸惑いました。ハワイアン航空を利用するのは初めてではないのですが、以前利用した時には、このゾーンを意識していなかったんですね。

このハワイアン航空のゾーンの意味について、ハワイアン航空の公式サイトで紹介されています。次のリンク先です。

ハワイアン航空ヘルプセンター: ゾーンごとのご搭乗案内

このリンク先のページから、ゾーンについての説明を引用すると、次の通りです。

皆様にスムーズかつ効率良くご搭乗いただくために、機内のゾーンごとにご案内しています。お客様のゾーン番号が呼ばれますので、搭乗が始まりましたらご注意ください。

つまりゾーンとは、その便に乗り込む際に呼び出される順番で、その番号が小さい方が先に機内に乗り込めると言うわけですね。

「ZONE 2」で搭乗した感想

すでに述べたとおり、私の利用したチケットのゾーンは、「ZONE 2」でした。これは、優先搭乗を除いて、ビジネスクラスの次、2番目に搭乗できる順番です。これは、エコノミークラスでも、ちょっと追加料金を払うことで利用できる「Extra Comfort はまた Preferred Seat」の座席を選んでいたから、このゾーンとなりました。

ご参考に、ハワイアン航空の羽田発着の便で、その「ZONE 2」で搭乗した感想をご紹介すると。このときの私の利用の仕方では、「早く搭乗できても、そんなに意味がないな」と言う感想となりました。

と言うのも、このときの出張では、機内に大きなカバンを持ち込まなかったからです。「自分の座席の上の荷物入れが、別の人に利用されていても、特に困らない」と言う状況でした。

一方、これが機内に大きなカバンを持ち込んでいて、「それを自分の座席の上の荷物入れにどうしても入れたい」と言う状況であれば、早く搭乗できる価値があるとも感じました。

また「ZONE 2」で呼び出されたタイミングで搭乗すると、「機内が空いていて、離陸前の細々とした準備が快適にできる」とも感じました。ただ、それはそんなに大きなメリットにも感じませんでした。乗客が全員搭乗し機内の廊下を歩く人がいなくなってからでも、そのような細々とした準備をする時間はあるからです。

「ZONE 2」と「ZONE 3」に大差がないと感じた理由

ちなみに、2018年1月に羽田発着のハワイアン航空の便を利用した際は、私は、「ZONE 2もZONE 3も、ほとんど変わらないな」と感じました。

と言うのも、「ZONE 2」の乗客が少なく、立て続けに「ZONE 3」が呼び出されたからです。すでに述べた通り、「ZONE 2」は、追加料金が必要な「Extra Comfort はまた Preferred Seat」の座席を利用している乗客の番号です。

その座席の比率は、普通のエコノミークラスより少なく、結果、「ZONE 2」の乗客が呼び出されたときに、搭乗ゲートに向かう人の数も少なくなります。ハワイアン航空の搭乗ゲート口のスタッフは、その様子次第で、すぐに、「ZONE 3」の呼び出しにかかると言うわけですね。

私が利用した時は、「ZONE 2」が呼び出されて、そこに向かう私が搭乗ゲートの入り口に到着する前に、「ZONE 3」が呼び出され始めました。結果、「ZONE 3」のタイミングで乗り込むことになりました。

なので、「ZONE 2」と「ZONE 3」に大差がないと感じました。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly