はじめてのハワイ旅行

ハワイに着くまでにホテル名が必要になる具体例

ハワイに着くまでにホテル名が必要になる具体例

今回は、ハワイ旅行が初めての人に伝えたい情報です。ハワイ旅行にあたり、旅行中、自分が宿泊するホテル名が必要なることがあります。そのため、宿泊するホテル名の発音や英語でのスペルを覚えておくと役立ちます。

今回は、2018年1月のハワイ出張を例に、どのようなときにホテル名が必要になったかをご紹介します。

行きの空港でのチェックインのとき

ハワイ旅行でホテル名が必要となる最初のタイミングは、米国に入国するために、旅行前にするESTAの申請時です。ESTAの申請で入力する項目として、米国内での滞在先があり、そこにホテル名や住所が必要になります。

ただ、ESTAの申請は、その滞在先を「UNKNOWN(未定)」として申請することもできます。ので、ESTAの申請時に必ずホテル名が必要なわけではありません。

次のタイミングとしては、航空会社のチェックインのときがあります。航空会社の公式サイトでウェブチェックインするとき、また、実際に出発する空港で航空会社のカウンターに荷物を預けるとき、などに滞在先のホテル名が必要になります。

ただ、これは利用する航空会社によって異なる可能性があります。私が、2018年1月のハワイ出張で利用した羽田発のハワイアン航空の便では、ウェブチェックイン時にホテル名と住所の入力が必要になりましたし、カウンターで荷物を預けるときも、そのカウンターのスタッフから「どちらにお泊まりですか?」と確認されました。

これまでのハワイ旅行で利用した別の航空会社を思い出してみると、出発の空港で荷物を預ける際に、宿泊先を聞かれないことありました。ので、航空会社によって違うのかもしれませんし、2018年1月現在のルールとしてそう変わった可能性もあります。

機内で税関申告書を書くとき

次にホテル名が必要となるタイミングは、機内で税関申告書を書くときです。この税関申告書は、アメリカに入国するときに、アメリカの税関に対して、提出する書類です。

この書類の記入項目として、ハワイで滞在するホテル名があります。また、ローマ字で記入する必要があるため、ホテル名のスペルがわかる必要があります。

ここで記入するホテル名は、実際のところ、多少スペルを間違ったとしても大丈夫ではないかと思われますが、どうせ書くなら正確なものにしたほうが安心できます。なので、ホテル名のスペルは、紙にメモする、スマホのネット環境がなくても見られるメモを保存する、などしておくと良いです。

ちなみに、「WIFIが使える便だから、ホテル名のスペルは、ネットでいつでも調べられる」と言う前提でいる人は、気をつけたほうが良いです。飛行機のwifiは不安定で使えなくなることがあるからです。

入国審査で有人の窓口を利用するとき

最後に。行きの飛行機がハワイに到着し、その後にする入国審査でも、ホテル名が必要になることがあります。有人の入国審査の窓口で、「どこに宿泊するか」を質問されることがあるからです。

ただ、これは質問されないこともありますので、「もしかしたら聞かれることがあるかも」くらい心持ちで、ホテル名を覚えておくと良いです。実際、2018年1月のハワイ出張の入国審査では、私は、質問されませんでした。

ちなみに、2018年1月現在、ホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ空港)の入国審査は、キオスク端末が導入されています。原則この端末は、アメリカにESTAで入国するのが2度目以降の人のためのものです。

一方で、初入国の人でも、この端末が利用できないわけではなく、その場合、この端末で基本情報を入力後、有人の窓口で再度、審査をする流れになります。そうした場合、端末で基本情報が入っている分、有人の窓口での審査が楽になる可能性ある(例えば、ホテル名は入力済みなので聞かれなくなる可能性がある)、と言うわけですね。

ただ、このキオスク端末は、必ず使えるとは限りません。私が2018年1月に入国審査待ちをしたときは、キオスク端末前に長い行列ができていたため、強制的に有人のカウンター側に通されました。このようなことがあるので、「キオスク端末で入力するから、入国審査が済ませられる」と言う前提でいる人は、注意した方が良いです。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly