Read Article

デルタ機内に持ち込むタブレット向けに準備したいもの

デルタ機内に持ち込むタブレット向けに準備したいもの

今回は、ハワイ旅行にあたりデルタ航空を初めて利用する人のうち、機内にiPad、Kindle Fireなどのタブレットを持ち込む人に伝えたい情報です。

機内Wifiサービスでネット上のストリーム動画は見れない

デルタ航空では、日本とハワイを結ぶ便においても、機内でWifiサービスが提供されている便があります。

そのWifiサービスでインターネットを利用するためには、Gogoという有料のサービスを別途契約する必要があります。つまり、このGogoを契約しない限り、インターネットを利用できません。

ただし、このGogoを契約した場合でも、このサービスでは、ストリーム配信の動画サービスは閲覧できません。例えばNetflix、アマゾンビデオ、Huluのようなサービスですね。この事実は、Gogoの契約画面にある注意書きから確認できます。

つまり、機内に持ち込んだタブレットで、このようなネット上のストリームの動画を見る予定だった人は、その当てが外れます。

機内エンターテイメントを持ち込んだ端末で閲覧できる

一方で。デルタの機内では、ストリーム配信の動画が見られないとしても、持ち込んだパソコンやタブレット、スマホの使い道があります。

具体的には、デルタでは、「機内エンターテイメントを持ち込んだ端末で見る」ことができます。例えば、パソコンやタブレット、スマホを持ち込んでいれば、その端末の画面で、機内エンターテイメントを楽しめるというわけです。

このサービスは、デルタスタジオと呼ばれています。詳しくは、次のデルタの公式サイトのページで確認できます。

デルタの公式サイトでデルタスタジオの解説を見る

このサービスをパソコンやタブレットで使うと、座席に備え付けのディスプレイより近くで、その画面を見られます。その点で、備え付けのディスプレイよりも見やすいです。

タブレットの場合は、自立させるスタンドがあると便利

私は、実際に、デルタのハワイ便の機内にノートパソコンもタブレットを持ち込み、機内エンターテイメントを見る実験をしました。まずは、ノートパソコンで機内エンターテイメントを見ました。

その結果、ノートパソコンの大きな画面で動画を楽しめる点は、良かったです。一方で、私は、膝の上にパソコンを乗せていたのですが、それが面倒にも感じました。席が狭く感じたからです。

次に、タブレット、具体的には、iPad miniを試しました。結果、パソコンより狭苦しくならない点で良かったです。ただ、タブレットを自立させるスタンドが必須でした。動画を見るために、タブレットを長く手に持ち続けると、それが辛くなるからです。

ので、タブレットを持ち込み、それで機内エンターテイメントの動画を見る場合は、お使いのタブレット用のスタンドを用意するのがオススメです。

ワイヤレス・イヤホンがあるとより良い

加えて。可能であればワイヤレス・イヤホンがあるとより良いです。ケーブルがない点で、快適に機内を過ごせるからです。狭い機内でイヤホンのケーブルの存在は、邪魔に感じやすいです。

ただ、この手のワイヤレス製品は、「機内で使って良い機器なのか」を確認する必要があります。

それを確かめるために、この記事を書いている現在、デルタの公式サイトの「よくあるご質問 – 携帯用電子機器」のページを確認すると、次のものが利用できるとあります。

  • ヘッドフォン (ノイズリダクションヘッドフォンも含む)
  • タブレット、ワイヤレスキーボードまたはマウス

ワイヤレスキーボードやマウスが使えることを考えると、同じ理屈で動くワイヤレス・イヤホンを使用しても問題ないことがわかります。

Return Top