Read Article

ホノルル空港到着から外に出るまでにかかった時間の具体例

ホノルル空港到着から外に出るまでにかかった時間の具体例

今回は、ハワイ旅行のためにホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ空港)を利用するのが初めての人に伝えたい情報です。

お伝えしたいのは、「飛行機が到着してから荷物を受け取りホノルル空港の外に出るまでこれくらいの時間がかかりました」という具体例です。

全て有人の窓口で入国審査をした場合のケースです

その具体例をご紹介する前に、今回ご紹介するのは、ホノルル空港にて、全て有人の窓口で入国審査をした場合にかかった時間の具体例です。

このように断りを入れるのは、ホノルル空港では、2015年6月からキオスク端末による入国審査が導入され、その端末を使える人は、空港到着から出るまでの時間が早くなったからです。

一方で、その端末側が混んでいて使えず、結局有人の入国審査を受けることになる場合もあります。実際、私が2016年10月と2018年1月にハワイを訪れた時がそうなりました。

というわけで、今回ご紹介するのは、あくまで有人の窓口で入国審査をするのが前提で必要になった時間です。

空港到着後外に出るまでにかかった時間の具体例

今回、これまでの私のハワイ旅行の経験から、ホノルル空港到着後、空港の外に出るまでにかかった時間の例を4つご紹介します。

どうやってその時間を確認したかというと、当時撮影した写真の撮影時間で確認しました。それらのうち、参考になるタイミングで撮影していたのが、次の4つでした。

  • 2013年3月、8:39に到着後すぐの廊下〜9:22に空港の外、41分
  • 2015年1月、11:10に到着後すぐの飛行機の中〜11:43に空港の外、33分
  • 2016年10月、9:43に到着後すぐのバス〜10:23に空港の外、30分
  • 2018年1月、9:37に到着後すぐの機内〜10:16に空港の外、39分

こうして振り返ってみると、ホノルル空港に到着してから空港に外に出るまでにかかった時間は、40分前後だったことがわかりました。体感的にも、「1時間はかからないけど、30分以上はかかったはず」と感じていたので、この数字には納得しています。

実際には、その時の混雑状況、旅行の参加者の構成や人数、荷物を預けた数、税関で申請する荷物があるか、到着したロビーからシャトルバスでの移動があるか、搭乗した便のシートのクラスでの荷物の出すタイミングに優先があるか、などによって、空港から出るまでに必要な時間は変わります。

例えば、2017年12月末の繁忙期にホノルル空港を訪れた方のお話では、「入国審査のキオスク端末前に行くまでに40分もかかった」とのことでした。そして、トータルでは1時間以上もかかったそうです。

ですが、一般的な混雑具合の時の目安として、「40分前後」は、1つの目安になる数字と感じています。

個人手配の時の話だがパックツアーも大きく変わらない

ちなみに、上で挙げた4つの例は、全て個人手配でハワイを訪れたときに必要になった時間です。ただ、パッケージツアーの場合も、大きく変わらないと考えています。

というのも、私が空港出口を向かう際に、周りにパッケージツアーの人もいたからです。なぜそれがわかるかというと、ホノルル空港では、飛行機の到着後、入国審査を終え、手荷物受け取りを終えた後の出口が、個人用と団体用(ツアー用)にわかれるからです。

つまり、私が個人用の出口に向かうタイミングの時に、団体用の出口に行く人を見かけたというわけですね。というわけで、個人だろうとパックツアーだろうと、空港を出るまでには、だいたい40分程度は少なくとも必要になると考えています。

Return Top