Read Article

パスポートの期限がESTAより短い状況で入国審査を受けるとどうなるのか

パスポートの期限がESTAより短い状況で入国審査を受けるとどうなるのか

今回は、ハワイ旅行にあたり、「パスポートの有効期限が迫っています」と言う人にお伝えしたいお役立ち情報です。

私が、2016年10月にハワイ旅行をした際ですが、パスポートの有効期限が結構ギリギリでした。具体的には、2016年の11月にパスポートの有効期限が切れる状況となっていました。

で、ハワイはESTAでアメリカに入国する場合、90日間であればビザなしで滞在できます。つまり、2016年10月に入国する場合は、約3ヶ月後の2016年12月までが、ESTAの期限となっていたわけですね。

ところが、私の場合は、そのESTAで滞在できる期限より前となる11月上旬に、パスポートの有効期限を迎えてしまう状況となっていました。

つまり、次のような状況だったと言うことですね

  • ESTAで滞在できる期限: 2016年12月まで
  • パスポートの有効期限: 2016年11月まで

そのため、ハワイ到着日に「入国審査で、パスポートの期限について何か言われることになるかな・・・」と不安を感じていました。

やはり、入国審査で突っ込まれる

で、結論から述べますと、ESTAでできる滞在日数より、パスポートの期限が短い状況での入国審査は、問題なく通過できました。一方で、入国審査での質問時に、やはり、パスポートの期限の短さを審査官に質問されることになりました。

その時の体験談をご紹介しますと。

まず、そのハワイ旅行での入国審査ですが、有人の窓口で受けることになりました。今現在、ホノルル空港では、2009年以降にESTAで入国した経験のある人であれば、無人のキオスク端末での入国審査が可能です。

私は、その条件を満たしていたため、最初は、「キオスク端末で入国審査を済まそう」と考えていました。ところが、たまたまと思われますが、私が入国審査をした時には、キオスク端末の列に凄く行列ができており、逆に有人の窓口が比較的空いている状況となっていました。

普通は、キオスク端末の方が流れがよく、すぐに入国審査を済ませられるんですね。それが、私が訪れた時は、逆の状況となっていました。

と言うわけで、「こんなこともあるんだな〜」と思いつつ、有人の窓口で入国審査を受けることにしました。

で、入国審査を受けた際ですが、やはり、パスポートの期限が短いことについて、質問されることになりました。正確な言い回しは忘れてしまいましたが、「パスポートの期限が来月までですが大丈夫ですか?」と言う感じの質問でした。

ちなみに、この時の担当官ですが、私がこれまでハワイで入国審査を受けた中で、一番日本語がうまい担当官でした。

私のこれまでの経験でも、指紋を取る時に「ミギテ」、「ヒダリテ」のような片言の日本語を話してくれる担当官に当たったことはありました。ですが、この時の担当官は、普通に日本語で会話ができるレベルで日本語がうまい人だったんですね。

なので、この時の会話は、すべて日本語で行うことができました。こう言うこともあるんですね。

「パスポートの期限前に帰ります」と言う回答でOK

話を戻しまして、「パスポートの期限は大丈夫か?」と言う質問に私がどう答えたかと言いますと。

「パスポートの期限前に帰るので大丈夫です」と回答しました。また、その証拠に「帰りの航空券の日付がそうなってますよね」と言うことも話しました。

この回答をした結果、「OK」となり、問題なく通過することができました。

今回の体験から、入国審査の担当官は、「パスポートの期限が短いとやはり確認してくるんだな」と言うことがわかり、発見となりました。

また、「パスポートの期限前に帰る」と言うことさえ伝えられれば、たとえその期限が短かったとしても、無事アメリカに入国できることがわかりました。

ESTAの期限が短いことには触れられなかった

ちなみに。このハワイ旅行の時ですが、実は、私はESTAの有効期限も、結構ギリギリに迫っていました。

具体的には。すでに述べた通り、2016年10月にアメリカに入国したのであれば、本来そこから90日間は、ハワイに滞在できるわけです。仮に10月1日入国であれば、12月末までいられると言うわけですね。

ですが、私のESTAの有効期限は、パスポートと同様に11月で切れてしまう状況でした。つまり、ESTAで本来滞在できる日数より手前に、ESTAの有効期限が切れてしまう状況だったわけです。

なので、入国審査時に、パスポートの期限の短さと同様、「ESTAの期限の短さについて突っ込まれるかな?」と心配していました。ですが、ESTAの期限の短さに関しては、私の場合は確認されませんでした。

実際のところ、私の場合、ESTAの期限の日付よりもパスポートの期限の日付が手前でした。なので、「パスポートの期限を迎える前に帰る」と言うことさえ確認できれば、ESTAの期限については問題がない状況でした。

つまり、パスポートの期限について確認が取れた時点で、質問する必要がなかったのかもしれません。

ただ、ESTAの期限に関しては、ハワイ旅行前に、「ESTA Expiration Warning」と言うタイトルのメールで「期限が迫っているぞ」と言う連絡が来ました。なので、実際に入国してみる前までは、「本当に大丈夫だよな」と不安を感じていたんですね。

実際のところは、期限前に日本に帰るのであれば、パスポートであろうと、ESTAであろうと、期限が残っていれば問題ないことがわかりました。

Return Top