Read Article

ハワイで初めて美味しいラウラウを食べられた店

ハワイで初めて美味しいラウラウを食べられた店

今回は、ハワイ旅行中に、ハワイの伝統料理を食べてみたい人に伝えたい情報です。

具体的には、「この店で食べた、ハワイの伝統料理ラウラウが美味しかった」ということをご紹介します。

ラウラウが苦手だった

これまで私は、ハワイの伝統料理のラウラウ(=laulau)があまり得意では、ありませんでした。ラウラウとはハワイの伝統料理の1つで、タロイモの葉っぱで、豚肉などを蒸し焼きにしたものです。

これまで、有名なハワイ料理店も含め、いくつかの店でラウラウを食べましたが、好みではありませんでした。蒸し焼きにされ、旨味が抜けきった肉の塊を、もぐもぐと食べることになったからです。ダシを取り切って、味のしない繊維の塊だけを食べるイメージです。

一方、Yama’s Fish Marketのラウラウは違いました。ラウラウの肉に旨味が感じられ美味しかったのです。

Yama’s Fish Marketとは

Yama’s Fish Marketは、オアフ島ホノルル市にあるハワイ伝統料理の販売店です。日本における総菜屋兼弁当屋のようなイメージでしょうか。

WP_20131101_014ハワイ伝統料理の総菜

1980年からの営業なので、すでに現在で30年以上も続く地元に愛されているお店です。

このお店では、毎日清潔なキッチンで、ポケ(Poke)、ロミサーモン(Lomi Salmon)、カルアピッグ(Kalua Pig)、ラウラウ(Laulau)などのハワイ伝統料理や、手作りのハウピア(Haupia)、クッキーなどのデザートを作り販売しています。

おかずだけを惣菜として買うこともできますし、プレートランチという形でご飯とセットの弁当にして買うこともできます。この記事のトップの写真は、その弁当の様子です。

ワイキキからYama’s Fish Marketへの行き方

Yama’s Fish Marketは、ワイキキの北側にあり、車で10分かかるかかからないかの距離にあります。

GoogleマップでYama’s Fish Marketの場所を見る

この店までは、レンタカーで行くのが一番簡単です。お店の前に駐車スペースがあるので、駐車場所についての心配は必要ありません。

WP_20131101_016お店の前には駐車スペースがある

オアフ島の公共交通機関であるThe Busを利用する方法もあります。次のリンクから、ワイキキのDFSからバスでこの店まで行く方法が確認できます。

GoogleマップでワイキキのDFSからYama’s Fish MarkeまでのTheBusのルートを見る

選ぶルートと乗継のタイミングにも寄りますが、おおよそ35分程度で行けます。また乗継が必要なルートもあるので、最初のバスに乗車する際にトランスファー・チケット(2017年10月1日よりトランスファーチケットが廃止され、代わりに1-Day Passの購入が必要になりました。)を貰ってください。

ワイキキからであれば、タクシーで行く方法もあります。ただ、行きは良いのですが、帰りのタクシーを探すのに困ります。ワイキキのように流しのタクシーを簡単に捕まえられる場所ではないからです。ので、ドライバーに頼んで待っていてもらうようにするのが現実的です。

ちなみにワイキキからの徒歩は、片道で50分以上かかります。なので、往復する時間を考えると、旅行中の貴重な時間の使い方としてはおすすめできません。また歩き疲れてしまうことにもなるので、その意味でもおすすめできません。

ナンバー7のラウラウ弁当

今回、私は、#7(ナンバーセブン)の弁当とハウピアを購入しました。#7の弁当名は、「Laulau Kalua Pig Rice Lomi Salmon」です。弁当に入っている料理がそのまま名前になっています。

注文の仕方は英語が苦手でも難しくありません。カウンターのレジで「ナンバーセブン、プリーズ」のように食べたい弁当の番号を言えば済みます。ただ、メニューには写真がないので、ローマ字で書かれた弁当の番号の内容から、それが何が入った弁当であるかはわかる必要がありますよ。

WP_20131101_013レジで食べたい弁当の番号を伝え注文する

で、この弁当のラウラウを食べて本当に驚きました。ラウラウが美味しかったからです。冒頭でも述べた通り、私は、これまで他の店で「美味しい」と言うより、ちゃんと味のするラウラウを食べたことがありませんでした。しかし、ここのラウラウはちゃんの旨味があったのです。

弁当のおかずにはラウラウの他、カルアピッグやロミサーモンがついていたのですが、これらも同様に美味しかったです。なので、あっという間にライスがなくなってしまいました。またデザートに買ったハウピア、これも良かったです。

WP_20131101_015総菜だけでなく伝統料理の材料も販売

食べる場所

Yama’s Fish Marketは基本的に持ち帰りで総菜や弁当を買うお店なので、店内で食事をすることができません。お店の入口前に簡単なテーブルと席があるのでそこで食事をすることは可能です。

ただし、駐車スペースを見ながらの食事なので景色には期待できません。なので、宿泊先に持ち帰って食べる前提で買うのがオススメです。

ヒデ

2008年の初ハワイ旅行をきっかけに、家族旅行、仕事のために一人で出張、短期滞在、長期滞在、など様々なシチュエーションでハワイを訪れています。その経験を共有し、これから初ハワイ旅行の人に役立てたいと考え、このサイトを立ち上げました。
ヒデよりご挨拶

Return Top