Read Article

ハワイ旅行の天気の調べ方

ハワイ旅行の天気の調べ方

今回は、ハワイ旅行が初めての人に伝えたい情報です。

これまでこのサイトでは、ハワイ旅行の天気を調べる時の注意点をいくつか記事にしています。それらの記事を踏まえてつつ、ハワイ旅行の天気の調べ方をご紹介します。

まずは嵐にならないかを調べる

ハワイ旅行の天気を調べるときは、まず、嵐にならないかを調べると良いです。なぜかというと、それがハワイでの観光プランに影響を与える可能性があるからです。

ハワイでの嵐とは、夏場であればハリケーンが有名ですね。ですが、夏のハリケーンに限らず、冬場にも、嵐の天候となることがあります。それによって、ハワイ島のマウナケアの山頂に雪が積もることさえあります。

ハワイで嵐の天気になると、大雨による洪水が起きたり、強風でビーチが閉鎖されたりします。また、大雨で道路の閉鎖されたり、波で海岸沿いの道路が削られ道路が通れなくなったりすることもあります。ほか、下水が溢れて海に流れ込み、その影響でビーチが閉鎖する、なんてことも稀に起きます。

このようにハワイ旅行中に、嵐の天気に遭うと、その観光にも影響が出ます。なので、嵐にならないかをまず調べるのが良いです。

ハワイでの嵐の予報の調べ方について、次の記事でご紹介しています。

ハワイ旅行中に本当に気をつけるべき天気予報の調べ方

簡単には、Honolulu Star Advertiserというハワイの地元新聞が運営する公式サイトの天気のコーナーを確認するのが良いです。例えば、このコーナーでは、ハリケーンの時期には、それが形成段階から、記事になります。

もちろんハリケーン以外の嵐の天候も、悪天候が予想されるときは、それが記事になります。また、Voggyと呼ばれる火山性ガスによる霞が発生するときも、それが記事になることがあります。

このサイトは英語のサイトですが、ハワイの地元メディアが公開している情報なので、速報性があり、正確です。英語が苦手な人は、Google翻訳を通して、このコーナーを見れば、ある程度はその内容がわかります。

訪れるエリアと時間帯まで絞って調べる

次に、ハワイの天気は、週間予報でみる一日単位の天気予報で調べてもあまり意味がありません。シャワーのような雨がスポットで降り、天気がコロコロ変わりやすいからです。その理由ついて詳しくは、次の記事でご紹介しています。

ハワイの天気予報が悪くてもがっかりしなくてOKな理由

ハワイの天気の局所性がわかる例を挙げますと。例えば、オアフ島のダイヤモンドヘッドの山頂から、北側のコオラウ山脈側を見ると、山脈側では、思いっきり雨が降っているのに、自分がいるダイヤモンドヘッドでは、全く雨が降っていない、という例があります。

このようにスポットで雨が降りやすいため、ハワイの天気は、どのエリアの天気かを、調べることが重要です。例えば、同じオアフ島でも、ワイキキとカイルアの天気は、全く異なる可能性があります。

そして、その天気を調べるときも、一日単位のざっくりした天気ではなく、1時間単位でわかる天気予報を見るのが良いです。それくらい、天気がコロコロ変わるからです。

ご参考として、次のサイトで、オアフ島の南側のホノルル、東側のカイルア、北側のハレイワの1時間単位の天気を見られます。

見るタイミングにもよりますが、見比べてみると、同じオアフ島でも、天候が異なる様子がわかります。

直近の天気はリアルタイムの天気図で確認する

最後に。ハワイの天気は、エリアを絞って、時間単位の天気予報をみたとしても、それが当たるとは限りません。なぜなら、狭いエリアでスポット的にシャワーのような雨が降るからです。

それくらいコロコロ変わりやすいというわけですね。なので、自分が出かける直前の天気を調べたいときは、リアルタイムの天気図を見るのが一番確実な方法です。

上でもご紹介したStar Advertiserの天気のコーナーで、その天気図が確認できます。見ると、今雨が降っているエリアが地図上で一目でわかります。

Return Top