はじめてのハワイ旅行

グランド・ワイキキアンのアラモアナ通り側のラナイ(ベランダ)の感想

2019年9月9日
グランド・ワイキキアンのアラモアナ通り側のラナイ(ベランダ)の感想

今回は、ハワイ旅行でオアフ島のヒルトン・ハワイアン・ビレッジ内にあるタイムシェアの宿泊施設、グランド・ワイキキアン(以下、ワイキキアン)への宿泊を検討している人のうち、その部屋のラナイ(ベランダのこと、以下ラナイ)での体験が気になる人に伝えたい情報です。

お伝えしたいのは、私が2019年1月にワイキキアンのアラモアナ通りに面した部屋のラナイで過ごした感想です。

アラモアナ通り側のパーシャル・オーシャンビューの部屋

まず、一口にワイキキアンと言っても、その部屋の向いている方向や高さなどの位置によって、ラナイからの景色が全く変わります。そこで、私が宿泊した部屋の位置からご紹介すると、部屋番号は2306で、アラモアナ通りを見下ろす、北西側に窓を向いた部屋でした。

ご参考に、次のリンクから、Googleストリートビューで、アラモアナ通り側からワイキキアンの建物を下から見上げている様子が確認できます。

Googleストリートビューでワイキキアンを下から見上げた様子を見る

私が宿泊した部屋は、この見上げている側面側にありました。

そして次の写真は、そのアラモアナ通り向きの部屋のラナイから見たその景観です。

グランド・ワイキキアン2306号室のラナイからの景観

この写真を見ると、左側に一部海が見えるので、つまりパーシャル・オーシャンビューの部屋ということがわかります。また、そのほとんどはビルが見える景色となっていることもわかりますね。

私が滞在した部屋のラナイからの景色はこのようにビルが中心だったので、正直なところ、日中は、それほどラナイで過ごす気にはなりませんでした。

チェアーが4脚置ける広さだが、隣からは丸見えな感じ

では、このラナイの広さについてご紹介すると、チェアーが4脚置けるほどの広さがありました。

グランド・ワイキキアン2306号室のラナイの様子、ビーチ側を向いている

私は、4歳児・0歳児(10ヶ月)・妻の4人でこの部屋に滞在したのですが、みんなでラナイに出ても狭さを感じない広さがありました。

一方で、次の写真を見るとわかるのですが、この部屋のラナイは、隣の部屋のラナイから丸見えの状況でした。

グランド・ワイキキアン2306号室のラナイの様子、山側を向いている

実際のところ、近隣の部屋の人がラナイに出ている時と鉢合わせになることはあまりなかったのですが、ないわけではありませんでした。そして、実際に、そうなった場合は、まわりのラナイにいる人の視線が気になる環境と感じました。

海に沈む夕日と夜景が良かった

というわけで、私たち家族は、このワイキキアンのアラモアナ通り側に面した2306号のラナイに、日中はほとんど出ることはありませんでした。

そして、夕日の時間に海に落ちる太陽を眺めたり、ビルの夜景を眺めたり、と言った感じでラナイを利用する感じになりました。

私たちが滞在した1月は、次の写真のように、パーシャル・オーシャンビューで見えている海に、ちょうど太陽が沈み、その夕日を楽しめました。

グランド・ワイキキアン、パーシャル・オーシャンビューから見た夕日の様子

また、夜になると、ビルばかり見えていたその景色がライトアップされ、その夜景を楽しめました。次の写真の通りです。

グランド・ワイキキアン2306号室のラナイからの夜景

以上のように、今回は、「海がバーンと見えるラナイでハワイの気持ち良い気候を感じながら食事をする」のような過ごし方できませんでした。ですが、夕日や夜景が楽しめたので、これはこれで良い体験となりました。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE