はじめてのハワイ旅行

グランド・ワイキキアンのアラモアナ通り向きの部屋で夜、騒音を感じたか?

グランド・ワイキキアンのアラモアナ通り向きの部屋で夜、騒音を感じたか?

今回は、ハワイ旅行でオアフ島のヒルトン・ハワイアン・ビレッジにあるタイムシェアの宿泊施設、グランド・ワイキキアン(以下、ワイキキアン)に宿泊するにあたり、その部屋タイプ、特に眺望を検討している人に伝えたい情報です。

私は、2019年1月にこの施設の1ベッドルーム・プラス(1BP)の部屋タイプに宿泊しました。この部屋からの眺望は、シティビューがメインで、また端の方にチラッと海が見えるというパーシャル・オーシャンビューとなりました。

ワイキキアン宿泊時の眺望選びのご参考に、この部屋に実際に私が宿泊した際、夜に騒音を感じたかをご紹介します。




同じ広さでも部屋タイプがいくつかある

ワイキキアンに宿泊する人が、悩むことになるのが、この建物には、同じ広さの部屋でも部屋タイプが複数あることです。

例えば、HGVC(ヒルトン・グランド・バケーションズ)の公式サイトのワイキキアンのページには、同じ広さの1ベッドルームでも、複数の部屋タイプが紹介されています。

  • 1ベッドルーム (1BD) 77m2
  • 1ベッドルーム (1DD) 77m2
  • 1ベッドルーム・プラス (1BP) 77m2
  • 1ベッドルーム・プラス (1DP) 77m2
  • 1ベッドルーム・プレミア (1BX) 77m2
  • 1ベッドルーム・プレミア (1DX) 77m2

そのため、「どの部屋タイプが良いのかな?」と悩むことになるわけですね。

私は、2019年1月には、これらの部屋タイプのうち、1ベッドルーム・プラス (1BP)の部屋に宿泊しました。

同じページから、この1BPの部屋タイプの解説を引用すると次の通りです。

この広々としたバルコニー付き1ベッドルーム、1バスルームスイートのマスターベッドルームには、ダブルサイズベッド2台、シャワーとバスタブが別になったバスルームがあります。このスイートには、広々としたリビングルーム、独立したダイニングエリア、ケーブルテレビ、プレイステーション3、クイーンサイズのソファーベッド、炊飯器のあるフルキッチン、洗濯機と乾燥機があります。この部屋はシティビュー、ラナイからはパーシャルオーシャンビューとなっています。

この説明のうち、この部屋タイプの特徴となるのは、「ダブルサイズベッド2台」と「シティビュー、ラナイからはパーシャルオーシャンビュー」の2点です。

例えば、同じ1ベッドルーム・プラスの部屋でも、1BPの部屋では、ベッドが2つではなくキングサイズベッド1つとなっており、違いがあります。

また、「1ベッドルーム・プレミア」では、眺望について、「オーシャンビュースイートのマスターベッドルーム」という記載があり、1ベッドルーム・プラスとの違いがその寝室からの眺望にあることがわかります。

ワイキキの夜はうるさいことがある

私が、ワイキキアンの1ベッドルーム・プラスの部屋に宿泊するにあたり、事前にちょっと心配していたのが、「夜、うるさくないといいな」という点でした。

なぜかというと、これまでにしたハワイ旅行で、ワイキキに宿泊する際、夜に音で目が覚めるくらい騒音を感じた宿泊施設もあったからです。

ワイキキアンの1ベッドルーム・プラスの部屋タイプの眺望は、「シティビュー」ということで、その窓から都会の騒音がしないか、特に夜に煩く感じないかが気になっていました。

ご参考として次のリンクから、Googleストリートビューで、ワイキキアンの目の前のアラモアナ通りの様子を確認できます。

Googleストリートビューでグランド・ワイキキアン前のアラモアナ通りの様子を見る

これは昼間の様子となりますが、見ると、片側4車線の広い通りとなっていることがわかるはずです。そして、ワイキキアンの1ベッドルーム・プラスの部屋タイプは、この通りに窓を向けた部屋タイプになるというわけです。

シティービューの部屋でも夜騒音を感じなかった

つまり、ワイキキアンの1ベッドルーム・プラスの部屋タイプは、この広い道路に面しているので、「夜にその通りを行き交う車の騒音が気になるのでは?」と心配していました。

そして実際に宿泊した結果ですが、私が2019年1月にこの部屋タイプに5泊した限りでは、夜騒音を感じることはありませんでした。

その理由の1つとして、夜は意外と目の前を走るアラモアナ通りの交通量が少ないことがありました。例えば、この記事トップは、私が宿泊したワイキキアンの1ベッドルーム・プラスのラナイ(ベランダ)から19時台に撮影したものですが、混雑していない様子が分かるはずです。19時台でこうでしたので、寝る時間にはもっと少ない状況でした。

また、騒音を感じなかった別の理由として、ワイキキアンの寝室の窓の防音性能が良かったのかも知れません。次の写真が、実際に私が宿泊した寝室の窓をベランダ側から撮影した様子です。

グランド・ワイキキアン1ベッドルーム・プラスの寝室の窓
グランド・ワイキキアン1ベッドルーム・プラスの寝室の窓

実際にこの窓に防音性能があるのかはわかりませんが、窓がしっかりした作りになっている様子が伝わるでしょうか。

ほか、私が宿泊していたのが、1ベッドルーム・プラスでも、23階の比較的上の方にある部屋だったことも、防音に役立ったのかも知れません。理由はいずれにせよ、ワイキキアンの1ベッドルーム・プラスに滞在中、少なくとも寝ている時に騒音で目が覚めることはありませんでした。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE